デュエルリンクス/覚えるべきコンボ3つを厳選紹介!

こんにちは!

遊戯王デュエルリンクスにおいて、より強いデッキ作成のためには、コンボを考えることが大切です。ここではどのようにコンボを組めばデュエルが優勢になるかを紹介していきます。

手札が揃わないと難しいですが、一発逆転も狙えるため、コンボを考えてデッキを練っていきましょう。今回はモンスターカードのコンボを主に選びました!


ぜひ覚えたいコンボ3選!

では本題に入って覚えるべきコンボを3つ紹介していきます!

カードを持っていたらぜひあなたも試してみてくださいね。

幻想召喚師+青眼の究極竜


モンスターカード「幻想召喚師」はリバース効果が優れています。

フィールド上のこのカード以外のカードを1体リリースすることで、融合モンスター1体をエクストラデッキから召喚することができます。エクストラデッキには最高攻撃力4500を誇る「青眼の究極竜(ブルーアイズアルティメットドラゴン)」を入れておきましょう。

ただし、幻想召喚師は攻撃力800、守備力900と低い値であるため、そう簡単にリバースに成功することはできません。

 

そんなときはモンスタカード「クリボール」が手札にあると便利です。「クリボール」が手札にある場合、このカードを墓地に送ることで、相手の攻撃モンスターを守備表示にすることができます。「幻想召喚師」が相手からの攻撃を受けた際、「クリボール」を使用することで攻撃を回避できます。

 

アルティメットドラゴンを召喚できれば、1ターンキルも可能ですが、この特殊召喚のためにフィールド上に生贄モンスターを出しておくのを忘れないようにしましょう!


エレメント系+風属性


「エレメント・デビル」や「エレメント・マジシャン」は、フィールド上に特定の属性を持つモンスターが存在する場合、次の効果を得ることができます。
  1. 地属性が存在する場合・・・このカードが戦闘によって破壊した効果モンスターの効果は無効化される。
  2. 風属性が存在する場合・・・このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、もう1度だけ続けて攻撃を行うことができる。
という効果を持ちます。

オススメなのが②の風モンスターが存在する場合です。例に出せば、比較的召喚が簡単な「ハーピィ・レディ」も風属性なので、コンボが繋げやすくなります。

 

ほかの風属性モンスターでもこの効果は発揮できます。

とくに「エレメント・デビル」は悪魔族、「エレメント・マジシャン」は魔法使い族なので、闇遊戯のスキル「闇の力」をセットして「」のフィールド魔法を使うことで、攻撃力は1700にアップしますので、闇遊戯と非常に相性のいいカードと言えます。

 

マーダーサーカス+ワンダー・バルーン


マーダーサーカスは「フィールド上に守備表示で存在するこのカードが表側攻撃表示になった時、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す」というモンスター効果を持ちます。

この効果により、相手がアドバンス・融合・儀式召喚で強力なモンスターを出してきた場合や、やっかいな効果を持つモンスターを出してきた場合、もう1度手札に戻させることが可能です。

ですがマーダーサーカスは守備力1400と不安なため、ワンダー・バルーンを使用することをお勧めします。

 

ワンダー・バルーンは「手札の任意の枚数を墓地に送ることで、その枚数分だけ、このカードにバルーンカウンターを置く。相手フィールド上のモンスターの攻撃力はこのバルーンカウンターの数×300ダウンする」という効果を持ちます。

この効果で相手の攻撃力を下げつつ、マーダーサーカスの守備攻撃表示を繰り返すことで相手の攻撃を防ぎましょう。

 

また、マーダーサーカスは悪魔族なので、闇遊戯のスキル「闇の力」でフィールド魔法「闇」を発動しておくと守備力1600になるため安心です。

 

まとめ

ここまで3つ紹介してきましたが、どれも手札にカードが揃わないと難しいコンボです。

ですがどれもそんなに入手が難しいものではないので、積極的に狙い、デッキに組み込んでいきましょう。このほかにも魔法カードやトラップカードとのコンボで優勢にもっていけるコンボもありますので、じっくり作戦を練って、あとは手札にカードが揃うよう、運を祈りましょう。

ではでは!

Sponsored Link


関連記事はこちら