デュエルリンクス/海馬瀬人Lv.40を攻略する為の対策と戦術

こんにちは!

デュエルリンクスの海馬瀬人もまた、闇遊戯と同じように攻撃力に長けたパワーデッキを使用してきます。デッキ名が「青き眼のロード」というだけあって、「ブルーアイズホワイトドラゴン」を召喚してくることを覚悟しておかねばなりません。

こちらがいくら攻撃力をあげようとも対抗してくるので厳しい闘いとなるでしょう。ここではその戦略に対する方法を紹介していきます。

Sponsored Link

海馬瀬人Lv.40の攻略法

それでは海馬を倒すための攻略方法を見ていきましょう!

攻略に苦戦している方は是非とも参考にしていってくださいね。

海馬瀬人が使ってくる戦術


まず海馬が使用してくるのは☆4モンスター「ブラッドヴォルス」です。

なんと攻撃力が1900と最高レベルになっています。並大抵のモンスターでは太刀打ちできません。

ブラッドヴォルスを倒すために装備魔法などを駆使して攻撃力3000級のモンスターを召喚したとしても、「異次元の戦士」を召喚されては水の泡となります。このモンスターは自身と相手モンスターの両方を強制的にゲームから除外するという破壊効果を持ちますので、こちらがいくら強力なモンスターを出そうが破壊されてしまいます。

 

さらに、海馬レベル40は魔法カード「エネミーコントローラー」を多用してきます。

この魔法カードは相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動し、その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。という効果を持ちますので、こちらのモンスターの攻撃力が高くてもあっさりと表示形式を変更されてしまいます。

そして隙あらば「ブルーアイズホワイトドラゴン」を召喚してきますので、攻撃力の面では歯が立たないでしょう。

Sponsored Link

海馬瀬人の対策法と戦術


紹介したように、攻撃力では歯が立たないので、破壊するカードを入れるようにしましょう。

自身のモンスターが破壊されたとき、相手モンスター1体を破壊する罠カード「道連れ」や、墓地に送られた際、その攻撃をしたモンスターを破壊する「黄泉へ渡る船」などが有効です。

さらに相手の攻撃に備えて相手の表示形式を変える「クリボール」を複数枚入れておくとよいでしょう。クリボールは非常に凡庸性の高いカードで、攻撃力で勝てない場合には救世主となります。

 

海馬レベル40の特徴は「エネミーコントローラー」の多用ですので、これを防ぐ「魔法解除」や「ツイスター」などの除去魔法カードも入れておくようにしましょう。エネミーコントローラーさえ防いでしまえば海馬の戦略に乗せられることはありません。

 

対策デッキ例と使い方

海馬のモンスターの攻撃力を上回ろうとして、ついつい装備カードや「ワンダー・バルーン」を使用してしまいがちですが、海馬は「ツイスター」を使用してカードを破壊してきますので、これらのカードをデッキに入れるのは避けましょう。

代わりに罠カード「援軍」を入れておけば、バトルフェイス時に海馬のモンスターの攻撃力を上回り、ダメージを阻止することが可能です。

デッキに入れたいおすすめのモンスターは「死の四つ星てんとう虫」や「ネコ耳族」です。海馬のモンスターはほとんどが☆4で固められていますので「死の四つ星てんとう虫」が非常に役立ちます。


「ネコ耳族」は相手ターン時のみこのカードと戦闘する相手モンスターの元々の攻撃力はダメージステップ時に200になるという効果を持ちますので、このカードを立たせておくだけで海馬は攻撃を仕掛けてきません。しかしエネミーコントローラーで表示形式を変えられてしまうと無意味になりますので注意が必要です。

 

☆レベルの高いモンスターは「異次元の戦士」によって倒されてしまうのでデッキには組み込まないようにしましょう。

 

まとめ

海馬レベル40はとにかくパワーの強いモンスターとブルーアイズホワイトドラゴン、エネミーコントローラーで固められたようなデッキですので、こちらは力で勝とうとせず、破壊効果やモンスター効果で対峙していくことが大切です。

アドバンス召喚での攻撃や、装備魔法で強化したモンスターでの攻撃がしにくいところが痛い点ですが、海馬のモンスターの攻撃表示を変えるなどして、モンスター破壊の糸口を探りましょう。

 

また、海馬レベル40に勝利すれば非常に凡庸性の高い「エネミーコントローラー」のカードを落とすことがあるので何としても勝利したいところです。

デュエルリンクス/城之内Lv.40を攻略する為の対策と戦術

2017.02.05
Sponsored Link


関連記事はこちら