【ハースストーン】アドベンチャー購入を圧倒的に勧める3つの理由

こんにちは。

ハースストーンにおいての アドベンチャーは一人用の課金コンテンツでCPUの敵を倒すごとにカードが報酬としてもらえるモードです。

ハースストーンでは3つの手段(カードパック、アリーナ、アドベンチャー)でカードを購入することができますが初心者の人はどこにお金/Goldを重点的に使っていくか悩んでる人も多いでしょう。

カードパックで地道に集めるべきか?アリーナで大きい連勝を狙うか?しかしまずはアドベンチャーを手に入れるのがお勧めです。

 

それはなぜか?これからアドベンチャーの魅力について語っていきたいと思います。

ハースストーンの概要、レビューはこちら

 

アドベンチャー購入を勧める3つの理由

ではさっそく私がアドベンチャー購入をオススメする理由を見ていきましょう。

主な理由は以下の3つです。

Sponsored Link

1.単純に強くアドベンチャーでしか手に入らないカードを入手可能

カードパックを買う場合、1パックごとに何が出るかは開くまで当然わかりません。1パックごと最低レア保証があるとはいえせっかく課金したのに使えそうなカードが1枚もでなかった、エピック、レジェンダリーを引いたけど被ってしまったなんてことはしょっちゅうです。

アドベンチャーならどのカードが入っているのか購入前にわかり、目当てのカードを確実に手に入れることができます。

そしてアドベンチャーで手に入るカードはパック購入では手に入りません。

カードゲームでこのような販売方式は結構珍しいんじゃないでしょうか。しかもランク戦上位でも採用されてるカードやレジェンダリーも数多く含まれていて、アドベンチャーのカードは他の手段で手に入れることができない完全にオリジナルのカードたちなのです。

 

実際どんなカードがあるのか現在購入できるアドベンチャーの中からそれぞれ一つずつ中立のパワーカードを紹介してみます。

まずはブラックロックマウンテンから『ソーリサン皇帝』。

emperorthaurissan
  • コスト:6
  • スタッツ:5/5
  • 能力:自分のターン終了後に手札のコストを全て1下げる
かなりよく使われるカードで特にコンボデッキとの相性が抜群。出したターンでかならず1回は能力発動できるのが大きいですね。

 

次は探検同盟の『ブラン・ブロンズビアード』です。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%93%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%89
  • コスト:3
  • スタッツ:2/4
  • 能力:味方の「雄叫び」を2回発動する
シンプルで使いやすい。ドロー、発見、回復などを2回できたらかなり大きなアドバンテージになります。

 

最後は現在最新のワン・ナイト・イン・カラザンから『バーンズ』。

barnes
  • コスト:4
  • スタッツ:3/4
  • 能力:【雄叫び】自分のデッキのランダムなミニオンの1/1のコピーを1体召喚する
ランダム性の高い効果ですが、コピーはスタッツ以外本体と同じ能力を持つので断末魔持ちが多いデッキと相性がいい。

 

このようなちょっと見ただけで強そうとわかるカードが他にも何枚も含まれていてそれらが必ず手に入るのがアドベンチャーの最大の魅力です。

 

2.コスパがいい

img_0687
アドベンチャーはコストパフォーマンスにも優れてる選択肢です。どのシリーズでも伝統的に1wing700G($6.99)で販売されていますが、全4(稀に5)wingのセットだと割引は現金の場合のみ$19.99まで安くなります。

これは1個ずつ買う場合の$28($6.99*4)に比べて25%以上の割引率になっていて、この割引率はカードパックを60パックまとめ買いする場合の割引率(約22%)よりいいです。

 

それに魔素換算の視点で見ても効率がいいのです。ハースストーンでは保有してるカードを魔素に変換して好きなカードを作り出すシステムがあります。

この変換できる魔素の量は、当然レア度が希少なほうがカードを魔素に変換する場合も魔素からカードを作る場合も高くなるんですがこのシステムでアドベンチャーのカードも購入者はいらないカードを魔素にすることができます(未購入者がアド産カードを作成することはできません)。

レア度の高いカードが多く含まれているので使う予定のない要らない高レアカードを処分すれば、アド産カード自体に欲しいカードが多くなくてもカードパックを処分して魔素を貯めるより早く安く目的のカードを魔素から作ることができるでしょう。

 

ただし一度アドベンチャーのカードを魔素に変えてしまうと、再度入手することはできないので、あとで欲しくなった場合取り戻すには同じく魔素から作るしかありません。

したがってアドベンチャーカードを魔素に変えるときは本当にもう使うことがないかよく考えないと後悔することになるかもしれません。ご注意を。

Sponsored Link

3.資産が少ないプレイヤーでもすぐそこそこ強いデッキが組める

image
強いカードが多くもらえるなら強いデッキが作りやすいのは自然な論理に見えますが実はそうではないのです。

強いデッキというのはカードシナジーとバランスによって成り立っています。カードパックに全ゴールドつぎ込んで、強いと言われてるカードや使ってみたいカードを運よく引けたとしてもそのカードを使ったデッキレシピを探してみたら他に必要なカードが多すぎて採用できないなんてことがあるかもしれません。

いざというときに魔素に変えられるとはいえ実際デッキにいれられないのならそれは持ってないのとほとんど同じでしょう。

 

アドベンチャー産のカード群はどう使うのがいいのかという情報を購入した層みんなが知りたがるようになるので、研究が進みやすくデッキ情報が出回りやすいんです。

アドベンチャー産+ベーシックカード中心で構成された低コストデッキはデッキ投稿サイトやフォーラムなどですぐ見つかります。自分で一からデッキを組むのもカードゲームの醍醐味ですが、強い人が作ったデッキを使ってプレーするのも勉強になりますし何より勝つための近道です。

 

まとめ

ハースストーンのアドベンチャーを購入するメリットを解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

ランク上位を目指していくなら、他の手段で手に入らないアドベンチャーはいずれどこかで手に入れる必要があります。

ハースストーンの歴史の中でアドベンチャー産のカードが一時でも不遇だった時代はいまのところないので時代が変わってもその傾向は変わらないでしょう。

 

最終的に買うことが決まってるなら、その時期はできるだけ早いほうがベターだと思いませんか?元のカード資産が少ないときほど新しく手に入るカードの価値は高くなりやすいですし、いろんなデッキを組めるようになって勝率があがればゲームがずっと楽しくなってきますよ。

Sponsored Link