【ハースストーン】闘技場で勝っていく3つのポイントを解説

こんにちは!

みなさんハースストーンでの闘技場は使ってますか?

闘技場は150Goldまたは$1.99払って3回負けるまでプレーできる対戦モードでより多く勝つことで報酬が豪華になる(最大12勝)ゲームモードです。

普通の構築ゲームとはルールが大きく違ってるのでまだ慣れてない初心者にとっては敷居が高く感じるかもしれませんが持っているカード資産差がでないルールになってるのでコツをつかめば初心者でも十分チャンスがあるモードです。

そこで今回は闘技場で勝っていくための3つのポイントを解説していきたいと思います。


闘技場で勝つための3つのポイント

ではさっそく本題に入って闘技場で勝率を上げる3つのポイントを見ていきましょう。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

ポイント①:ヒーロー選び

闘技場に入るとまずランダムに選ばれたヒーロー3体のうち1体を選ぶことになります。好きなヒーロー、得意なヒーローを使いたいところですが、闘技場の特殊なルールに適合したヒーローとそうではないヒーローでかなりのキャラ差が存在するのでそこから解説していきます。

闘技場では序盤にボードコントロールを奪って主導権を握った側がかなり有利になります。つまり低コスト帯のミニオンが強い、便利な除去カードがあるといった要素が重要です。このようなカードが豊富なヒーローが強いです。

具体的には、以下の3クラスがおすすめです。

 

メイジ

img_1005
序盤のフロストボルト、大型除去とトドメにも使えるファイヤーボールと炎の大地のポータルなど使い勝手のいい除去スペルが豊富で盤面有利を取りやすいです。

一度形勢が悪化してもフレイムストライクがあればどこからでも逆転チャンスがあります。

 

パラディン

img_1006
アージェントの護衛、シールドミニロボなどで聖なる盾を利用した有利なトレードを序盤で決めてボードコントロールを奪いやすいですね。

序盤リードからの4コスの王の祝福、トゥルーシルバー・チャンピオンへつながれば容易には逆転されないでしょう。また闘技場最強クラスのパワーカードと言われるマーロック騎士もパラディン専用です。

 

ローグ

img_1007
上記の2クラスと違ってこのカードが強いというのは少ないクラスですが総合力はトップレベル。

死角からの一刺しや致死毒塗ったヒーローパワーで序盤を制す先制逃げ切り型で昏倒、暗殺で単体の大型ミニオンなら処理できます。

 

逆に盤面に干渉する力の弱いヒーロー、ヒーローパワーでボードを攻撃できないハンターやプリーストは闘技場では弱いという意見が主流です。


ポイント②:カード選択、デッキ構築

img_1008
ヒーローを選んだら、次はカード選択です。

ランダムに選ばれた3枚のカードから欲しいカードを選択してそれを30枚分繰り返します。選び方の基本は強い除去スペル、装備カード、スタッツのいいミニオンカードを優先的に選ぶことです。

前述のように闘技場では一度ボードで有利になったほうがずっと有利にゲーム運びしやすいので除去スペル、3点4点だせる装備カードは相当強いです。ミニオンは基本的にはスタッツの高いカードが優先ですが、雄叫びなど確実に効果が期待できる能力でボードコントロールに有益なカードなら選択の余地があります。

 

半分ぐらい出来上がってきたら最終的なマナカーブのバランスにも気を配りましょう。

気をつけなければいけないのは序盤に事故らないように低コスト帯を充実させたマナカーブを目指すことです。ヒーローやそれまでに選んだカードによって目指すべき全体のバランスは変わりますが、事故防止に最も重要な2コストはどのヒーローのどんなデッキでも6枚以上10枚以下程度はほしいです。

それ以外の5コスト以下のカードも5枚程度は選んで中盤も息切れしないように。

6以上の高コストカードは試合を決められるカードか他に適当なカードがでなければ考えてもいいですがあまり多く採用する必要はないでしょう。ちなみに序盤が重要とはいっても1コストミニオンはスタッツが低すぎて数だしても有利とれないのでほとんどいりません。

ドローソースが少ないので低コストに寄りすぎるのもカード切れをおこしてしまいます。

 

ポイント③:闘技場でのプレイング

考える
とにかく盤面です。

盤面を制すものが闘技場を制すと言っても過言ではないでしょう。特に序盤ではボードに相手のミニオンが残っているなら基本的にミニオン同士潰しあって処理したほうがいいです。

こちらの弱いミニオンで相手に強い高コストミニオンを倒せることができたらかなり有利になります。

闘技場ではデッキ構築時にスペルを引く確率が低いので自然とミニオン同士の殴り合いの展開になりやすいです。そういう環境でこちらが後出しの状態が続くと自然と不利なトレードでジリ貧になってしまうので、先手をとってボードを支配すべきです。後攻側のコイン使用も早めがいいでしょう。

 

また序盤のヒーローパワーは悪手であることが多いです。

事故って他にやることがなければ仕方がありませんが、出せるミニオンがあるのにヒーローパワーを選択するのはマナを有効活用してないテンポの悪い行動なので5ターン目ぐらいまでは控えましょう。

有利を取ったら逆転されないようなコントロールが肝要です。攻めが切れないように一定数のミニオンは維持しますが、出せるカードを全部だして手札を空にするとフレイムストライク、平等+聖別などの範囲除去で逆転されてしまったり、ボードに4体以上おいたら精神支配技士で強いミニオンがとられてしまうリスクもでてきます。

3体差ついたら相手の勝ち筋を潰すような少し余裕をもった立ち回りを考えてください。

 

まとめ

ハースストーンにおいての闘技場で勝っていくためのポイントお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

ざっくりまとめると強いミニオンを早く数多く出してこちらができるだけ死なないように相手のミニオンを効率よく倒してアドバンテージを得るというのが基本方針となります。

 

アリーナで勝てるようになればカードを集める効率がグンと上がります。

最悪のケースでもカード1パックはもらえるのでガンガンチャレンジしていきましょう。コツをつかめば平均3勝プレイヤーからはすぐに脱却できるはずです!

Sponsored Link


関連記事はこちら