ハースストーン初心者はどのカードパックを買うべき?理由を解説

こんにちは!

ハースストーンのカードパックにはいくつものシリーズがあり、初心者にとってはいったいどれを買ったらいいのか悩ましい問題かと思われます。将来使いたいデッキによって変わるのは当然ですが、できるだけ早く高コストの強いデッキを使ってカード差で不利を背負わずにプレーしたいですよね。

そのためには効率的にゴールドを使うことを考えていかなくてはなりません。これからまったく始めたばかりのプレイヤーが何から買っていくのが良いか理由も含め、ゲームを進めていく毎に順序立てて説明していきます。

Sponsored Link

初心者が買うべきカードパック

ではハースストーンでどんなカードパックを買うべきなのかを解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

ゲーム開始直後に買うべきパック

img_1016
ハースストーンを開始したばかりで本当に初心者の時に買うべきものから説明しますね。

各ヒーローのレベルを10にしてベーシックカードを集め終わったら、まずはクラシックカードパックから集めていくのがいいでしょう。他のシリーズは一切手を出さずほぼこれだけでいいと思います。

クラシックカードパックの利点としては、将来もずっと使えるので無駄な投資になりにくいことです、ほかのカードパックは最新のものでも二年経てばスタンダード枠から外れてしまいます。

クラシックからでるカードはレジェンダリー含めクラス専用、中立どちらも単体で使い勝手のいいものが多く、運よくレジェンダリー引いたらそれを軸にしたデッキが作りやすいのもカードが少ない初心者には嬉しい点です。作れるデッキが少なく何を作っていいか方向が定まってない初心者はいろんなデッキの土台となるカードが多いクラシックから集めるのがいいでしょう。

対戦でよく見かける有用なレアカードが大体2枚ずつ揃って、炎の王ラグナロスや大魔術師アントニダスなど使いやすいレジェンダリーを何か1,2枚引くぐらいまではクラシックカードだけを開け続けます。

Sponsored Link

クラシックのレアが被るようになったら

img_1017
クラシックカードでレアカードがある程度そろってきたら、新しいカードを引く確率が下がってくるので、そうなったらそろそろ他のカードパックを買い始めます。直近2年ぐらいのカードしか使えないスタンダードルールの縛りのこともあるので、特に目指してるデッキがないのであれば基本的には最新シリーズ(現在なら旧神)から集めるのがいいと思います。

しかし目当てのカードを引けたときの喜びも大きいのでどんなデッキを使いたいかを他の人のデッキやyoutube、twitchの動画配信などを参考にして目標のデッキを設定して最も足りないシリーズを買うという方法がお勧めです。

 

とにかく使えるデッキ増やす効率だけ重視ならクラシック60パック→アドベンチャー→他のカードパックを30パックずつという感じ。その後は引きによりますが、バランス良く開けていき各100パックも開ければ、魔素で作る分も含めればレア以下は大体揃うと思います。

最終段階

全てのカードパックでレアが大体かぶるようになってきたら、もう積極的にカードパックを買う意味はあまりなくなってしまいます。被ったカードを砕いて魔素にするならどれを買ってもほとんど同じになってしまうからです。

しいて言うなら欲しいレジェンダリーがあるカードパックを買うのもいいですが、ピンポイントで欲しいレジェンダリー引く確率はかなり低いのでほとんどの場合魔素から作るほうが早いでしょう。

しかしカードパックのカードを砕いて魔素を貯めるぐらいなら時間のあるときにアリーナをプレーするほうが魔素効率はよくなります。腕によりますが悪くてもマイナスにはならないでしょう。

 

ゴールドはアリーナ以外にも今後でるであろう新カードパック、新アドベンチャーにも使えるので各ヒーローでそれなりのデッキが作れるようになったら全部使い切らないで貯金しつつ、欲しいデッキができたら必要な投資だけするというスタンスがベストですね。

まとめ

ハースストーンでどのカードパックを買うべきかを解説してきました。

クラシックカードパックは第二のベーシックカードと言えるような基礎的なカードです。ベーシックだけのデッキだと似たようなデッキになってしまいがちですが、クラシックカードが加わるとヒーローの特徴がかなりでるようなって一気にカードゲームっぽくなります。

新しいもの好きな人はいろんなパックが欲しくなるかもしれないですが、しばらくは我慢してデッキを作る土台を作れるようになってから他の拡張版でいろんな種類の変わったデッキを試していってください。

ではでは。

Sponsored Link


関連記事はこちら