【ハースストーン】仁義なきガジェッツァン大注目カードレビュー

こんにちは!

ハースストーンで2016年12月初旬にリリースの拡張パック仁義なきガジェッツァンの気になるカードをいくつかピックアップしてレビューしていこうと思います。

この拡張パックではマルチクラスカードという9つのヒーロークラスを3つの勢力に分けた新しいクラスカードが登場することが発表されています。なかなか面白そうなシステムですね。

この3つの勢力がそれぞれどんな特徴を持っているのかしっかりと理解しておいてライバルに差をつけてしまいましょう!

Sponsored Link

仁義なきガジェッツァン注目カード



では早速ですが私が「仁義なきガジェッツァン」で注目しているカードを紹介していきます。

今回の記事についてはまだ日本でのパックリリース前に投稿しているのでカード名は英語に統一させていただいております。

 

The Kabal(勢力)

最初に紹介したいのは、The Kabal(メイジ、プリースト、ウォーロック)です。

特徴はいわゆるレノジャクソン系のカード、自分のデッキに重複カードがない場合に効果を発動するタイプの新カードが現時点で三種類確認されています。

レノジャクソンが能力を発動できるような1枚だけで構成されるデッキをハイランダーデッキと呼びます。Zoo同様MTG由来の用語。

 

Kazakus

img_1047
4コスト3/3 The Kabalマルチクラスのレジェンダリー。

自分のデッキに重複カードがない場合カスタムスペルを一つ作成するという能力をもつカードです。

デモプレーでは1,5,10コストから三択、スペルには二つの効果をつけられてそれを三択で選ぶという手順で作成していました。スペル効果はLoEの発見のようにどんな選択肢がでるかはランダムでダメージだったりアーマー得たり、ドローしたり、ミニオン召喚したりと様々ですが、ランダムだからといって酷い効果になってしまうということはなく一般的なスペルカードのコスパよりは優れたスペルができあがるようです。

デモでは10コストで範囲6点+その試合で死んだミニオン3体召喚という効果を発動していました。

 

Inkmaster Solia

img_1048
7コスト5/5 メイジ専用レジェンダリー。

同じくデッキ重複カードがない場合、次に使うスペルのコストがゼロになるという能力。つまりKazakusで作った10コストのカスタムスペルでもコストゼロで発動することができるということです。

一緒に使えというブリザードからのメッセージですね。

それ以外にも炎の大地のポータル、カバル教団の魔導書、パイロブラストなどメイジの高コストスペルはかなり活用しやすいのでメイジハイランダーは派手で面白いデッキになりそうです。

 

Raza the Chained

img_1049
5コスト5/5 プリースト専用レジェンダリー。

デッキに重複カードがない場合、ヒーローパワーのコストが永続的にゼロになります。同じくハイランダーデッキ用のカードです。

これもかなりやばそうなカードですね。5コストの5/5は1枚では除去されにくくかなり使いやすいスタッツ。

しかもそのターンでヒーローパワー使えるので実質7マナ分の行動ができることになります。永続ヒロパ強化といえばTGTのジャスティサーが思い出されますが、このカードもポテンシャルは高かったはいえシナジーが欠けていたのでコントロールウォリアーなど一部デッキにしか採用されませんでした。

しかし今回はこのジャスティサーと合わせて使うことができますし、ネクサスの勇者サラードの激励でランダムスペルがもらえるシナジーもかなり相性がよさそうです。プリーストは3コストスペル影なる姿でヒロパ変更も可能なので毎ターン2点ダメージをゼロコストで撃つことだってできてしまいます。

 

30枚全部違うカードにしなければならないハイランダーはいろんな個性が出せると思います。メイジはこれに加え秘策シナジーも強化されてるので今回躍進する予感。

Sponsored Link

Grimy Goons(勢力)

Grimy Goonsはハンター、パラディン、ウォリアーの3クラスが所属している勢力。

手札のカードをランダムにバフする効果を持つカードが多く、そこからさらにシナジー持つカードにつながると大きなアドバンテージになっていきます。

 

Dopplegangster

img_1050
5コスト2/2中立レア。

雄叫びでこのカードのコピーを2枚召喚します。

中立ながらGrimy Goonsのキーカードになるかもしれないレベルのシナジーを持っています。このカードが手札でバフされたら効果は3倍になるということになります。

5コストで2/2のミニオンが3体をそのまま出すとしても闘技場で大人気の5コストシルバーハンド騎士の4/4+2/2と比べても悪くはありません。5ターン目に1回でもバフしたこいつを出せればかなり対処は難しいでしょう。

ウォーロックの地獄の炎ぐらいしか1回で返せる除去はありません。3クラスどのデッキにもいれやすいと思いますが、特にウォリアーはパトロンのときと同じように泡を吹く狂戦士とのシナジーがあるので強そうな感じがします。

 

Alley Armorsmith

image
 

5コスト2/7 ウォリアー専用レア 。

挑発持ちで、このミニオンがダメージを与えたらその分アーマーを得る能力です。

挑発持ちで普通に突破しようとするとアーマー積まれまくる滅茶苦茶防御力の高いカードです。アグロはこれがでてきたらかなりピンチでしょう。

コントロールウォリアーにはほぼ確実に採用されると思います。攻撃2点というのは少し気になるところでプリーストのカバルの影の僧侶や中立の暴走コドーなどに弱いのでそこだけは注意です。

 

Grimy Goonsの手札強化はランダム性の高さがちょっと嫌がられるかもしれませんね。あと強化してから勝負するデッキなので早い勝負が得意なハンターは個人的にはこのシナジーとあまり合ってない気がします。


Jade Lotus(勢力)

Jade Lotusは残りのローグ、シャーマン、ドルイドが所属。

この勢力はとにかく翡翠ゴーレムというミニオンを召喚しまくって強くしていくようです。翡翠ゴーレムは最初の召喚では1/1と最弱のスタッツを持ちますが、2回目の召喚では2/2、3回目は3/3と召喚するたびに強化されていきます。

 

Kun the Forgotten King

img_1052
10コスト7/7 ドルイド専用レジェンダリー。

選択:装甲を10得るまたはマナクリスタルを満タンにする。

体力じゃなくて装甲ってのが味噌ですね。コントロールによくいるアレクストラーザから削りきろうとする相手には効果的だと思います。

 

Jade Blossom

img_1053
3コスト ドルイド専用スペル 。

空のマナクリスタルを1つ得て翡翠ゴーレムを召喚します。

2コストの野生の繁茂に翡翠ゴーレムがついたスペル。翡翠ゴーレムの価値が1コストというのは妥当なところでしょう。

野生の繁茂が使われるならこのカードも使われるんじゃないかと思います。

 

Counterfeit Coin

img_1054
0コスト ローグ専用スペル。

後攻でもらえるコインと同じ効果

ローグはコンボシナジーがあるのでコインの価値が他のヒーローよりも高いのです。そのコインをローグデッキに追加して入れたいという人は結構いるのではないでしょうか?

これでミラクルローグはさらに強くなりそうです。

 

翡翠ゴーレムシナジーは似たような前例がないのでどのぐらい強いかなんともいえませんが、他の勢力と比べると若干地味な印象です。

コントロール相手には強そうですが、ほかのデッキには強化されるのが遅すぎて間に合わなそうなのが第一感。

 

まとめ

ハースストーンのカードパック:仁義なきガジェッツァンについて気になるカードを紹介してきました。

皆さんはどの勢力を使ってみたいですか?

新拡張パックが出て一定期間はいろんなデッキが試されては消えていく面白い環境になるのであまり自分でデッキ作ったことない人もこの機会に新デッキ開発に参加してみてください。

 

みんなで新しいことにチャレンジしていく空気はオンラインゲームならではで楽しいですよ。デッキの流行の変遷をリアルタイムで追うことで勉強になることもきっとあるはずです。

ではでは。

Sponsored Link