【ハースストーン】グランド・トーナメントで絶対当てたい3つのカード

こんにちは!

ハースストーンのグランド・トーナメントのカードは激励というヒーローパワーに呼応して発動する能力が初めて登場した拡張パックです。しかしこのシナジーを利用したデッキは今のところ大きな活躍をみせておらず、レジェンダリーの評価も全体的に低いのであまり人気のない拡張パックです。

しかしそれでも上位デッキにもよく採用されているカードが何枚かあるのでそれを3枚紹介したいと思います。

 

グランド・トーナメントで当てたい3つのカード

ではさっそくグランド・トーナメントの中でもこれだけは持っておきたい3枚のカードを紹介しますね!

あなたもぜひ狙ってみてください。

Sponsored Link

カード①:アージェントの騎兵

img_1030
中立3コスト2/1の突撃+聖なる盾持ち。

コモンカードながらフェイスハンターはじめほとんどのアグロデッキに採用されている使い勝手のいいカードです。一見3コストでこのスタッツはパワー不足に見えますが、出したターンで確実に仕事をする上、聖なる盾が残っていれば次のターン1手で処理することはできず対処が難しいので相手にとってはかなり厄介なカードです。

例えばボードがなにもいない3ターン目このカードをだしたら次のターンに相手が1手で処理するにはメイジの魔力の矢のような複数回攻撃できる行動しかありません。とはいえ、アグロデッキ相手に2点突撃されたあとさらに次のターンも残しておくのはかなり嫌でしょう。

グランド・トーナメントに限らず全てのカードの中でも最も採用率が高いカードの一つです。

 

カード②:サンダー・ブラフの勇士

img_1031
シャーマン専用5コスト3/6激励味方のトーテム全ての攻撃力+2するカードです。

バフはヒーローパワーで召喚した後に発動するのでそのターンで使ったヒーローパワーのトーテムも強化されます。このカードはグランド・トーナメントが出た当初はそれほど評価の高くなかったミニオンですが、その後の追加カードでシャーマンの自体が見直されるようになってこのカードの評価も変わってきてるようです。

このミニオンを放置したら延々とヒーローパワーのトーテムをバフされていってしまうので相手に除去を使わせてテンポを遅らせる効果があります。

場にトーテムがいなくても5ターン目で出したらそのターンに6点を削るのは難しく実際にバフが成功しなくても5,6ターン目にファイアーボールなどを使わせるだけでも悪くはないです。テンポを遅らせることがメリットになるミッドレンジ、コントロール系のデッキに採用されることが多いカードですね。

 

しかしヒーローパワー召喚時にバフはできますがそのまま攻撃はできないですし高コストなのであまりコンボ向きのカードではないです。バフしたターンで攻撃するには既に場に複数トーテムがいて召喚の5コスト、ヒーローパワーの2コスト計7コスト支払わなければならず、シャーマンにはそれより優秀なベーシック5コストの血の渇きがあるのでさすがにその状況まで待つのはナンセンスでしょう。

あくまでほっといたらヤバイことになりますよ、という脅し的な使い方がいいと思われます。

Sponsored Link

カード③:ジャスティサー・トゥルーハート

img_1032
中立レジェンダリー6コスト6/3、雄叫びで各ヒーローパワーを強化します。

ヒーローパワーを強化した後はこのミニオンを破壊されてもずっと強化されたまま。

グランド・トーナメントの主役的立ち位置のカードです。コストがやや重く、強化によるアドバンテージは試合のターン数がかかるほどより積み重なる理屈なので使えるデッキ、ヒーローはかなり選びます。

コントロール系のデッキと相性がよくコントロールウォーリアー、プリースト、レノ系デッキでよく見かけます。

 

ウォーリアー、プリーストの強化ヒーローパワーは2マナで4点アーマー、回復するようになり、アグロデッキの低コストミニオンではなかなか削れなくなります。特にウォーリアーは放置するとアーマーは上限がないので20、30とどんどん積まれていって絶望的な差になってしまいます。

トップレベルではほぼコントロールデッキだけで使われてますが、ミッドレンジ系でも十分使えるカードだと思います。それにどのヒーローでも使えるのでヒーローパワーをどう使うか色々考えられるのが面白いのもおすすめの理由です。

 

まとめ

グランド・トーナメントで当てておきたいカードを3つ厳選して紹介してきました。

グランド・トーナメントのカードは平均的な強さこそそれほどではないですが、激励やJoustによるカード対決という新しい試みは慣れたプレイヤーに新鮮なゲーム体験をもたらしてくれるはずです。

それにどうにも使えないほど弱いわけではないので他の人の使ってない個性が出るオリジナルデッキは開発しやすいと思います。人と同じことをしたくない人はグランド・トーナメントを研究してみると面白い発見があるかもしれません。

ではでは!

Sponsored Link


関連記事はこちら