【ハースストーン】パラディン低価格デッキレシピ3選を紹介

こんにちは!

ハースストーンのパラディンは装備と聖なる盾でボードを支配するのが得意なヒーローです。それ以外にもバフ、デバフ、回復をこなせる万能タイプです。

3ターン目の鉄板行動だった兵役招集がスタンダードから落ちてしまったため、既存のアグロデッキが軒並み弱体化してしまいました。現状はコントロール寄りの高コストなデッキが主流ですが新カードを使ったアグロパラディンも開発され始めてるようです。

 

本日はそんなパラディンの現状でのオススメデッキレシピを3つほど紹介していきます

Sponsored Link

パラディンおすすめデッキレシピ3選!

ではさっそくパラディンのデッキレシピを見ていきましょう。

今回は低予算で作れるものを紹介します。

レシピ①:すぐに作れるゼロコストベーシックパラディン

img_1006

クラスカード

  • 力の祝福:2枚
  • 王の祝福:2枚
  • 聖別:2枚
  • トゥルーシルバー・チャンピオン:2枚

中立カード

  • 石牙のイノシシ:2枚
  • 酸性沼ウーズ:2枚
  • ブラッドフェン・ラプター:2枚
  • レイドリーダー:2枚
  • レイザーフェン・ハンター:2枚
  • シャタード・サンの聖職者:2枚
  • チルウィンドのイェティ:2枚
  • センジン・シールドマスタ:2枚
  • フロストウルフの将軍:2枚
  • ボルダーフィストのオーガ:2枚
  • ストームウィンドの勇者:2枚
 

見ての通りクラスカードがかなり少ないデッキです。ヒーローパワーの1/1と小さいミニオンを多く展開してミニオン能力と祝福二種のバフを利用して戦うミッドレンジ系のデッキ。

いいトレードをするためにはできるだけ先にミニオン出していくのが大事です。石牙のイノシシは力の祝福とあわせて使う除去スペル的な扱いなので序盤に出さないようにしてください。

このデッキは範囲除去には弱いので相手のクラスの範囲除去がだせるターンには要注意です。範囲除去を持ってなさそうor使わせた後は一気に雪崩れ込みましょう。出ているミニオンが多いほど後半フロストウルフの将軍、ストームウィンドの勇者が効果的になります。

Sponsored Link

レシピ②:低予算アグロパラディン

クラスカード

  • 献身の英雄:2枚
  • アージェントの護衛:2枚
  • 神聖なる恩寵:2枚
  • 勝鬨の剣:2枚
  • ダークシャイアの管理官:2枚
  • 王の祝福:2枚
  • ウルダマンの番人:2枚
  • トゥルーシルバー・チャンピオン:2枚

中立カード

  • 鬼軍曹:2枚
  • アージェントの従騎士:2枚
  • ウォーゲンのスパイ:2枚
  • マーロックの鯛ド変態:2枚
  • 火炎ジャグラー:2枚
  • 戦利品クレクレ君:2枚
  • アージェントの騎兵:2枚
 

アドベンチャーはLoEのみの新しいタイプのアグロデッキ。

小型ミニオンをひたすら並べていき、カードが尽きたら神聖なる恩寵でドローするのはいつも通りですね。過去のアグロとの主な違いは勝鬨の剣です。勝鬨の剣は聖なる盾がついているミニオンをバフできますが結局アグロデッキなのでそのバフ効果を発動するより3/2の武器として先手をとるほうが優先されることが多いです。

過去のアグロパラディン同様十分上位も狙うポテンシャルはあるでしょう。

 

レシピ③:マーロックパラディン

クラスカード

  • 禁じられし癒し:1枚
  • 平等:2枚
  • アルダーの平和の番人:2枚
  • 聖別:2枚
  • トゥルーシルバー・チャンピオン:2枚
  • しめやかな通夜:2枚
  • 象牙の騎士:2枚
  • 光の王ラグナロス:1枚
  • ティリオン・フォードリング:1枚
  • 七つの鯛罪:2枚

中立カード

  • ブルーギル・ウォリアー:2枚
  • 終末予言者:2枚
  • 戦利品クレクレ君:2枚
  • 熱狂する火霊術師:2枚
  • 苦痛の侍祭:2枚
  • マーロックの戦隊長:2枚
  • バーンズ:1枚
 

光ラグナロスとティリオン2枚のレジェンダリーが入っているのでかなり高コストなデッキですが、両方ともパラディンで使用頻度が高いレジェンダリーなので作っておいて損はないと思います。それにかなり面白いデッキなので紹介させてください。

マーロックデッキと聞くと微妙なアグロタイプという印象があるかもしれませんが、これはコントロール型そしてマーロックデッキといいつつマーロックがブルーギルとマーロックの戦隊長の2種4体しか入っていません。でも紛れもなくもなく『マーロック』デッキなんです。

この4体を死なせてからの七つの鯛罪は戦隊長の効果により自身は5/4、ブルーギルが6/3の2体ずつがでてきておまけにブルーギルは突撃持ちという恐ろしいカードになります。(メイジのパイロブラストで10マナ10点ですよ)

しかもそれを処理されても、2枚目の七つの鯛罪で蘇るとさらに数が増え強化されるという二段構え。

 

このデッキはそのコンボのみに焦点をあてたデッキです。他のことは一切気にせず試合を長引かせて条件がそろうのを待ちます。平等やアルダーを使うタイミングは難しいですが、上位にも食い込めるデッキです。

 

まとめ

紹介したように、パラディンはアグロからコントロールまでなんでもこなせる万能ヒーロー、そしてあまり変則的な行動はしない横綱相撲を目指すイメージです。

初心者のうちはトゥルーシルバー・チャンピオンと王の祝福あたりが使いやすくアルダーの平和の番人で相手の強いミニオンを抑えるのも大体どんなデッキでも使える行動だと思います。もしどのヒーローメインで使うか悩んでいるならとりあえずパラディンを選ぶのが無難。勝ちやすいですし、いろんなプレーを学べるでしょう。

ではでは、あなたもパラディンで勝利をつかみに行きましょう!

Sponsored Link


関連記事はこちら