カードゲームの最高峰「ハースストーン」を徹底レビューしてみた!

こんにちは!

今日は世界一のゲーム会社の異名の高いブリザード・エンターテイメント (Blizzard Entertainment)が生み出したトレーディングカードゲーム(TCG)ハースストーンの魅力を余すことなく語っていこうと思います。

あまり日本ではテレビCM等の宣伝がされていませんが、知る人ぞ知る神ゲーであります。

あなたもこの記事を読むことによってハースストーンを始めるきっかけになってくれたら嬉しい限りです!

ハースストーン (Hearthstone)
ハースストーン (Hearthstone)
無料
posted with アプリーチ

ハースストーンの基本情報


まずはハースストーンについて簡単に説明していきます。

先ほども少し話しましたが、ハースストーンはアメリカのカリフォルニア州にある「ブリザード・エンターテイメント社」が手掛けているTCGです。TCGっていうのはわかりやすいところだと遊戯王とかデュエルマスターズとかのように自分の持っているカードを組み合わせたデッキを作って戦うゲームですね。

本来TCGはリアルな紙のカードを使って遊ぶ印象が強いと思いますが、ハースストーンはPCゲームとして生まれて今はスマホやタブレットでアプリとして楽しめるようになっています。

そしてなんと全世界ダウンロード数は5000万DLを超え。

もちろんプレイは基本無料。

 

遊び方の基本は「ミニオン」と呼ばれるカード(モンスターカード)をボード上に出し相手のミニオンと戦います。


カード左上にある数字がコストを示し、カードを出すためのマナ数を表しています。マナは1ターンに1だけ溜まっていくので上のカードは7ターン目以降に出せることになりますね。

左下の数字「5」がカードの攻撃力、右下の「7」がカードの体力を表しています。書いてある文章はカード毎に決められている特殊能力です。

つまりこのカード「大魔術師アントニダス」は攻撃力7以上の敵ミニオンに攻撃されるとやられてしまい、こちらが攻撃した場合は相手の体力を5削ることができるわけです。簡単でしょ。

 

他にも呪文と呼ばれる魔法カードもあります。こんなカードです。


この呪文の効果のように、ランダム性も少し入るところがまた面白いんですね。運も味方につけてこその勝利です。

ミニオンや呪文を使い、相手プレイヤー(ヒーロー)の体力を先にゼロにした方が勝ちとなります。

 

カードを揃えるためには課金してカードパックを買う必要があるのですが、無課金でも基本となるデッキが多数用意されているので誰でも簡単にスタートできます。ちなみに下でも紹介しますが、必ずレジェンドカード(最高レアカード)が当たる救済システムが存在することも特徴です。

 

また、世界中では凄腕プレイヤーが遊んでいて世界大会も開催されているので、TCGに自信のある方は本気でハースストーンの世界に飛び込むのも面白いかもしれません。

日本大会の短い動画があったので参考に貼っておきますね!



 

このような大きな大会じゃなくとも、ゲーム内にはランク戦が存在するため世界中の猛者たちと手軽に競い合うことができます!

 

ハースストーンの6つの魅力

次に私がこれまでハースストーンで遊んできて感じた魅力を余すことなく紹介していきます!

直感的で簡単な操作性

ハースストーンをプレイする上で複雑な操作は何もありません。

メインとなる対戦時もカードを選んでドラッグ&ドロップでボードに送り出すだけでミニオンの召喚からスペルの発動までを行うことが出来ます。

また、スマホでプレイしている場合はカードの文字が小さくなって見難いのではないか、と思われがちですが、カードに触れるだけで拡大表示されるようにスマホにも最適化していますので全くストレスなくプレイすることが出来ますよ。


このように用語の説明も表示されます。

TCGって遊戯王のような複雑なルールや効果が多いと勘違いしてしまいがちですが、ハースストーンは全くそんなことは無く一切混乱せずに遊ぶことができます。

 

カードは全てボイス付き

ハースストーンには今や800種類以上のカードが存在しているのですが、その全てが召喚時や攻撃時、また倒される時までボイスが付けられています。

これって凄いことで、一切妥協しないゲーム作りが垣間見えますね。

声を収録するだけでどのくらいの時間を要するのか、、想像を絶します。笑

 

カードだけでなく、自分のターンにやることが無くなると「終わったよ」って教えてくれたりします。

なのに基本プレイは無料ですからね。

 

超キレイなグラフィック

これはそのまま言葉の通り。

全くと言って良いほど粗が無く、グラフィックが物凄く美しいです。そのくせヌルヌル動くのでプレイ中のストレスは皆無。

私はiPhone5s、iPad Air2、PCの3端末で実際にプレイしてみましたが最も古くてスペックの低いiPhone5sでさえ何も問題なく動きます。もちろん端末の画素数によってグラフィックの鮮明さに差は出ますが、少なくともiPone5s以上であれば何も気にすることはないです。


順にiPhone5s、iPad Air2、PCでのグラフィック。

端末によって縦横の比率は変化します。

 

この3つを比較した記事も以前書いていますのでご参考までに。

ハースストーン/iPhone(スマホ)はやりにくい?他と比較してみた

2016.10.23

日本のゲームには無い独特な雰囲気

私がこのゲームにほれ込んだ要因の一つに「雰囲気」があります。

ハースストーンは元々海外のゲームなので日本のゲームには無い雰囲気を持っています。例えが難しいんですけどしいて言えば「ディズニー」のような・・ちょっと違うか?

私が言わんとすることはこの動画を見ればもしかしたら伝わるかもしれないので時間のある方は見てみてください!





伝わると嬉しいな~。笑

 

プレイデータはサーバー管理

上記でiPhone、iPad、PCとプレイしていると言いましたが、実は全て同じプレイデータを使うことが出来るのもハースストーンの魅力です。

ハースストーンはデータごとにアカウントを作ってサーバーで管理されているので各端末から同じアカウントにサインインするだけで簡単に連携ができるのです。ほとんどのゲームアプリはアプリを消去するとデータが消えたり、2つの端末で同じデータを共有できないことが多いのですがハースストーンはそんなモヤモヤを見事に解消しています。

だからアカウントを一回作ってしまえばスマホからアプリを消そうがデータは消えません。

 

ただし、アプリを再度DLしたときにサインインするためのパスワードやらを問われるので決して忘れないようにどこかにメモしておきましょう。

 

必ずレジェンドカードが当たる救済付き


ソーシャルゲームってお金を出してガチャを回したのにも関わらずぜんっぜん当たりキャラやカードが出ないこともあるじゃないですか。経験あると思います。

金返せや~~!!なんて叫んでも返ってくるわけもなく空しい気持ちになりがちですよね。

 

でも。

 

ハースストーンは最高レアカードのレジェンドが確実に当たる救済システムが存在するのです。必ず当たると言っても毎回バンバン当たるわけではないですよ。当然ですが。

ハースストーンには同じパック開封40回以内に必ずレジェンドカードが1枚以上当たります。

それも連続で40回開封する必要は無く、過去に開封した分も記憶されているのでちまちま開封する派でも安心です。

 

ちなみに私も実験的に40パックを開封してレジェンドが当たるのか試してみました。

ハースストーン/パック40連でレジェンドは本当に当たるか検証

2016.10.19

 

結論:ハースストーンはやって損なし!

ここまでハーススト―ンの魅力を思い浮かぶだけ書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

カードゲームなんで徹底的に楽しむためには多少お金のかかるゲームですが、それ以上のハイクオリティと見返りを受けられます。
  • 簡単な操作性
  • 美しいグラフィック
  • 全ミニオンカードフルボイズ
  • 日本のゲームには無い独特な雰囲気
  • プレイデータの連携
  • パックの救済システム
ざっとこれらの魅力をお伝えしました!

正直こうやって自分のカードを眺めているだけでも楽しいです。笑


 

ゲームのルールも簡単なのでカードゲームが好きな方も初めての方も安心して遊べるはずです。最初は無料で用意されたデッキを使ってハースストーンの楽しさを知っていきましょう!

 

私がこれまでやってきたゲームの中でも本当にオススメできるゲームです。

ぜひダウンロードしてまずは無料の範囲から遊んでみてはいかがでしょうか!
ハースストーン (Hearthstone)
ハースストーン (Hearthstone)
無料
posted with アプリーチ

Sponsored Link


関連記事はこちら