【ハースストーン】安く作れるローグお勧めのデッキレシピ3選!

こんにちは!

ハースストーンでのローグはものすごくピーキーな性能なヒーローでうまく回った時は派手で鮮やかに決まりますが、どのカードをどんな順番で使うか、何をコンボ用に温存してどう除去するか非常に神経を使うデッキが多いです。

一方守勢に回ると打たれ弱く上級者向けのヒーローだと思います。ヒーローパワーは1/2の武器を装備するというもので武器シナジーのある海賊デッキなどと相性がいいです。現在は千刃乱舞のナーフで大きく環境が変わってしまい一時のオイルローグ覇権の時代と比べるとだいぶ目立たない存在になってしまいましたが。。でもしっかりと立ち回れれば強いです。

 

今回の記事では初心者でも作れるローグのデッキレシピ3つを紹介していきます!

Sponsored Link

安価に作れるローグデッキ3選!

img_1007
ではさっそくローグのオススメデッキを見ていきましょう!

比較的安価に作れるレシピを作成しましたので是非初心者の方も参考にしてみてくださいね!

 

レシピ①:すぐに作れるゼロコストベーシックローグ

クラスカード

  • 死角からの一刺し:2枚
  • 致死毒:2枚
  • ナイフの雨:2枚
  • 暗殺:2枚
  • アサシンブレード:2枚
  • 逃げ足:1枚

中立カード

  • 酸性沼ウーズ:2枚
  • ブラッドフェン・ラプター:2枚
  • 初級エンジニア:2枚
  • レイザーフェン・ハンター:2枚
  • シャタード・サンの聖職者:2枚
  • チルウィンドのイェティ:2枚
  • ノームの発明家:2枚
  • センジン・シールドマスタ:2枚
  • ボルダーフィストのオーガ:2枚
  • ストームウィンドの勇者:1枚
 

ヒーローパワーの武器とアサシンブレードを使った攻撃でライフを犠牲にボードアドバンテージをとっていくデッキです。

スペルは小回りが利きますが中盤以降は他のヒーローに比べると微妙なのであまり頼れないですね。逃げ足を使うタイミングはカードが尽きてからで良いです。

Sponsored Link

レシピ②:低予算テンポローグ

クラスカード

  • 死角からの一刺し:2枚
  • 凶刃の狂信者:2枚
  • バッカニーア:2枚
  • 冷血:2枚
  • 怪盗紳士:2枚
  • デファイアスの親方:2枚
  • 腹裂き:2枚
  • 昏倒:1枚
  • アンダーシティの押し売り:2枚
  • SI:7諜報員:2枚

中立カード

  • 鬼軍曹:2枚
  • アージェントの従騎士:2枚
  • 南海の甲板員:2枚
  • アージェントの騎兵:2枚
  • アジュア・ドレイク:2枚
  • 無謀なロケット乗り:1枚
 

可能な限り早くミニオンだしていき腹裂きや突撃持ちミニオンでトドメを狙うデッキです。

冷血、腹裂きをどこで使うかがカギになってきます。マリガンは先攻1コストはバッカニーアが一番欲しいところ。ヒーローパワーの武器と低コストミニオンの多さで序盤手数で圧倒していきます。

レシピ③:ミラクルローグ

クラスカード

  • 死角からの一刺し:2枚
  • 段取り:2枚
  • 冷血:2枚
  • 隠蔽:2枚
  • 怪盗紳士:2枚
  • 腹裂き:2枚
  • 昏倒:2枚
  • エドウィン・ヴァンクリーフ:1枚
  • ナイフの雨:2枚
  • 影の一閃:1枚
  • SI:7諜報員:2枚
  • 墓荒らし:2枚

中立カード

  • ブラッドメイジ・サルノス:1枚
  • クエスト中の冒険者:2枚
  • アジュア・ドレイク:2枚
  • リロイ・ジェンキンス:1枚
  • ガジェッツァンの競売人:2枚
 

ミラクルローグというのは簡単にいえば、ガジェッツァンの競売人の能力スペルを使うたびドローを1枚ひくを利用してクエスト中の冒険者、エドウィンのどちらかを育てていくという趣向のデッキです。リーサルはよくあるリロイ+冷血などで10点ぐらいはすぐ出せます。

ガジェッツァンの競売人のドロー力が非常に重要なデッキなので、出せる6ターン目までにできるだけボードはきれいにしておいてドローを回せるようにしたいところです。隠蔽はガジェッツァン、育てるミニオンどちらにも使えます。

マリガンは2ターンで出したい2コストミニオンがいないのでSI:7諜報員と墓荒らしが定番キープ。アグロ相手なら死角からの一刺し重視です。

まとめ

ハーススト―ンにおけるローグのデッキ紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

ローグは自分のデッキをどう回すか考えるだけでもかなり難しいヒーローなので実際のところ初心者にはあまり向いてないです。選択肢がとにかく多く、対応にカードを使い過ぎると攻撃するカードが足りず、対応がおざなりすぎるとそのまま死んでしまうので絶妙なバランス感覚と正確な計算力を求められます。

すぐ勝つことよりも難しいプレーをすることに達成感を感じる求道者が使うヒーローでしょう。

 

それでも使いこなすんだ!という方は上記のデッキを是非とも参考にしてみてくださいね!

ではでは。

Sponsored Link


関連記事はこちら