【ハースストーン】サーバー選びで覚えておくべき事まとめ

こんにちは!

ハースストーンを始める際にはサーバーを選択することができます。サーバーとはユーザーがまとまっている場所のようなもので、同じサーバー内の人だけが対戦したりコミュニケーションをとったりすることが出来ます。

他のサーバーを選択した人とは戦うことができないんですね。

 

そしてハースストーンをこれから始めようとしている方はもしかしたらサーバー選びに迷うかもしれません。日本はデフォルトでアジアサーバーになっているので何も考えなければ知らずにアジアサーバーでのスタートになるでしょう。

今回の記事ではサーバーごとのちょっとした違いについて解説していきます。あなたがサーバーを選択する際の参考にしていただければと思います。

Sponsored Link

ハースストーンのサーバーについて

考える
まずはサーバーについて簡単に説明しておきます。

先ほども少し触れましたが、サーバーとはプレイヤーごとのまとまりのようなもので同一サーバー内だけで世界が繋がっており対戦をすることができます。現在ハースストーンにはアジア地域、ヨーロッパ地域、アメリカ地域など複数の種類があり、ゲームスタート時に選択することが可能です。

日本でハースストーンを始める場合は勝手にアジアサーバーに設定が選ばれるようになっているので変えたい場合は手動で選択する必要があります。

 

2015年10月ごろまでは日本でもアメリカのサーバーでプレイすることが主流だったのですが、日本語版のハースストーンがリリースされたことによってアジアサーバーがデフォルトとして設定されるように変更となりました。

基本的にはアジアサーバーでのプレイで問題はありませんが一緒に遊びたい友達のサーバーがアジア意外であった場合や、他サーバーでしか行っていない大会に出たいのであればアジアから変える必要があります。

Sponsored Link

サーバー選択の注意点

では簡単にサーバーを選択する際の注意点を書いておきます。

 

注意点①:サーバー間のデータ移動は不可能

ある程度ハースストーンを進めてから途中でサーバーを移動したいと思うことがあるかもしれません。

しかし覚えておいて欲しいのは、他サーバーへデータを引っ越すことはできないということです。アカウントは移せるようですが今まで手に入れたカードやアドベンチャーは全て初期の状態に戻ってしまいますので要注意です。これを知らずにサーバーを移動してしまったらこれまでの課金も無駄になってしまいます。

ですのでサーバーを最初に選択する場合はずっとこのサーバーでやっていくという決意が必要ですね。

 

注意点②:マッチングスピードに多少の差が生じる

大きく気に掛けるほどでもありませんが、サーバーによって対戦のマッチングスピードに少しの差が生じます。

サーバーによってユーザーの人口に差がありますのでマッチングにも差が生じます。特記してどのサーバーが早い、遅いなどの極端な差は無いと思われますのであまり気にする必要はないかも。

 

注意点③:アジアサーバーは煽りがキツイ

よく目にするのはアジアサーバーのプレイヤーは対戦中の煽りがひどいというものです。実際に私もアジアサーバーでプレイしていますが、大きく戦況に差が生まれた時など煽られますね。

明らかなミスプレイに対して「感謝」を連打してきたり。笑

 

オンラインゲームには付き物かもしれませんが、気持ちの良いものではありませんよね。

とはいえ他のサーバーを経験しているわけではないので比較もできないのですが、「アジアは煽りがキツイ」という評判は何度か耳にしています。漠然とした情報ですが、煽られるのが苦手な方は少し考えてサーバーを選んだ方が良いです。

 

まとめ

ハースストーンを始める際のサーバー選びについて解説してきました。

このサーバーが超オススメ!のような差は無いというのが現状です。というかこの状況が理想ですね。笑

 

デフォルトのままアジアサーバーでプレイしても何も問題はありません。気を付けるのは友達が他のサーバーだと一緒に遊べないといった点くらいでしょうか。

アジアサーバーでは煽りが多いとも書きましたが、煽られたところで戦況が変わるわけではないので気にしなければ何も問題はありません。煽られて勝った時は快感です。

 

では、あなたもサーバーを決めてハースストーンをプレイしましょう!!

Sponsored Link


関連記事はこちら