マジカルアイで視力回復?!効果の程や方法を徹底解説!

こんにちは!

日ごろから習慣的にゲームをやっていると非常に目が疲れてきますよね。ゲームに限らず本を読んだりPCで仕事をやっていれば誰もが経験するはずです。

中には目の疲れでは止まらず、視力の低下まで引き起こす可能性もあります。

 

そこで、目の疲れを癒したり視力回復として注目されているのが「マジカルアイ」です。

今日はこのマジカルアイについて、効果はあるのか、やり方はどうなのかということをお話していこうと思います。

Sponsored Link

そもそもマジカルアイって何?

マジカルアイという言葉を始めて聞いたという方もいるかと思いますので説明いたします。

マジカルアイはそれ用に作られた絵(画像)を特殊な見方をすることで全く別の絵に見えるものの事で、平面の絵の中に立体的な絵が見えるのです。

 

例えばこちらの画像をご覧ください。

image
 

一見すると単に「」が描かれた絵ですね。

 

この絵を平行法または交差法という見方をするとこのような立体物が現れます。

image
単なる「」だと思っていた絵は「スペード♠」が隠れていたのです。

見えましたか?(最初の画像で実践可能です。)

普段絵を見る時とは違い、焦点を絵からずらす必要があるのでコツをつかむ必要がありますが見えるようになると楽しいですよ!

ちなみにうまく焦点をずらせている時は、1枚目の上にある黒い丸●が3つに見えているはず。

 

んで、、

これが見えるから何なんだという話になりますが、このマジカルアイを実践することで普段使わない目の筋肉が刺激され視力回復の効果が望めたり、疲労を癒す効果がうたわれています。

マジカルアイの見方

上記の画像のように、マジカルアイでは立体視ができるようにならなければ視力回復の効果も疲労回復の効果も期待できません。

立体視するには次の二つの方法があります。
  • 平行法
  • 交差法
 

ひとつずつ見ていきましょう。

平行法の見方とコツ

まず一つ目の平行法ですが、個人的にはこちらの方が交差法よりも易しいです。

「平行」とは右目と左目の視線の関係を表現していて、つまり絵の表面上で視線は交わらないということなのです。

 

・・非常にわかりづらいですね。

絵で見るとこういうことです。

image
実際は「平行」ではないのですが、絵やディスプレイの表面よりも奥に焦点を合わせるイメージです。

とはいえ目の前に絵があるのにその後ろに焦点を合わせるのってなかなか難しいんですよね。でも一度コツをつかんでしまえばその後はスムーズに焦点の調節ができるようになるので最初が辛抱です。

 

まずは練習として「絵を見よう」とは思わずに、絵の前で「ボーっと」してみてください。

絵や画像のサイズはあまり大きすぎず、スマホサイズで目から50cmほど離してやってみると良いですね。絵が大きい場合はもう少し距離を取りましょう。

ボーっとしていると自分がどこを見ているのかわからなくなり、だんだんと絵がモヤモヤ動いて見えるようになってきたら立体視できる直前です!!

最初は「ボーっと」を意識しましょう。

Sponsored Link

交差法の見方とコツ

平行法ともう一つの方法が「交差法」でしたね。

交差法とは絵(画像)よりも前で視線を交差させその延長線上で見る方法です。

 

こちらも視覚的にイメージを掴んでいきましょう。

image
まさに「交差」ですね。

この方法は画像にあるようにディスプレイよりも前でリングに両目の視線を通すイメージを持つとやりやすいです。

とはいえ私は交差法は苦手で平行法のほうが好きなのですが。。笑

 

また、交差法は平行法よりも目が疲れやすいので練習中は2~3分ごとに休憩を取るようにしてください。

普段使わない目の筋肉を使っていますので無理はしないように。

マジカルアイに効果はあるのか

ここ、肝心ですよね。

私は目の疲れ、視力回復に効果が期待できると言いましたが視力回復には効果の出る人、出ない人がいるようです。

視力回復の効果が出る人、出ない人

マジカルアイをすることによって視力が回復傾向に向かう人というのは眼疾患などの根本的な原因が無い人と言われています。

遠視、近視、乱視などが原因で視力が落ちてしまった人への効果は薄いようです。

 

あくまで視力発達が正常であり、近視等が発展途上の人には有効です。

マジカルアイは焦点を合わせる能力を高め、視力回復を狙う方法ですので疾患には効果がありません。

 

 

しかしマジカルアイで立体視することによって明らかな目の軽さを体験することができます。最初は本当に目がスッキリして感動しますよ。

やり過ぎは目の筋肉に負担をかけてしまうので1日5分程度の立体視をいろいろな絵で見ていきましょう。

 

マジカルアイおすすめアプリ

マジカルアイの絵は専用のアプリにいっぱい用意されています。

使いやすいアプリがこれ。

3D視力回復
3D視力回復
開発元:koikoi.biz
¥120
posted with アプリーチ
このアプリでは絵が入っているだけではなく、マジカルアイの説明、平行法と交差法の説明など詳しく記載されていてかなり便利です。

通勤時間などの空き時間でできるので重宝しています。

書籍も発売中

スマホ画面では逆に視力落ちるんじゃないの?と心配になるかたもいると思います。

そんな時は本を買うと良いですよ。

書籍: どんどん目が良くなるマジカル・アイたっぷり100点



 

目の疲れを取るという意味でも持っておいて損はありませんね。

 

まとめ

ゲームなどによる目の疲れ、視力低下の対策となる「マジカルアイ」について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
  1. 平行法
  2. 交差法
できれば両方の方法をマスターしておきたいですね!

立体視はできるようになるだけでマジカルアイがとても楽しくなります。5分くらい見た後に目を上げれば目がかなり軽く感じるはずです。

視力回復も期待できるため至れり尽くせりですね!

 

ぜひあなたも一度チャレンジしてみてください!

ではでは。

Sponsored Link


関連記事はこちら