にゃんこ大戦争/お宝を効率的に集めるちょっとしたコツ

こんにちは。

にゃんこ大戦争でお宝の存在は大きいですよね。

いくらにゃんこ達のレベルを上げてもクリアできないステージでもお宝を集めることでサクッとクリアできたりします。

 

だけどお宝を集めるのってなかなか労力と時間がかかりますよね。

そこでこの記事では少しでも効率的にお宝を集めていくちょっとしたコツをご紹介します。

Sponsored Link

お宝のシステムとは

まずはお宝を集めるメリットやそのシステム内容を簡単に説明します。

にゃんこ大戦争にはキャラクターがパワーアップする要素にレベルやプラス値が存在するのですが、そのほかにも特定のお宝を揃えることによって能力を上げることが可能なのです。

例えば日本編で言えば、長崎県から福岡県までのお宝を全て集めることで「九州の男らしさ」という効果が発動し働きネコのお金生産量が大幅にUPします。

image
 

他にもキャラクターのステータスが単純にUPするものから、キャラクター生産スピードをUPさせるものなど数々のメリットがあります。

image image
 

実際単純ににゃんこのレベルを上げるだけだと後々クリアできないような難易度になってくるので遅かれ早かれお宝集めは必須になってきますね。

そしてこのお宝はステージをクリアすると確実にゲットできるという優しいものではなく、確率でもらえるようになっています。

その中でも、「粗悪の○○」「普通の○○」「最高の○○」のように3段階の質があり質の低いお宝だと能力の発動が軽減されてしまいます。

 

全て「最高の」お宝を手に入れることによって100%の真価を発揮することができます。

お宝を効率的に集める方法

では本題に入って上記のようなお宝を効率的に集めるにはどうしたら良いのでしょうか。

主な方法は3つ存在します。

1.トレジャーフェスティバルを狙う

まずはときどき行われている「トレジャーフェスティバル」を狙う方法。

トレジャーフェスティバルは時々各ステージで行われていて、なんとお宝をゲットできる確率が2倍に跳ね上がります。

image
このように全ステージに対応していることも。

時間制限アリ。

 

確率が2倍と言われてもピンとこないかもしれませんが私の体感では2回に1回はお宝をゲットできるくらいに感じました。

運が良ければ1回で最高のお宝に巡り合えることも珍しくないのでこのイベントを見かけたら積極的に参加しましょう!

ネコカンで統率力を回復してまでもやる価値はあります。

2.消費統率力半分の期間を狙う

トレジャーフェスティバルのような要領でたまに消費統率力が半分でステージに挑める場合があります。

もちろん単純計算でプレイできる回数が2倍になるのでその分お宝をゲットできる可能性も2倍になりますね。

 

ただし、この場合はお宝出現率に変化はないので効率的と言えるかは少し疑わしい。

統率力の消費は減りますが何回もチャレンジしなくてはいけないのでトレジャーフェスティバルよりはオススメ度が下がります。

 

とにかくネコカンを使わずに回数で勝負だという人には向いている方法です!

Sponsored Link

3.トレジャーレーダーをどんどん使う

効率を追求するならばこの方法が最も効率的。

アイテムのトレジャーレーダーをばんばん使っていくやり方です。

トレジャーレーダーはアイテムの1つで、これを使用すると100%の確率で最高のお宝を手に入れることができます。

image
これなら確実に一番早く最高の能力を解放できます。

 

しかし画像にあるように2個で90ネコカンが必要なので、ネコカンに余裕がある場合にしか使えない方法になります。

時間はないけど手っ取り早く強くなりたいときはお金にものを言わせることも時には必要です。笑

 

ガマトトでもたまにトレジャーレーダーをゲットできるのでそっちで集めるのもアリですね。(からから湿地帯にてゲット可能)

ガマトトのレベルを効率的に上げるには?

 

とにかくトレジャーレーダーを使うこの方法が最高の効率を誇ると思います。

まとめ

にゃんこ大戦争でのお宝を効率的に集めていく方法を簡単に解説してきました。

主な方法は3つでしたね。
  1. トレジャーフェスティバルを狙う
  2. 消費する統率力が半分の時を狙う
  3. トレジャーレーダーを使いまくる
 

もっとも効率的になのが3番、次が1番、そこまで効率的とはいえないのが2番です。

ただしどの方法も何も考えずにひたすらステージを周回するよりは圧倒的に効率が良いのであなたに合った方法でお宝を集めていきましょう!

全て集めれば攻略の助けになること間違いなしです!!

Sponsored Link


関連記事はこちら