PSVR/体験者の感想まとめ!画質や性能など気になるところは?

こんにちは。

2016年10月13日にPlayStationVRが発売になりますね。

体験会には足を運びましたか?

きっと行けなかった人も多いのではないでしょうか。

 

そんな方のために、この記事ではネット上に上がっているPSVR体験の感想をまとめていき、あなたにイメージしやすい形でお届けできればなと思っております。

画質、臨場感、追尾性など気になるところはたくさんですよね。

ひとつひとつ見ていきましょう。

Sponsored Link

PSVR体験の感想まとめ

まずはネット上の感想を拾っていきましょう!

みんなはどんな感想を持ったのでしょうか?

 
  • グラフィックがほぼ視界いっぱいに広がる
  • 立体視が全く違和感なく自然な感じ(普段のリアルの目で見ている感じ)
  • 位置、姿勢の追従が正確
  • 頭をブンブンふっても取れたりずれたりしない
  • 本当にゲームの世界に没入した感じ
  • 夢が広がりすぎ
  • ヘッドセットの重さは少し重いかなと感じる程度(1時間つけるとキツくなってくるかも
  • やっているうちにヘッドセットを付けているという違和感はなくなる
 

だいたいこのような感想が多かったように思います。

もちろんグラフィック等の感想が多かったのですが、ここでは赤字にした部分の感想も大事かなと思って挙げさせていただきました。

要はゲームプレイの快適さも大事だということです。

プレイ中にヘッドセットがずり落ちてきては問題外ですし、重さも気になるところです。

このような脇役的な感想も深く見ていったほうが良いですね。

 

グラフィックの綺麗さや迫力なども大切ですが、それは快適にプレイできるという前提があった後の話ですからね。

 

感想を見てみると重さに少し不安感が残りますね。

1時間以上のプレイは普通に行われると思うので本当に重いなら考えどころです。

Sponsored Link

VRの臨場感、迫力はどうなのか

ゲームはやはりその迫力や臨場感という点も非常に大切になってきます。

特にバーチャルリアリティを売りにしているVRならその重要度はかなり上がってきます。

 

この点に関しては、どの方も「臨場感は本当にすごい」「大迫力」といった絶賛の声を並べています。

そしてその迫力を出していく上で動作の遅延はどうなのかというのも大きなポイントですよね。

要は、首を右にふったときに映像もしっかり付いてきてくれるのかということです。首を振ったけど映像が右を向くのに1秒かかりましたじゃお話にならないわけです。

この問題点もPSVRは見事に解決しているようで、「遅延は全く無い」という意見が多かったです。

自分が右を向いたと同時にゲームの世界の自分も右を向いてくれるわけですね。

 

当然だろと思うかもしれませんが、これはコンマ数秒の遅延でも違和感が出てくる世界なのでその遅延を限りなくゼロにしている技術は素晴らしいのひとことです。

グラフィックの感想

ちょっとマイナス意見が多かったのがグラフィックについての感想です。

PSVRに進化し、グラフィックも一気に向上したのかと思いきやそうでもないご様子。

「普通にゲーム画面を見ている感じ」という意見や、ひどいものは「ブラウン管テレビに顔面押し付けてる感じ」といったものまで。笑

 

PS4のグラフィックが素晴らしかったせいもあるかと思いますが、期待しすぎも良くないのかも。

さすがにブラウン管テレビほどまでは落ちないと信じていますがそこは自分の目で見て確かめる必要がありそうです。

総合評価+まとめ

PSVRについて、様々な人の感想をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

もちろんここに書いたものは全体のほんの一部なのでこれが全てではありません。

 

個人的な総合評価として点数をつけるならば80点といったところでしょうか。

というのも、やはりゲームたるもの快適なプレイは欠かせません。そこでゲーム機の重さが気になってしまうようでは100%快適とは言えないのではないでしょうか。

グラフィックのマイナス点もありますが、私は重さのほうが気になっています。

感じ方は人それぞれですが「重い」と感じる人が出てしまっているのは改善の余地ありと考えます。

 

あなたはこれら感想や意見を聞いてどのように感じましたか?

Sponsored Link


関連記事はこちら