スプラトゥーン初心者が使うべき武器と立ち回りを動画で解説!

こんにちは。

2015年にニンテンドーから発売され爆発的な人気を誇っているゲームがスプラトゥーンです。

あのイカのゲームですね。

 

そんなスプラトゥーンですが、主に相手と陣地を奪い合うゲーム。

自分の地を作るのも相手を攻撃するのも頼るのは武器になりますがその武器の種類は多数存在します。

そこで悩むのは何の武器を使っていこうかということ。

特に初心者はなにが使いやすいのかわからないですよね。

 

そこでこの記事ではスプラトゥーンで初心者が使っていきたい武器とそれを使った戦法を紹介していこうと思います。

Sponsored Link

そもそもスプラトゥーンとは?

念のためこのゲームの大まかな説明をしていきます。

スプラトゥーンとは上記でも少し書きましたが相手と陣地を取り合うゲームになっています。

ナワバリバトルという種目がメインで、様々な武器を用いてフィールドにインクを塗りたくっていきます。

制限時間内で少しでも相手チームよりも自分のチームの色をフィールドに塗れていれば勝ちとなります。

こちらの動画で詳しく説明されています。


初心者が使うべき武器とは

では本題に入ってスプラトゥーンを始めたばっかりの初心者はどのような武器を使ってどのように戦っていけばよいのかということを紹介していきます。

この記事ではナワバリバトルに焦点を絞っていきますのでその点はご承知おきください。

最初のうちはローラーで地固めに徹底しよう

ズバリ、スプラトゥーンで最初にマスターしておきたい武器の種類はローラーです。

もちろんシューターでビシバシ相手をキルしつつ陣地を広げていく戦い方もかっこよくて楽しそうなのですが、まずはどのようにすれば勝っていけるのかを学んでいきましょう。

ゲームをやっているとだんだんと目的を忘れてきがちなのですが、スプラトゥーンのナワバリバトルではいかに多くの陣地を塗り固めるかで勝敗が決まってきます。

相手を何人倒したかではなく、インクを塗った面積で勝敗が分かれるのです。

 

そんなのわかってるよという声が聞こえてきそうですが、相手を倒すことが目的になって足元に色を塗らない人が多いのも事実。

 

では次でローラーを使った基本戦術を見ていきましょう。

Sponsored Link

ローラーを使った基本的な戦い方

ローラーを使って勝っていくための戦術を懇切丁寧に解説している動画があるのでこちらを教科書代わりにしていくと良いと思います。



この動画ではあくまで自分が倒されないことに重きを置いていくプレイスタイルで危険な戦況の場所にはあえて行かずに塗り残しを徹底的につぶしていくやり方です。

この方法は私も心掛けていくべきやり方だと思っていて、塗れる面積のかなり広いローラーはやはり無駄に戦わず陣地を塗ることに徹するべきです。

自分がやられてしまったらそれだけで数秒または十数秒動けない時間が生じてしまい、塗ることが仕事のローラーにとってはかなりの痛手。

 

さらにこのよう戦いを避けていくことによって手元のゲームパッドを確認する余裕も生まれ、戦況を正確に把握することもでき、塗れていない場所や敵の接近にも気付けるようになります。

 

ただ、戦いを避けろと言っても限界はあるわけでいざとなったら戦うことも大切です。

その場合は動画内にもあるように決して深追いしないこと。

そして無敵のダイオウイカモードをうまく使っていくことですね。

 

激しい戦闘から離脱可能だと判断したら離れていきましょう。

そこで戦うよりも塗れる場所はまだまだたくさんあるはず。

 

敵をどんどん倒していきたいという気持ちも分かりますが、それはローラーでこれらの動きをマスターしたうえで相手の隙をついていけるようになってからでも遅くないのではないでしょうか。

 

また、この動画をUPしているRefuさんという方はほかにもシューターを使いながらノーデスプレイも実践していて、見るたびに自分がやられないことの大切さがわかってくると思います。

ほかの動画も参考に見てみてくださいね。

まとめ

image
スプラトゥーンにおける初心者が使っていきたい武器とその立ち回り方法を動画を用いて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

もし参考になったなら嬉しいです。

要点をまとめるとズバリ、
  • キルされないことが第一優先
  • 激戦区を避け、塗り残しと塗り返しを徹底する
  • 戦いは最低限だけ行い深追いはしない
ということです。

 

何回倒されるとゲームオーバー、のようなルールが存在しないためつい強気に攻め込みがちですがそこの考え方をすこし変えてみるのも勝っていくためには大切です!

当然初心者じゃなくてもこのことは当てはまるので、動画のようなプレイスタイルをぜひ身に付けてください!

Sponsored Link


関連記事はこちら