【スプラトゥーン2】ジェットスイーパーのオススメギアと立ち回りを解説!

こんにちは!

前回に引き続いて今回もNintendo Switch用ソフト「Splatoon2」に登場するブキから私が独断で選んだ強いブキの扱い方について解説していきます。

今回は、シューターカテゴリの中でも最長の射程を誇る異色のブキ、「ジェットスイーパー」を紹介します。

 

このブキを使ってみたい方はぜひとも参考にしてみてくださいね!


ジェットスイーパーの特徴

ではジェットスイーパーの特徴から確認していきます。
  • メインウェポン
  • サブウェポン
  • スペシャルウェポン
これら3つの視点から見ていきましょう!

メインウェポン


メインウェポンはもちろんジェットスイーパーですね。

このブキの最大の特徴としては、シューターとしては非常に長い射程を持ちかなり遠くへインクを発射することが可能な点です。

発射間隔はやや遅めで威力も高くありませんが、攻撃・塗り範囲の圧倒的な広さがその短所をカバーするには余りあるほどです。

 

目盛りでいうと5つ程度と、ここまで長いシューターは他に存在しません。


 

1発のダメージは32と、ギリギリ3発で相手を倒せないレベルに設定されています。


 

また、下の画像のように塗りのムラがやや大きいように見えますが、そもそも正面にこれだけ広くインクを飛ばせているので、塗る面積的にはむしろ大きい部類とも言えます。


画像ではいまひとつ射程の長さが伝わりにくいかもしれませんが、実戦でこの長射程があるのとないのではかなり戦いやすさが変わってきます。

相手の弾が届かない範囲から一方的に叩いたり、壁を超えて広い範囲をざっくり塗ったりといろいろなことができるので、これを生かさない手はありませんね。


 

サブウェポン:ポイズンミスト

サブはポイズンミスト

投げて着弾した地点の周囲に怪しげな霧を張り、侵入した相手チームのプレイヤーの移動速度とインク残量を減らします。


長く留まれば留まるほど、効果が強烈になっていきます。

破裂した瞬間の一定範囲にのみ効果があった前作のポイズンボールと異なり、こちらは一定範囲にとどまるタイプに生まれ変わりました。通路などの人が集まったり通りやすいポイントに投げておくことで、敵の動きを封じたり追い払ったりするのに使うことができます。

短所としてインク消費量が意外と高く、乱発はできないため積極的に使いたいならば効率系ギアのフォローが必要になりますね。

 

ジェットスイーパーで扱う場合もともと射程が長いため、届かない範囲へのフォローといった形には使いにくいですが、通路などプレイヤーの集まるところに撒くことで隙を作るなどの形でうまく活用していきましょう。

 

スペシャルウェポン:マルチミサイル

スペシャルウェポンはマルチミサイルです。

発動するとロックオン画面となり、中央の円内に相手チームを捉えて再度ボタンを押すことで発射。

一人につき4つのミサイルを向かわせインクとダメージを撒き散らします。


 

一度に多くの相手をロックオンするほど発射されるミサイルが増えるため、できるだけ全体を俯瞰しやすい地点で狙いを定めると効果的です。簡単に入って行けない相手チームのナワバリの奥深くにインクを撒き散らすチャンスにもなるため、ぜひ2人以上を同時に狙っていきましょう。

欠点はロックオンから発射が終わるまでほぼ全く動けず、大きなミサイルを背負うため目立ってしまうところです。

そのため発動時は一旦遮蔽物の影やスタート地点付近まで戻り、安全を確かめてから発動すると良いです。


オススメのギア


ジェットスイーパーは意外と付けておきたいギアが豊富で、これといった定番のギアの組み合わせがありません。自分のプレイングスタイルに合わせてギアを選択しましょう。

【インク効率アップ(メイン・サブ)】

ジェットスイーパーはメインの燃費が悪く、ずっと打っているとすぐにインク切れになってしまいます。また性質上乱射して使うことが多くキルを取るときも4発当てる必要があり、あと一歩のところでインク切れのために敵を取り逃してしまうことが多々あります。

そういった事故を防ぐために優先して付けておきたいのがメイン効率です。

サブ効率はポインズンミストのインク消費量が意外と大きいため霧を張ってしまうとほとんど攻撃できなくなってしまいます。ポイズンミストを使った直後でもすぐ動けるようにこれも優先して付けると良いでしょう。

回復力アップも合わせてつけておくとより安定度が増します。

【爆風ダメージ軽減】

前線で戦うことはあまり無いものの、相手からのヘイトを以外に集めますのでスプラッシュボムやクイックボムがあちこちから飛んできます。

受けるダメージを最小にするためにも余裕があれば付けておきたいですね。

 

【スペシャル増加量アップ】

ミサイルを乱発したい人向けです。あまりたくさん積んでも効果が薄いので積むなら1.3or2.0程度で十分でしょう。

強力なスペシャルを無駄なく使うためにも是非採用したいパワーです。

 

【サーマルインク】

サーマルインクはメインで敵に攻撃を当てた時、一定時間遠くからでも敵の動きが透けて見えるという面白いギアです。長射程のブキに特に相性がよく、当てる回数も多くなるジェットスイーパーではかなりの効果が期待できます。

敵の動きが分かるので逃げる時、キルを取る時どちらでも使え、腐りにくいのが点も評価できます。敵に近づきすぎると見えなくなるので気をつけたいところです。

 

【スペシャル性能アップ】

マルチミサイルのカーソルを広げてロックオンできる敵を増やします。捕まえる敵が増えれば増えるほど効果も高くなるスペシャルですので相性がとてもいいです。

 

【イカダッシュ速度アップ】

相手から距離を置く立ち回りをするためこれも必須レベルで付けたいギアです。他にも付けたいギアが多いためオススメは1.0程度

 

立ち回りのコツ


ジェットスイーパーでの立ち回りのコツとしていくつかお話します。動き方がいまいち分からない人は真似してみてください。

コツ①:いつでも間合いをとる

基本的に敵が見えない所、もしくは相手の攻撃が当たらない所から戦います。そのためにはポジショニングが他のシューターに比べて重要になってきます。

スシコラや銀モデのようにガンガン前に出てキルをして前線を上げる立ち回りが出来ないので序盤はチャージャーのように激戦区ではない高台から、優勢時には前に出て前線一歩手前から、劣勢時には自陣の高台から、ステージを見渡すような位置取りを心がけましょう。

敵が居そうなところに向かって弾幕を張るだけでもかなりの牽制になります。前で乱闘してくれている味方のサポートをする気持ちで臨むのが大切です。

これができれば自然と敵と距離を置くことができ、相手が無理して突っ込んで来ようものなら一方的な攻撃にも繋がります。

 

前線で戦わない以上裏とりを警戒するのもジェットスイーパーの大切な仕事です。

こちらが優勢でゴリゴリに敵陣まで前線をあげて戦っている時に、壊滅的な被害に繋がりかねないのが相手の裏取りです。強みの射程を活かして後方支援を行うだけなく、常に裏とりルートを警戒しましょう。

この時に注意したいのが警戒しすぎて接近戦になってしまわないことです。相手が裏とりをしてきているからと焦って自ら近づいて狩られてしまっては意味がありません。もちろんキルを取るのが理想的ですが、数発攻撃してみて無理そうだなと感じたら早め早めに撤退しましょう。

 

当たり前のことですがデスしてしまうとしばらくの間何も出来ません。スペシャルゲージも減りますし、デスのペナルティは大きすぎます。

どのシューターにも当てはまりますがデスしないことを第一に考えましょう。

裏を取った時点では相手は足場が十分にない状態ですので不利な状況で戦うわけですから容易に近づけはしません。引いて体制を整えてから、もしくは戦いやすいところまでおびき寄せて距離を置き、有利な場所から倒しにかかると良いでしょう。

コツ②:ポイズンミストとマルチミサイルで嫌がらせをする

前作のポイズンボールに打って変わって登場したのがポイズンミスト。

相手に毒を浴びせて効果を得るのではなくフィールドに霧を展開して、霧中の相手のインクを減らし、移動速度を遅くするというものです。相手にぶつけて使用するというよりも、敵がいそうな所、来てほしくない所、相手の逃げ道に向かって投げるのが基本的な使い方になります。

狭い道などに投げておけばそれだけで一定時間その道を塞ぐ効果が得られるので相手の動きが読みやすくなったり、全く動けなくしたり出来ます。

これはガチヤグラやガチホコルールで特に優秀で、ヤグラならカンモンに、ホコならホコを持っている相手が通りそうな道に霧を広げておけばカウントを稼がれにくくなり、同時に防衛しやすくなります。

 

マルチミサイルはカーソルでロックオンした敵に向かって自動追尾型のミサイルを発射するスペシャルで、ロックオンしてしまえば射程は無限で1発でも直撃してしまえば150ダメージと、即死級のダメージが入るので強制的に敵を動かす事ができます。

ミサイルは1人あたり4発、捕らえた敵に比例して飛ばすミサイルの数も増えて最大16発となります。

ミサイルの回避自体はさほど難しくないため、ただ闇雲に乱射するのでは効果が薄く打つタイミングがとても重要です。

運用方法としてはガチエリアならエリア付近に味方がいる時(相手が回避行動をしている間にエリアを確保できる)、ガチヤグラならヤグラを取られてしまっているヤグラに向かって(ヤグラから下ろすことで一時的にヤグラを止めることができる)、ガチホコならホコを進めている時に(ホコを止めようとセンプクしている敵を邪魔する)それぞれ使用すると高い効果が得られます。

 

これらはあくまで一例で、いつ使えば良いのかはケース・バイ・ケースですので状況を見極めて使いましょう。大事なのはイカに相手が嫌がるタイミングで使えるかを意識することです!

 

まとめ

ジェットスイーパーはライン4本分にも及ぶ長射程を活かして遠距離や高台から戦うブキです。

遠くから狙う必要があるため、必然的に的が小さくなり正確に打つエイム力が必要になり使いこなすには若干上級者向けのブキといえますが、逆に言えばエイム力さえあれば相手を寄せ付けることのない、高い可能性を秘めているとも言えます。

基本的には激戦区一歩手前からメインで弾幕を張る、狭い道にポイズンミストを投げておく、マルチミサイルで索敵&無理やり敵を動かす等サポートよりの立ち回りをしていきます。接近戦は苦手で、キル性能も高くないのであまりガツガツ前に出てしまうとかえって自分の首を締めることになりかねません。

常に敵と間合いを確保することが大切です。
では今後もスプラトゥーン2を楽しみましょう!

【スプラトゥーン2】強ブキ10本のギアや立ち回りもコツをまとめました

2017.08.24
Sponsored Link


関連記事はこちら