サンムーン/イーブイの全進化条件と特徴をまとめてみた

こんにちは!

ポケモンの中でもイーブイは初代の頃から多様な進化先をもつポケモンとして有名でしたね。

あの頃の「ブースター」「シャワーズ」「サンダース」加え、今では全8種類の進化ができます。もちろんそれぞれ違った特徴や得意な戦術があるので全て揃えておくのも良いですね。

イーブイ+イーブイの進化系のみでパーティを組む「ブイズ」使いもいるほど人気なポケモンたちです。

 

そこでこの記事ではイーブイの8種類の進化条件と、それぞれの特徴を簡単に紹介していきます。

Sponsored Link

イーブイの進化条件

イーブイの進化条件を確認しておきましょう。

ちなみにイーブイは現在のところ、
  1. ブースター
  2. シャワーズ
  3. サンダース
  4. ブラッキー
  5. エーフィ
  6. グレイシア
  7. リーフィア
  8. ニンフィア
これら8種類の進化が可能です。

 

1.ブースターの進化方法

img_1067
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

初代ポケモンの時代から進化可能であったブースター。タイプは炎。

その進化条件は、
  • ほのおのいし」で進化
になります。

 

ブースターは攻撃の種族値が高いわりに物理攻撃をあまり覚えない点から採用率の低いポケモンです。使いこなすのならそれなりの戦略と実力が必要な上級者向けですね。

 

2.シャワーズの進化条件

img_1065
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

シャワーズも初代ポケモン。タイプは水です。

進化条件は、
  • みずのいし」で進化
です。

 

シャワーズは高い耐久性と特攻が特徴。HPの種族値が130あり受け出しもしやすくかなり使いやすいポケモンです。

特殊耐久型に育てている人が多いため、裏をかいてこだわりメガネを持たせて火力重視型で攻めるのも意外と効果的だったりします。あなた次第の使い方ができるポケモン。

 

3.サンダースの進化条件

img_1066
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

初代ポケモンのサンダース。タイプは電気です。

サンダースへの進化条件は、
  • かみなりのいし」で進化
となります。

 

どうでも良いですが私はブイズの中でサンダースが一番好きです!

素早さ種族値130というスピードを持つため使いやすいポケモンです。特攻も高く、先手を取って相手を威圧できます。

また、「みがわり」や「いばる」「どくどく」などを覚えた嫌がらせ型も一時期流行っていましたね。特性の「ちくでん」で電気技を読んでの受け出しもできます。

Sponsored Link

4.ブラッキーの進化条件

img_1069
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

ここからは初代ポケモンではなくなります。

まずはあくタイプのブラッキー。進化条件は、
  • イーブイのなつき度を最大にしてからにレベルアップ
というちょっとひねくれた条件になっています。好きなタイミングで進化させることはできません。

 

なつき度についてはわかりにくい要素であるため、別記事にまとめましたのでこちらも参考にしてください。

サンムーン/なつき度を急上昇させる3つの方法を徹底解説!

2016.12.06

 

ブラッキーは完全に耐久型のポケモンになります。

攻撃型に育てている人はほぼ皆無なのではないでしょうか。PH、防御、特防に優れているので非常に安定感のあるポケモンです。

 

5.エーフィの進化条件

img_1068
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

エスパータイプのエーフィ。

エーフィへの進化条件は、
  • イーブイのなつき度を最大にしてから朝・昼にレベルアップ
となっております。

 

なつき度を最大にしてから次のレベルアップが「朝・昼」なのか「」なのかでエーフィかブラッキーかに変わっていきます。なつき度は最大に達した瞬間が分かりにくいものなので、こまめになつき度の具合を確認しつつ高まってきたら進化させたいほうに集中してレベルを上げていきましょう。

なつき度の確認方法もこちらの記事にまとめています。(2回目)

サンムーン/なつき度を急上昇させる3つの方法を徹底解説!

2016.12.06

 

エーフィは特攻が高く特殊アタッカーとして使いやすいほか、「ひかりのかべ」「リフレクター」を使用した壁張りポケモンとしても多く採用されています。

壁を張ってしまえば数ターンの間後続のポケモンの耐久力が大幅にアップするのでいろいろな戦略を組むことが可能です。

 

6.グレイシアの進化条件

img_1071
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

こおりタイプのグレイシアです。

グレイシアへの進化方法は、
  • ラナキラマウンテンの洞窟にある雪岩のあるエリアでレベルアップ
になります。

 

グレイシアやリーフィアは特定の場所に行かないと進化しないのでバージョン(サンムーンなのかORASなのか)によって変わってきます。

 

グレイシアは特攻の種族値が130あり、アタッカーとしての活躍がメインとなります。

防御の種族値も110と悪くないのですがHPが65と低いため耐久力は期待できません。

 

7.リーフィアの進化条件

img_1070
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

くさタイプのリーフィアです。

リーフィアへの進化条件は、
  • シェードジャングルの苔岩周辺でレベルアップ
となっています。

 

こちらもグレイシアと同じく各バージョン毎に進化場所は指定されているのでサンムーン以外をプレイする場合は専用の情報を調べましょう。

 

リーフィアの特徴は何と言っても物理耐久の高さです。

防御種族値が130になっており、物理攻撃には強いポケモンです。また、攻撃が110、素早さ95となっているのでアタッカーとしても十分採用可能です。

 

8.ニンフィア

img_1072
*画像はORAS攻略アプリのスクリーンショット

比較的新しいフェアリータイプのニンフィア。

ニンフィアへの進化条件は、
  • フェアリー技を覚える&ポケリフレで仲良し度ハートを2以上にしてレベルアップ
という条件になっています。

 

実質条件が「フェアリー技を覚える」と「ハート2つ以上でレベルアップ」の2つあるのでちょっと手間はかかります。

 

外見がすごく可愛いので人気のあるポケモンですね。

能力値は特殊耐久面に優れておりながら特攻撃種族値が110あり、アタッカーとしても活躍できます。また、フェアリータイプという点でドラゴン対策になるのも利点です。

 

まとめ

img_1064
イーブイの全進化条件をまとめてみました。

あなたはブイズではだれが一番好きですか?

 

今作からイーブイ自体もかなり強化されていますのでぜひブイズパーティを作ってみてはいかがでしょうか!

ではでは、今後もポケモンを楽しんでいきましょう!

サンムーン/色違いポケモン出現確率をグッと上げる3つの方法

2016.11.27
Sponsored Link


関連記事はこちら