白猫テニス/ダブルスで勝つための”超”基本を教えていきます

こんにちは!

白猫テニスに完全にハマってしまっております。

 

そこで先日私は自分のチームを作ってみまして、2人ほど速攻で入ってくれたのでダブルスをやってみました。

すると1人はダブルスの動きがハチャメチャでして相手に完敗・・笑

まあ、いいんですよ。ゲームは楽しくやれば勝ちですし、チームの募集内容にもそんなことを書きました。

 

でも!

やるなら勝ちたいですよね!

勝てば楽しさ倍増なので。

 

そこでこの記事では白猫テニスにおけるダブルスの超基本を解説していきます。というか実際のテニスの基本を応用していますが。

この基本を押さえるだけで試合中のチームワークは格段に良くなるはずです!

ゆっくりと頭にすりこんでいってくださいね。

Sponsored Link

ダブルスの基本となる動きとは

ダブルスではシングルスと違って2人で戦います。

なので一人で自由な動きをしていたのではパートナーに迷惑が掛かってしまうのです。

そこで意識してほしいのが、自分の役割ですね。
  • 前衛の役割
  • 後衛の役割
これを意識すればOKです。

それぞれ見ていきましょう。

前衛の役割

前衛の役割は「攻め」です。

ボレーは非常に強い攻めのショットなので、ボレーを頻繁に打てる前衛がダブルスの攻め役となります。

基本的に前衛の人が後ろに下がってきて後衛の人と同じようにストロークで打ち合うのはNGです。(相手のキャラクターのレベルが自分達より遥かに高ければこれもアリ)

というのもこの陣形は守備に特化した形なので自分から点数を取りにいけないんですね。ダブルスは当然相手も2人いるわけですからSSも簡単には決まりません。

 

まずは「攻め」という意識を大切にしましょう。

 

前衛の動き

肝心の動き方を見ていきましょう。

 

まず、自分が前衛でパートナーがサーブを打つ場合。

このときは出来るだけ前に出てネットに張り付きます。ほんの少しセンター寄りに立つとさらにGOOD!

image
↑このへん↑

 

このポジションは相手のリターンをボレーするためです。ネットに近ければ近いほどボレーの角度をつけられますので極力前に行きましょう。

相手のリターンのコースはストレートかクロスの2択。

ここでストレートを打たれて自分のサイドを抜かれるとパートナーは絶対に追い付かないので、パートナーのサーブがワイド方向に打たれたら端っこに寄ってサイドを守りましょう。クロスに打たれたらパートナーに任せます。

image
 

もしパートナーのサーブがセンターよりだったら攻めのチャンス。

思い切って相手のクロスへの返球を予想して飛び出して行っても良いでしょう。

でも何回もやっているとストレートを狙われますのでサイドを守る意識も捨てないようにしてください。

 

次に、相手がサーブを打つ場合。

パートナーがリターンを打つ時ですね。

この場合、前衛は少し下がり真ん中を横切るサービスラインくらいで待ちます。

理由としては、パートナーのリターンがボレーされることを想定して、そのボレーを拾うためです。ボレーされたときにネットに張り付いていたら絶対に取れませんよね。

image
↑このへん↑

 

なのでパートナーがリターンするときは相手の前衛の動きをよく見ます。

ボレーをするために飛び出してくる動きを見せたらすぐに下がり、守りモードになってください。

リターンが相手の前衛を抜けたら一気にネットに詰め攻めモードになります。

 

このように、前衛の動きの基本は、
  • パートナーが打とうとしている時はボレーに備えて真ん中くらいまで下がる
  • 相手の後衛が打とうとしている時はボレーする気持ちでネットに詰める
これをラリー中も行います。

 

しっかり出来れば攻撃力も守備力も格段に上がりますので試してみてくださいね!

Sponsored Link

後衛の役割

後衛の役割は「守り」です。

守りというか組み立てと言った方が良いかもしれませんが。

どういうことかと言うと、前衛であるパートナーにボレーさせるためにラリーをコントロールする役割です。ただ後衛同士でパカパカ打ち合っていてもダメ。

時には角度をつけたりロブを打ったり、テクニックタイプならドロップショットを打ったり、いろいろ考えるのが後衛です。

 

後衛の動き

後衛の動きは前衛より単純で、自分がサーブでも相手がサーブでも基本的には一番後ろのベースライン付近に立ってラリーをすればOK。

しかし先ほども言ったように、動きよりも「どこに打つか」が大切でそれによって試合の組み立てに差が出てきます。

 

相手の前衛の後ろにロブを打ったり、後衛の前にドロップを打ったり。

 

そして後衛でも唯一攻めのタイミングもあります。

それは相手前衛のサイドを抜く時です。

前衛の動き方の項目で「サイドを抜かれないように注意」という話をしましたが、自分が後衛の場合は逆に狙っていく必要があります。悠長にボレーをしに前衛が突っ込んできたら逆サイドを抜いてやりましょう!

高速ショット系のSSを持ったキャラだと相性が良いですね。

image
関連記事:タワーで勝てない人必見!試合を有利に進めるコツを紹介

 

まとめ

白猫テニスにおけるダブルスの超基本をお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

細かい戦術は他にもいろいろあるのですが、取り得ず最初はこれらを徹底すれば簡単に負けることは無くなります。
  • 前衛の動き方
  • 後衛の動き方
これらぞれぞれの基本をしっかり覚えて実戦に役立ててくださいね!

 

ではでは。

P.S

ここまで読んでくれた方限定で私のゆる~いチームに招待します。

毎日必ずダブルスをやる人!のような条件は付けるつもりは無いので、まったりとチームメイトと仲良くできる人待っています!

image
確か、チーム名で検索できたはずなのでゆる~いチームに興味あったら来てみてくださいね!

チームが満員になるか、1ヶ月経ったら募集は終わります。

 

Sponsored Link


【関連記事】