【白猫テニス】スタミナが切れた時の3つの対処法を紹介

こんにちは!

白猫テニスはよく「運ゲー」「スタミナゲー」と呼ばれます。

それはなぜかというと、試合中にのスタミナの切れがとても早く、それを回復するドリンクも選手双方にランダムで投げ込まれるからです。

自分はスタミナが切れてヘトヘトだというのに相手に3連続ドリンクが配られるなんてこともしばしば。

 

が、しかし。

  • ドリンクを平等に配れ!
  • スタミナの概念を無くせ!
なんて不毛な言葉を並べても何も変わりません。条件は相手も同じです。

無い物ねだりをするのではなく、与えられた環境でどのように勝っていくかを考えるのも楽しみの一つですからね!

 

そこでこの記事ではスタミナが切れても勝ちの可能性を見出す戦術をいくつか紹介していこうと思います!

Sponsored Link

スタミナが切れた時の3つの対処法

ではさっそく本題に入って白猫テニスでスタミナ切れを起こした時にはどのように戦っていけば良いのかを解説していきます。

いざという時はぜひ参考にしてみてくださいね!

1.スライスで返球可能ゾーンを広げる

絶対にやってほしいのが、スライスに切り替えること。

もしかしたら知らない人がいるかもしれないので一応言っておきますが、スライスモードにすると返球可能エリアが広がるんですよね。

スタミナ切れを起こした時は走るスピードがガタ落ちします。そしてボールに追いつけないから負けてしまうわけです。

 

ならリーチを伸ばせばいい。

一応画像でも確認しておきましょうか。

 

こちらが球種を「スピン」にした場合。

image
 

んで、こちらが「スライス」にした場合。

image
見てわかる?ように、スライスの方が返球可能な四角いエリアが広くなっていますよね。

単純にこれだけで届くボールは格段に増えます。

 

さらにスライスにはもう一つのメリットがあり、それは時間稼ぎができるということ。

ドリンクが自分のコートに投げ込まれるまで極力数少ないラリーにしたいので、スライスの遅いボールでドリンク待ちができます。

さらにさらに、スライスは自分がコートの真ん中に戻る時間も与えてくれるので体勢の立て直しにも相性バツグンです。

 

これまでスタミナが切れてもスピンの速い打球で打っていた方はスライスに切り替えることを頭に入れておきましょう。

2.スピードタイプのキャラに切り替える

2つ目の戦略は、単純に走るスピードを上げてしまおうというもの。

実際に確認はしていないのですが、ヘロヘロ状態の走るスピードもステータスに依存しているはずなのでスピードが速ければそれだけ届くボールも増えますよね。

 

そしてスピードタイプは最近強化されまして、スタミナゲージが黄色や赤になっても失速しにくくなりました。

さすがに完全なガス欠になるとヘロヘロになって遅くなるのですが、その過程でのスピードの低下が他タイプのキャラクターと比べて抑えられるようになっています。

 

スピードタイプ+スライスの組み合わせでドリンクが飛んでくるのを待ちましょう。

Sponsored Link

3.予想して1歩先へ

3つ目の戦術はかなり難易度が高いのですができればやっておきたい方法です。

それは、相手の返球コースを予想して1歩早く動き始めること。

 

だんだんと慣れてくればこちらの返球コースから相手がどっちに打ってくるのかがなんとなくわかるようになってきます。

これはストレートだろうな

これはクロスっぽいぞ

根拠は無くてもなんとなくわかるようになるだけで楽に返球できるようになりますよ。

 

どうしてもわからない人はとにかくクロスを守る意識を持ってください。全部クロスに飛んでくると予想して良いです。

というのも、クロスは角度が付く分ストレートに打たれるよりも走る距離が長くなります。その分1歩でも早く走り始めることが大事。

もしストレートに打たれてもかなり厳しいコースでない限り返せる可能性はありますので。

 

ただ、ストレートはクロスよりもボールが到達する時間が短いのでジャストタイミングの速球を打たれたら取れません。

諦めましょう。笑

image
 

まとめ

白猫テニスにおいて、スタミナが切れた時の対処法を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

運ゲーとは言わないで出来ることはやってみましょう。
  • スライスに切り替える
  • スピードタイプにチェンジ
  • コースを予想して1歩はやく
 

この3つを意識すれば勝率はさらに上がるはずです!

ぜひ実戦で試してみてくださいね!

関連記事:白猫テニス/強い人の動画で学ぼう!オススメ実況者3人を紹介!

 

Sponsored Link


【関連記事】