【比較】U-NEXTとdTVどっちがオススメ?違いを徹底的に比べてみた

動画

動画配信サービス(VOD)の中でも日本でTOP3に君臨する市場を持つU-NEXTとdTV。

両方とも有名なだけにどちらを選択しようか迷ってしまう人も多いと思います。僕も最初はめちゃくちゃ迷いました。

そこで今日は両者の違いを徹底的に比較して、あなたにベストなサービスを選んでもらえるように解説していきます!

 

U-NEXTとdTVのどちらにしようかな?と迷っている方はぜひ参考にしてみてください!

月額料金・動画配信数を比較!安いのは圧倒的にdTV

まずは絶対に比較しておきたい月額料金から見ていきましょう。
U-NEXT dTV
月額料金(税抜) 1990円
※追加課金動画アリ
500円
※追加課金動画アリ
動画配信数 120,000本以上
※見放題:65,000本以上
120,000本以上
※見放題:5,000本以上
無料トライアル期間 31日間 31日間
公式サイト U-NEXT dTV
 

パッと見で分かるように、料金の安さは圧倒的にdTVが勝ります。

U-NEXTの約1/4の料金で動画が楽しめるので単純な月額料金の安さを求めるのであればdTVがかなりオススメできます。

ただ、個人的に料金だけでdTVを選んでしまうのは尚早。他の要素もしっかり見ておくべきです。

 

そのうちの1つが見放題作品の配信数

全体的な配信数は12万本と両者変わらないため価格の安いdTVを選びがちですが、その中でも見放題作品の数には大きな差が出ています。

追加課金の必要ない見放題作品はU-NEXTのほうが大幅に上回っているので、たくさんの動画を定額で見たいのであればU-NEXTにすべきだと僕は思っています。

dTVの追加課金制の動画は1本400円~600円くらいかかるので、使い方によってはすぐにU-NEXTの料金を上回ります。

 

そのため、あなたがどれくらいの量の動画を見たいのかによって選ぶ必要があります。
  • ヒマつぶしでたまに見るならdTV
  • ガッツリと毎日たくさんの動画を見るならU-NEXT
このような選び方をすると良いですね。

ポイントまとめ
  • 月額料金だけで選ぶならdTVがおすすめ
  • 多くの動画を見たいならU-NEXTの方が安くなる

それぞれの特徴を比較!

料金以外にもそれぞれの特徴・強みがあります。

U-NEXTとdTVの特徴を比較してみましょう。
U-NEXT dTV
ポイント配布 1200ポイント/月
600ポイント/無料登録時
無し
同時接続数 4 1
オフライン再生
(ダウンロード)
アダルト作品 ×
視聴制限 親アカウント制限可
※ジャンル制限・購入制限子アカウントR18制限
再生デバイスの登録が必要
(5つまで)
その他 4アカウントまで作成可能
公式サイト U-NEXT dTV
 

表をみてもらえると一目瞭然なのですが、月額料金が高い分やはりU-NEXTのサービス内容はかなり充実しています。

以下に1つずつ解説していきますね。

ポイントの配布

U-NEXT、dTV共に追加課金制の動画が配信されているというお話をしましたが、実はU-NEXTの場合お金の代わりになるポイントを毎月無料で配布してくれます。

まず無料登録だけで600ポイント(600円分)

これだけで新作映画を1本見られます。

その後は毎月初めに1200ポイントが無条件で配布されますので、数に限りはあるものの別途課金制の動画も実質無料で視聴することが可能なのです。

 

dTVにはこのような毎月のポイント配布が無いので、課金制の動画が見たければその度にお金を支払う必要が出てきます。

同時接続数(同時再生可能数)

複数のデバイス(パソコンやスマホ、タブレット)で同時に再生できる数を表しています。

U-NEXTであればその数は4台まで、dTVは1台のみ。

つまり、複数人がそれぞれ別の場所で動画を楽しめるかどうか?という差が出てきます。U-NEXTなら1人の登録で4人が同時に別々の場所で再生できるので、家族で楽しむにはうってつけですね。

dTVは完全に一人用といったイメージ。

 

複数人で楽しみたいのであればU-NEXTを、一人で楽しみたいならdTVを選ぶと良いですね。

オフライン再生(ダウンロード)

動画をスマホやタブレットにダウンロードしておき、外出先などのオフライン環境で再生できるかを表しています。

これはU-NEXTもdTVもダウンロードに対応。

ただし動画のダウンロードはアプリを経由しなければ出来ないので、オフラインで視聴したい方はそれぞれのアプリもインストールしておきましょう。

 

↓U-NEXTのアプリはこちら↓

U-NEXT
U-NEXT
開発元:U-NEXT Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
↓dTVのアプリはこちら↓

dTV
dTV
開発元:株式会社NTTドコモ
無料
posted withアプリーチ

アダルト作品

大人向けジャンル配信の有無を表します。

このジャンルを見放題で配信している動画配信サービス(VOD)はかなり限られていて、U-NEXTかDMM見放題chライトでしか見られません。

DMMはギャンブルやアダルトなどジャンルの偏りが大きいので、映画やドラマなどの王道ジャンルを楽しみつつプラスαでアダルトを楽しみたいのであればU-NEXTがおすすめ。

視聴制限

U-NEXT、dTVともに視聴制限があります。

U-NEXTの視聴制限

まずU-NEXTは3つまで追加できる子アカウントにアダルト制限がかかっています。つまりメインアカウントでしかアダルト作品は見られないということですね。

これは設定で変更することは出来ません。

なので仮に子アカウントを子供に持たせても安心というわけです。

また、親アカウントに制限をかける「ペアレンタルロック」という機能も付いています。これは親アカウントにR18やR20作品を表示させなくする機能です。

これを設定しておけば親アカウントを使って家族全員で動画を視聴する際にアダルト作品が表示されなくなるので気まずい思いをしなくて済みます。便利です。

その他、子アカウントに購入制限をかけることも可能。

dTVの視聴制限

dTVでは動画再生のためにデバイスを登録しなければなりません。

しかも5台までの制限付き。

なので急遽友達のPCで動画を見ようと思った時や新しいパソコン・スマホを買った時、マンガ喫茶など外部のPCを利用した際にはその都度登録、削除をしないと楽しめません。

ちょっと面倒くさいですね。

この辺が気にならなければdTVでOK!

ポイントまとめ
  • ポイント配布:U-NEXTのみ毎月1200円分配布
  • 同時接続数:U-NEXTは4台、dTVは1台
  • オフライン再生:U-NEXT、dTV両方可能
  • アダルト作品:U-NEXTのみ
  • 視聴制限:U-NEXTは細かく設定可能。dTVは登録台数制限アリ

U-NEXTはこんな人におすすめ

以上の点を踏まえて、U-NEXTはこんな人にオススメです。

月額料金にこだわらない人

数ある動画配信サービスの中でもU-NEXTの月額1990円はかなり高め。

確かにその分サービス内容は豪華なのですが高いものは高いので、安さにあまりこだわらない人向けと言えます。

定額でたくさんの動画を見たい人

dTVよりも見放題作品が圧倒的に多いので追加料金を払わなくてもたくさんの動画を楽しむことができます。

個別に料金を払うのが嫌な人はU-NEXTを選びましょう。

もし完全定額制のサービスを探しているのならHuluも視野に入れてみることをオススメします。

アダルトジャンルに興味あり人

アダルトジャンルはU-NEXTの特権とも言えます。

興味ある人はU-NEXT一択

家族で楽しみたい人

1人の登録で4つまでアカウントを作れるので家族みんなで楽しむことができます。

みんな集まれば親アカウントで、離れている時は子アカウントでそれぞれ動画を楽しめます!

U-NEXTがオススメな人まとめ
  • 月額料金にこだわらない
  • 定額でたくさんの動画を見たい
  • アダルトジャンルに興味あり
  • 家族で楽しみたい

dTVはこんな人におすすめ

次はdTVがオススメな人です!

月額料金を安く済ませたい人

月額500円は他の動画配信サービスと比較しても格安の料金なので、とにかく安さを追求する人にdTVはかなりオススメ。

あまり多くの動画を見ない人

月額料金が安い代わりに個別料金が発生する動画が多いです。

これらを大量に見てしまうと結局料金は高くなってしまうので、あまり多くの本数見ない人向けですね。見放題作品であれば何本見てもOK。

一人で楽しみたい人

1つのアカウントで1人までしか再生できないので、1人用のサービスと考えましょう。

登録デバイスにも制限があるのでそれでも不便を感じない人向け。

dTVがオススメな人
  • 月額料金を安く済ませたい
  • あまり多くの動画を見ない
  • 一人で楽しみたい

まずは31日間無料トライアルを試してみよう

U-NEXTとdTVを徹底的に比較してきました!

あなたはどちらを選択するか決まりましたか?

もしまだ迷っているなら、今ならどちらも31日間限定の無料トライアルを行っていますので、1ヶ月間無料で使ってみて気に入った方を継続して利用することをオススメします。

無料トライアルのキャンペーンはいつ無くなってしまうのか分からないので、ぜひ今のうちに試してみましょう!



 







関連記事はこちら