【ポッ拳DX】スイクンで勝つための戦い方を解説!【初心者講座】

こんにちは!

ポッ拳DXにおいて強キャラの1つに数えられているスイクンですが、やはり初心者のうちは勝ち数を上げるのが難しいと思います

そこで今回はスイクンについての特徴だったりコンボの解説をしていきます!

スイクンといえば伝説のポケモン。そんなカッコイイポケモンを使ってあなたがもっとポッ拳dxで楽しく勝てるように全力で支援していこうと思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

スイクンはどんな使い方ができるのか、なにが強いのかを知って、どんどん使ってください!


スイクンの特徴

スイクンの特徴としては、遠距離がめちゃくちゃ強いということです。

遠距離系の技が豊富で離れた敵には強いのですが、逆に近距離に異常に弱いという面もあります。なので、スイクンを使うのにおすすめな人は近距離での戦闘が苦手な人だったり、相手との距離感をとるのがうまい人ですね。

1つ遠距離系の技をあげるとしたら、オーロラビームです!

 

この技のいいところとしては、ステージの端から端近くまで物凄く速いスピードで飛ばすことができるので相手に判断させる隙を与えない点です。

よって自分には余裕ができ、相手にはガードをさせながら攻撃の手段を考えらせるということができます。

他にも、ハイドロポンプやれいとうビーム、たきのぼりなどを使うことができます!

 

と、こんな感じでスイクンはホントに遠距離型なので近距離の戦いは苦手です。

しかし相手はスイクンの苦手な近距離に必ず来るはずですので、その点は常に警戒しながら戦うようにしてください。スイクンは攻撃速度や移動速度に関してはも決して速いとは言えませんので注意。


わざの特徴を知っておこう

先ほどももお話したように、スイクンには遠距離で使える技が多いです。なのでその技を使うタイミングだったりコツを理解しておきましょう。

ひとつは上記にも書いたオーロラビームです。

繰り返しになりますが、この技はビームの速度が速く、相手に判断をさせる余裕を与えません。使うタイミングというかコツは、相手との距離をしっかりととってください。

 

次に、ハイドロポンプ


この技は撃つ瞬間に一瞬だけ隙だけできてしまうのが欠点ですが、この技の良いところは高さがあるところです。オーロラビームは発射するのが早いけれど、高さがなくジャンプをすれば普通に避けられますが、ハイドロポンプには高さがあるのでジャンプが遅れると結構な確率で当たってくれます。

ですが、やっぱりビーム系の攻撃がスイクンは多いので、ガードされると結構きついと思います。

 

次に近距離で使えるふぶきについてです。スイクンの得意とする遠距離ですが距離を詰めようと直線的にダッシュしてくる相手に不意打ちとして使っていきましょう。


ふぶきは空中で使う技なのでオーロラビームなどビーム系の技を使って相手のジャンプを誘い、着地と同時にふぶきを使うと命中確率が上がる印象です。

 

防御系の技としてはミラーコートがあります。

ミラーコートは相手がビーム系の技を使う際に有効で、ハイドロポンプなどビーム系の技を使い攻撃しながらもミラーコートがあることによって相手の攻撃を防ぐ戦い方ができます。

共鳴時の戦い方について!

スイクンの共鳴中の戦い方としては元から遠距離なのでそのままの距離を保ちながら戦うのがいいですが、共鳴中になったら近距離でも攻撃力が高まるのでとても使い易くなります。

スイクンはリーチの長さもあるので怖がらずに近距離にもっていっても良いでしょう。

 

共鳴バーストは成功しても相手のHPの半分いかないくらいしか与えることができません。共鳴中は近距離で攻撃するのであれば、ミラーコートとガードを使いながら相手の攻撃をうまく回避してください。

ガードをしすぎていると、掴みだったりガードを貫通する技をやられるのでミラーコートを合間に入れることによって相手は簡単にスイクンに近づくことができなくなります。

 

共鳴バーストをうまく使う例として、1つはミーラーコートを使い相手がこちらをあまり見えないときに攻撃系のサポート使い、ひるんだところとこを狙って共鳴バーストを撃つと当たり割と当たりやすいですね。

ですので、サポートも戦う上でしっかり考えていきましょう。

まとめ

ポッ拳DXにおけるスイクンの戦い方をざっと紹介してきました。

今回挙げなかった技もいろいろあるので、ぜひスイクンをたくさん使ってどんどん強くなってください!

この記事があなたの参考になっていただけたら嬉しいです。

ではでは。

Sponsored Link


関連記事はこちら