【東雲めぐ】バーチャルYouTuberの可愛さに悶絶したお話

その他

こんにちは!

バーチャルYouTuberというワードはここ最近耳にしていたのですが、正直まだ1回も見たこと無かったんです。

そんな時Twitterでイケハヤさんがこんな呟きを・・


 

なんとなーく開いて、なんとなーく再生してみたら衝撃的だった・・

バーチャルYouTuber『東雲めぐ』とは

上記のリンクから見られるバーチャルYouTuber(Showroomer)こそ話題になっている『東雲めぐ』です。東雲は「しののめ」って読みます。

3DCGアニメーション【うたっておんぷっコ♪】のメインキャラクターです。

 

簡単な説明はこのくらいにして、もうね、動画を見てみてば分かると思うのですがめちゃくちゃ可愛いんですよ。

ここにYouTube埋め込んじゃいますね。見てみてください。



YouTubeにも動画をUPしていますが、生放送はSHOWROOMで配信しています。

>>SHOWROOM(東雲めぐ)

 

これ、何が凄いのかというともちろん可愛さも凄いのですが、生放送でバーチャルなキャラクターをリアルタイムで動かしているところです。

しかも視聴者からのプレゼントやコメントまでも文字通り手で拾い上げています。

愛嬌がハンパじゃない


※引用:https://gugenka.jp/original/onpukko.php

これが「萌え」ってやつなのでしょうか。

画像だけ見ても分からないと思いますが、動画を見るとめっちゃくちゃ可愛くないですか??

2次元のキャラクターの可愛さに悶絶したのは初めてかもしれません。キャラクター自体はべつにそこまで可愛くない(おい)のですが、しぐさ、言葉、動き、表情、これらす全てが融合してとんでもない可愛さを生み出していますね。

中の人のキャラクター作りが完璧。

視聴者から贈られたハートなどのプレゼントに喜ぶ姿や、どこか抜けている雰囲気など男の萌え心をズキューンと射貫いてきます。

 

ただ、こういったキャラクターは女性からは嫌われるんですかね?

 

まあ何はともあれ愛嬌がハンパじゃないです。

これはSHOWROOMで生で見たくなる気持ちもわかりますね~

こうやって撮影してるらしい



東雲めぐの撮影風景を映した動画も公開されていました。

簡単に言葉で説明すると、女の人がVRゴーグルを装着し両手にも特殊なアタッチメント(?)みたいなものを装着していました。VRゴーグル内ではおそらく視聴者から贈られたハートやぬいぐるみが3Dで見えていて、それらを掴む動作をすることで映像内に反映されているものだと思われます。

 

表情はどうやって検知しているのだろう・・

動画を見ても喜怒哀楽の言葉とテンションと表情に違和感が無いんですよね。全てがマッチしています。

これらをリアルタイムで結び付けて生放送できちゃうんですから、本当に技術の進歩に驚かされます。

動画メディアの新しい形として注目していきたい


※引用:https://gugenka.jp/original/onpukko.php

バーチャルYouTuberやバーチャルShowroomrは今後もっと流行っていくのではないでしょうか。出始めの現時点でこの完成度ですし、まだまだ伸びるでしょう。

しかも投稿者本人の顔は出ずに視聴者と濃密なコミュニケーションが取れるので、最悪顔はブスでも問題ないわけです。

男バージョンが出てくればイケメンのキャラを映せばOK。

その代わり声の重要度が高いのでそこは練習の必要アリですね。

 

昔ニコ生でアニメキャラの声マネをしながら視聴者と会話する放送を何度か見たことありますが、アニメキャラをバーチャルのキャラとして動画に出せれば結構ウケるんじゃないでしょうか。

声優になりたいけどなかなか芽が出ない人もこれで一気に芽吹く可能性もありますね!

 

こういった隠れた才能を最大限に引き出せる可能性のあるメディアが生まれているのは本当に面白いし素晴らしいことです。

人気者になれば投げ銭によってこれだけで食っていけるようになる人も大勢出てくるでしょうね。
  • 動画を投稿したい!
  • 声優になりたい!
  • でも自分の姿が出るのは恥ずかしいし怖い!
という方はこれを期に注目してみてはどうでしょうか。

一般人でもどんどんバーチャルキャラクターを手軽に使えるようになったり、自作できたりしていくと思いますよ。







関連記事はこちら