【MHW】ネルギガンテをソロ攻略!コツとか書いてみる

モンスターハンター

こんにちは!

やっとメインモンスターのネルギガンテと戦うことができました。かなり時間はかかってしまいましたが、なんとかソロ攻略できたので倒すためのコツなどをお話していきます。

ネルギガンテのクエストをクリアしたい方はぜひ参考にしてみてください!

ちなみにこの記事で解説するので任務クエストについてです。


ネルギガンテの攻略方法

それではネルギガンテを攻略していきましょう。

一応言っておきますが私はそこまでモンハンうまいわけではなく、ネルギガンテ討伐も38分かかっています。


その点も考慮して読んでいただけると幸いです!

初クリア時の装備

初めてネルギガンテを倒した時の装備を紹介しておきます。防御力や攻撃力など基準にしてもらえればと思います。

防具はゾア・マグダラオス一式です。

防御力は「226」で、発動スキルは、


こうなっています。

爆破属性や爆弾と相性が良いスキルなので持っていれば活用していきましょう。

武器は双剣のオーダーレイピア改でやりました。

これはあまり理由はなく、ベータテスト版でネルギガンテと戦った際に身軽に動けるほうが戦い易いなと感じたから双剣にした、というだけです。

属性も全く弱点ではありません。

ネルギガンテの弱点

ネルギガンテの弱点を知ることも大切です。

まず属性についての弱点は『』と『』属性です。これらの属性の上位武器を持っていれば優先して使うことをおすすめします。

また、弱点部位は、
  • 切断武器:頭、翼、前足、尻尾
  • 打撃武器:頭、角、首、
  • ボウガン、弓:全部位ほぼ均等
こんな感じ。

使う武器によって弱点部位は変わるのでよく覚えておいてくださいね。

また、弱点部位だとしてもネルギガンテのトゲが黒くなっている時はほぼダメージが通りません。トゲ無い部分や白いトゲの部分を攻撃しましょう。

立ち回りかた

立ち回り方は、切断武器であれば尻尾を優先的に攻撃することをおすすめします。

弱点ですしネルギガンテ強力な攻撃を受けにくいです。

尻尾を切ってしまっても弱点部位が変わることはないので積極的に狙っていきましょう。攻撃しづらければリスクは上がりますが前足ですね。

被弾の可能性と角に攻撃を吸われて弾かれるリスクがありますが前足も弱点です。

 

ハンマーなどの打撃武器はかなり危険度が上がりますが頭、角、首を狙うことをおすすめします。

ただネルギガンテに慣れないと相当難しいと思うので切断武器で戦う方が安全かもしれません。


この攻撃には要注意!!

ネルギガンテは初見殺しの攻撃を数パターンもっています。

ここではその解説もしていきますね。

全身黒いトゲ状態でのダイビング

ネルギガンテは各部位を攻撃すると、白いトゲ⇒黒いトゲ と変化していきます。

黒いトゲになるとメチャクチャ固くなるので他の部位を攻撃することになるのですが、全身が黒いトゲに変わるとワンパン級のダイビング攻撃をかましてきます。

前動作として咆哮(100%?)をし、上空へ飛びあがってそのまま突っ込んできます!

ダメージ量はえげつないのでたぶん上位装備で固めていないと死にます。しかも当たり判定範囲がやけに広いので、攻撃動作を見切ってしっかり回避すること必須。

ガードできる武器であればガードしてしまうのが安心です。

起き攻めも強力

次に注意しなければいけないのが起き攻めです。

こちらがダウンした際に、起き上がりのタイミングに合わせて追撃してくるのがネルギガンテの特徴とも言えますね。対策無しにいつも通り起き上がって抜刀状態だとまず回避できないので起き上がるタイミングは常に意識してください。

モンスターに吹っ飛ばされた際、コントローラーから全ての指を離すとダウンしている時間を延ばすことができます。

これを意識的に行いすぐに立ち上がらないようにしましょう。

ダウン中は攻撃されても無敵状態ですので大丈夫。

ネルギガンテの追撃が終わったら立ち上がればOKです!

頑張っクリアしてネルギガンテ装備を作ろう!


ここまでネルギガンテの攻略法をざっとお話してきました。

まとめると、
  • 弱点部位、属性(雷、龍)を知ろう
  • 黒トゲのダイビング攻撃に要注意
  • 起き攻めに要注意
こんなところですかね。

もちろん1回クリアするだけじゃなくてネルギガンテ装備も作りたいですよね!

ネルギガンテの武器はこれまであまり無かった龍属性なので、今後のためにも作っておいて損は無いでしょう。

それでは今後も一緒にモンスターハンターワールドを楽しんでいきましょう!

【MHW】ネルギガンテ装備(妥協)作ってみた!スキルとか紹介

2018.02.01

Sponsored Link


関連記事はこちら