【マインクラフト】エンダートラップタワーの作り方を詳しく解説!

マインクラフト

こんにちは!

マインクラフトではいくらサバイバルを進めてもやはり経験値はほしいものです。

ということで、今回ご説明するのはマイクラ史上最も経験値効率が良いと言われているTT(トラップタワー)「エンダーTTの作り方を解説していこうと思います!。

但しこのTTはエンダードラゴンを討伐済みであることを推奨します。もしエンダードラゴンがいるとエンダーTTを作成しようとしてもエンダードラゴンが接触したブロックは無条件で破壊され、チェストに至っては遠隔で破壊されます。

更には、エンダードラゴンがいる間は現世に帰る方法が死に戻りしかありません。

ですのでまだエンダードラゴンを倒していない方はそっちから片付けちゃいましょう!

エンダーTTの使い方と注意点

使い方

待機所にいるとエンダーマンが降ってくるので、のんびりと待ちましょう。

ある程度溜まったらエンダーマンを倒します。(素手でもワンパン可)

注意事項

エンダーマンがたまにワープして待機所に現れます。

嫌な方は待機所の床から2~2.5空けて天井を張り、水を流しておきましょう。


マインクラフト1.11のバージョンからmobは1マスに24体までしか存在できません。それ以上存在すると窒息ダメージが入り、勝手に倒れていきます。(経験値は入らず)

エンダーマンを倒すとエンダーパールがドロップしますが、必要以上拾いたくない方はアイテム削除の方法を確立しましょう。(サボテン式ゴミ箱等)

必要な素材とスペース

必要な素材はこちらになります。(ハーフブロックは大体の数です。)
  • 壁材×301
  • ガラス×226
  • ハーフブロック×1200
  • 水バケツ×2
  • レール×3
  • トロッコ×1
  • トラップドア×5
  • はしご×43
  • 名札×1(改名済み)
  • エンダーパール(エンダーマイトがでる程度、出現率は20分の1)
壁材やハーフブロック、ガラスは代替できるものであればなんでもOKです。

本記事の画像では、壁材は鉄ブロック、ハーフブロックは石製を使用しております。

最後にスペースは縦25×横25×高×48となります。

エンダーTTの作り方

前置きが長くなりましたが、いよいよここからエンダーTTを実際に作っていきます!

まずはエンダードラゴンのいる島の一角を湧き潰しします。場所は分かりやすくする為、東西南北のいずれかがオススメです。

湧き潰し方法は、画像では松明で行っていますが、ハーフブロックを敷き詰めても構いません。


 

島の外にブロックを伸ばすので、スタート地点の座標をメモします。


座標をメモしたら島の外側に向かって128ブロック以上伸ばします。ブロックはハーフブロックの下付きにしていますが、なんでも構いません。

 

伸ばした先の座標もメモします。


 

伸ばした先を中心として待機所のスペースを確保します。画像は15×15ですが、サイズに指定はありません。


 

ここから処理槽を作ります。

待機所の何処かに横5×縦1でハーフブロックを重ね、手前側を除いた3辺に壁材を並べます。


 

先程メモした座標のY座標に43を足した数値になるまで、先程の壁材を上に伸ばします。

また、この時に手前側は足元から2ブロック分のスペースを空け、その上からガラスを同じ高さまで伸ばします。


 


次に湧き層を作ります。

足場を25×25のサイズまで広げ、湧き潰しも行います。また、この時安全のため中心の穴は一時的に塞ぎましょう。


 

そして中心に筒状になるようにブロックを設置します。(ブロックは何でも可、土がオススメ)
中にレールを敷き詰めます。


 

ここが一番難しいところです。

筒状の中にエンダーパールを投げ込み、エンダーマイトが出現したらすぐに名札で名前をつけ、トロッコに乗せて脱出します。


 

トロッコを真ん中に置き、レールをすべて取り除きます。トロッコの下に3×3の壁材とその上下に1個ずつ壁材を残します。


各壁材の上に上付ハーフを置き、その上にガラスを置きます。この時、トロッコの2つ上にもガラスを置きます。

塞いでいたブロックを取り除き、両端にトラップドアを設置します。


 

メンテナンス用の出入り口をトラップドアで設置し、その下にはしごを設置します。

最後に湧き層の松明を回収して完成です。

まとめ

今回ご紹介したエンダーTTは初心者用に改造していますので、エンダーマンの降ってくる量がちょっと少ないです。

更に、処理槽も扱い易いように横一列にしております。

もっとエンダーマンの降ってくる量を増やしたい場合は、処理槽の横幅を7に拡張したり、湧き層のエンダーマイト周辺の壁材配置を変更、湧き層の拡張等をしてみて下さい。

因みに私が色々試してみた結果、このパターンが比較的簡単且つ勢いが良かったのでご紹介します。


 

ところで、あなたは何故Mobが降ってくるか気になりませんか?

この原理は、実は天空TTで利用しているものと同じです。

モンスターが折りたたんだトラップドアを普通のブロックと誤認し、そのままトラップドアの上に乗ろうとして落ちることを利用しています。

その結果モンスターが特に何もしてないのに勝手に降ってきます。

 

更に、このエンダーTTではエンダーマイトの性質を利用しています。その性質は何かというと、エンダーマンをおびき寄せることです。

そして、このエンダーマイトを中心に置くことにより、トラップドアの上に次から次へとエンダーマンをおびき寄せることができ、効率を更に上昇させています。

上記にもある通り、最近主流のTTはモンスターの習性を利用したものが多くあります。あなたもTTに限らず、何かモンスターに関するものを作る場合はその習性を利用してみてはいかがでしょうか!

 

>>自動装置一覧へ戻る







関連記事はこちら


▼当サイトから登録の多い動画配信サービス(VOD)ランキング

第1位:【U-NEXT】約120000本以上の動画を配信!新作を見るならこれ
31日間完全無料!映画、ドラマ、アニメ、アダルト作品も多数配信

第2位:【Hulu】全ての動画が完全見放題!キッズ向けアカウントもあります
14日間完全無料!映画、ドラマなど全動画が見放題!追加料金制度ナシ!

第3位:【dTV】格安!ワンコインで楽しめるコスパ最強のサービス
31日間完全無料!とにかく安さを追求したい人向け!