【マインクラフト】オブザーバーの仕組みを理解してカボチャ収穫機を作ってみよう

マインクラフト

こんにちは!

今回はオブザーバーを紹介します。

ちょっと前まではBUDというバグっぽいやつを利用した回路を組まないとできなかった更新検知機能を1つのブロックにまとめたようなものです。

それだけ聞くと便利なように感じますが、結構クセがあって厄介な回路素子(回路を構成する部品)です。

今日はそれをうまいこと乗り越えて理解を深めるためにカボチャ自動収穫装置を作っていきたいと思います。


オブザーバーについて

まずはオブザーバーについて紹介します。

オブザーバーはざっくり言うと、目の前の更新を検知して信号を発する回路素子です。


オブザーバーには方向があります。

顔みたいに見える面があるので人間の頭みたいな例え方(目の前とかあっち向いてるとか)することがあるのでご了承ください。

先ほどもちょっと触れましたが、オブザーバーは目の前にある空間に何かしら変化が起こると信号を出力します。例えば以下のようなことに反応します。
  • ブロックが設置、破壊される
  • 作物が成長する、実をつける
  • 設置された蜘蛛の糸を踏む
  • 回路素子が動作する
そしてこのようなことに反応したら後頭部から一瞬だけ信号を出力します。

色んな信号源がありますが、多分オブザーバーが発する信号が一番短いのではないかと思ってます。

オブザーバーは農作物の成長も検知してくれるので、自動収穫機に利用されることも多いです。とりあえず比較的簡単に作れるサトウキビ自動収穫装置を紹介します。本題ではないので雑ですがご了承ください。

こんな感じです。


サトウキビが3段目まで成長したら一番下のみ残して収穫します。

落ちたアイテムはお好みの方法で回収してください。おすすめはホッパートロッコです。また、横につなげることもできるので、たくさん欲しい方は頑張ってこれをたくさん繋げましょう。

厄介な問題を解決する

ではカボチャ自動収穫装置の試作品を作っていきたいと思います。一緒に作って試してみてください。

今回は同じものを横にたくさん並べて小さい範囲で高い効率を目指すので、1つのかぼちゃを収穫する装置は1列に収めるという想定で試作します。

 

有名なかぼちゃの自動収穫の方法として、ピストンでかぼちゃを押すという方法があります。オレンジの羊毛の上にかぼちゃが実るとするとこんな感じでピストンを置き、かぼちゃを押すようにします。


 

かぼちゃが実ったのを見るためにオブザーバーを下向きに置きます。


かぼちゃが実ったら更新を検知して、信号を発し、それをピストンまで伝えています。


 

しかし、実はこれだと実際にカボチャが実った時に困ったことが起こります。

それはオブザーバーがピストンの動きも検知してしまうので、ピストンを動かした信号でピストンを動かすという無限ループに陥ってしまうことです。

サトウキビと違ってオブザーバーで見る場所と収穫する場所が同じなので、オブザーバーの前をピストンが通過するのは避けられません。オブザーバーを使ってカボチャ自動収穫装置的なものを作ろうとした人はこの壁にぶち当たった人がほとんどなのではないでしょうか。

 

これを解決するには、以下を行う必要があります。
  • かぼちゃが実った時の信号はピストンに伝える
  • それ以外の信号は伝えない
これらをうまいことクリアしてくれるのがこちらです。


リピーターAに対してリピーターBで横から信号を与えるとリピーターAをロックする機能を利用しています。

Aは遅延1(クリック0回)、Bは遅延3(クリック2回)です。

Aに2回目の信号(ピストンの動きを感知した信号)が流れたときに、Bが1回目の信号(カボチャが実った時の信号)を使ってAをロックして信号を遮断するので、無限ループを解消しています。

 

信号の流れるタイミングが良ければ、リピーターの組み合わせは変えることができます。なので、以下のようにしてもループになりません。



カボチャ収穫装置をつくる

厄介な問題も解決したところで、装置の作り方を順を追って解説していきます。


まずこのようにホッパーの上に土を置きます。画像では15個置いていますが、15個以内であれば何個でもいいです。

 


土の上にかぼちゃの種を植えるために、水を張り、土を耕します。

 


種を植えた土ブロックの隣に、かぼちゃが実るための土ブロックを設置します。

その周りにかぼちゃが実ったのを検知する下向きのオブザーバー(上にえレッドストーンを乗せる)、収穫のためのピストン、ピストン作動を担うレッドストーンを乗せたブロック(画像ではピンクの羊毛)を画像のように設置します。

 


それを1ユニットとして、画像のように15個並べます。1ユニットが1個のかぼちゃの検知と収穫を行っています。

 


端にループ防止機能付きのオブザーバーとピストン接続する部分を作ります。

以上で装置完成です。

カボチャが実ると勝手にピストンが動いて収穫されます。

アイテム化したカボチャは種を植えた耕したところに落ち、その下にあるホッパーが回収してチェストに集約されます。

普通の土ブロックだと高さが1ブロックあるのでホッパーでは回収できませんが、耕された土は高さが1ブロックに満たないので、ホッパーでの回収が可能です。

 

回収はホッパー付きトロッコを用いても可能です(ひと手間加える必要があります)。

また、ピストンは光りを通す透過ブロックなので、ピストンの下に光源を置くと光の確保ができます。

まとめ

今日はオブザーバーの使い方や特徴をメインにお話してきました。

今回のまとめとしてはこんな感じです。
  • オブザーバーは色んな更新を検知する
  • 検知すると一瞬だけ信号を発する
  • 無限ループなど厄介な問題がある
オブザーバーは扱いが難しいブロックなので、使うときは十分考えて使ってください。

あとは紹介したカボチャ収穫装置も実際に作ってみて更に理解を深めていきましょう!

他の装置も作ってみる

【マインクラフト】便利な自動装置一覧!作り方をまとめました

2017.12.09

Sponsored Link


関連記事はこちら