【にゃんこ大戦争】伝説のネコルガ族当たりキャラと超激レア確率を検証!

にゃんこ大戦争 アイキャッチ にゃんこ大戦争

こんにちは!

にゃんこ大戦争の数あるレアガチャイベントの中でもひと際目を引くのが「伝説のネコルガ族」ですね。

キモ可愛いキャラクターが魅力のにゃんこ大戦争の中で、単純にキモいキャラクターが勢ぞろいしたガチャです。

でも!

そんな彼らですがその性能はピカイチで、戦力にすればかなりの実力を持っています。

そこで今日は「伝説のネコルガ族」から大当たりと言えるキャラクターランキングと、ガチャで超激レアが当たる確率をざっと検証してみたいと思います!

引く際にぜひ参考にして頂ければと思います。

にゃんこ大戦争
にゃんこ大戦争
開発元:PONOS
無料
posted with アプリーチ

 

伝説のネコルガ族 当たりランキング!

ではさっそく当たりランキングを見ていきましょう!

このランキングはキャラの性能から強さを基準に考えて評価しました。

第3位:クビルガ(クビランパサラン)

第3位は進化すると長い首を持つようになるクビルガです。

クビランパサランに進化すると、にゃんこ大戦争全体を通しても数の少ない波動持ちキャラクターとなり超射程を持つようになります。

しかも、敵を吹っ飛ばす効果付き。

波動で吹っ飛ばせば相手の前線をどんどん下げさせることができる便利な能力です。

 

しかし、その便利さとは裏腹に攻撃力が850と超貧弱。

相手を倒すことは諦め、完全な妨害役キャラクターとして活躍してもらいましょう!

第2位:テコルガ(テサランパサラン)

第2位は圧倒的な攻撃力を誇るテサランパサランに進化するテコルガ。

進化後の攻撃力は最大で124100まで上昇し、一般的なキャラクターとは文字通り桁違いな数値となります。

しかも射程が620もあり、

しかもたまにクリティカルを発生させます。

 

が、完全な万能というわけではなく、なんと攻撃は単体攻撃。

射程と攻撃力を活かしてまとめて敵を倒す、といったことはできません。ちょっと残念。

しかし数で押してくるステージは苦手なものの、そのポテンシャルのおかげでかなり使い易いキャラクターでもあるので当てたら是育てて使ってみてくださいね!

[ad#ad-2]

第1位:ネコルガ(ケサランパサラン)

ネコルガ族のメインキャラクターであるネコルガが第1位です!

ネコルガの進化系ケサランパサランは攻撃力こそ高くないものの、その他の性能が非常に優れていて妨害役としても大活躍できます。

まずケサランパサランの時点で100%相手を吹っ飛ばす能力を持ちますので、長期戦が予想されるステージに連れていくことでどんどん相手を押し返してくれるので有利にバトルを進められます。

 

また、恐ろしいのは第3形態への進化後。

第3形態に進化すると100%の吹っ飛ばしに加えて、100%敵の動きを止める能力も追加されます。

必ず吹っ飛ばし、必ず動きを止められるようになるということですね。

第3形態になればネックだった攻撃力も34000まで上がるのでそこそこアタッカーとしても活躍してくれます。

 

攻撃要員&妨害要員を一人でこなせてしまう超魅力的なキャラです!

キモいけど。

超激レア確率を検証

最後に超激レアの確率を知っていきましょう!

YouTubeのガチャ動画を参考にさせてもらいました。

 

にゃんこ大戦争 ネコルガ族ガチャ 55連 超激レア率9.09%

  • 試行回数:55回
  • 超激レア数:5
  • 超激レア率:9.09%

 

にゃんこ大戦争 110連した結果っ 伝説のネコルガ族

  • 試行回数:110回
  • 超激レア数:5
  • 超激レア率:4.5%

 

大きく差が出てしまいましたが、だいたい5~7%といったところに落ち着くのではないでしょうか。

20連すれば1体は出る計算になりそうです。

確実に超激レアが欲しいのなら確定まで待ちましょう!

まとめ

にゃんこ大戦争の「伝説のネコルガ族」での当たりキャラランキングと、超激レア率の検証をしてみました。

私のランキングでは、

  • 1位:ネコルガ
  • 2位:テコルガ
  • 3位:クビルガ

このような順位を付けさせてもらいました!

もし、こんな理由でこっちの方が強いよ!という意見がありましたらぜひコメントなどで教えてくださいね。

それでは今後もにゃんこ大戦争を楽しんでいきましょう!

にゃんこ大戦争 アイキャッチ

【にゃんこ大戦争】各ガチャイベントの当たりランキングまとめ!

2017年11月11日

にゃんこ大戦争のダウンロードはこちら

にゃんこ大戦争
にゃんこ大戦争
開発元:PONOS
無料
posted with アプリーチ

関連記事はこちら