【USJ】モンスターハンター・ザ・リアルの感想とネタバレを大公開!

こんにちは。

現在USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の大目玉アトラクションとしてオープンしているモンスターハンター・ザ・リアルはご存知でしょうか?

毎年定期的に行われるアトラクションで、かれこれもう5年以上経ちます。

 

そして私は先日初めてこのモンスターハンター・ザ・リアルに足を運び実際に体験してきたので感想やらネタバレやらをお話しようと思います!

ネタバレ嫌いな方は閲覧注意です。笑

モンスターハンター・ザ・リアルとは

そもそもUSJのモンスターハンター・ザ・リアルとは何だ?と思う方もいると思うので簡単に紹介からしていきます。

 

モンスターハンター・ザ・リアルはUSJにあるアトラクションの一つであり「ユニバーサル・クールジャパン2016」のイベント期間中だけ楽しめる期間限定イベントであります。

2016年のイベント期間は1月15日~6月26日まで。

今年で5回目を迎えるアトラクションであり、毎年違った内容を楽しむことができます。

 

今回の記事ではモンスターハンター・ザ・リアルでの内容を抜粋して紹介します。

Sponsored Link

リオレウスやジンオウガの実物大オブジェクト

 

アトラクションの一番の目玉となっているのが、ゲーム内に登場するモンスターの原寸大オブジェクト!

まさに現実の世界でモンスターに出会ってしまったかのような迫力に襲われます。

モンハンはゲーム内のモンスターにそれぞれサイズが細かく設定されており、その設定に基づいて作成されたオブジェクトが展示されています。

 

実際に目の前にこんなアホみたいにデカイ生物が出てきたらチビる。

image
 

そんな体験ができます。笑

 

しかもこれ、ただのオブジェクトではなく動くんです。唸るんです。光るんです。

リオレウスが動いて唸っているアピールタイムの時はジンオウガは静かにしており、リオレウスのアピールが終わるとジンオウガが動き出します。

なので一気に見られないよ!という心配は不要。

USJのモンスターは人類の味方ですので優しいのです。

 

ちなみにこれ、館内を歩いて見学しながら通過するシステムになっていますので待ち時間はほとんどありません。

館内もゴタゴタに混み合っているわけでもなく、ストレスフリーで楽しむことができました。

ゲーム内では小さく見えてしまうモンスターを是非その肉眼で見てみてはどうでしょうか。

ゲームを持ち寄ってタイムアタック!

ここはオブジェクトを見るだけではなく、ゲーム機を持っていけば館内でタイムアタックなどのゲームをプレイすることができます。

私はゲームをUSJに持ち込むほどのガチ勢ではないので不参加ですが。笑

 

こちらは参加してしっかり結果を出すと景品が出ますので腕に自信がある方は挑戦してみると良いでしょう!

ここで始めて会った人たちと仲良くなって今後一緒にオンラインプレイとかする仲になったらステキですね。

モンハン・ザ・リアルの感想

image
私がモンスター ハンター・ザ・リアルを訪れた感想としましては、迫力のあるオブジェクトを見られて凄く感動したのですがゲームをやったわけではないので「これだけなのか」という感想も受けました。

本当に行ってオブジェクトを見て周るだけだとあっという間に終わってしまいますし物足りなさが残ります。

 

もし行ってみたい方はモンハンのタイムアタックなども参加してみると楽しいかもしれません!

 

また、こんがり肉を買えなかったのが少し後悔。笑

こんがり肉はモンハンエリアで確か2100円で売っています。ちゃんと食べられる肉ですよ。

めっちゃでかいしそれなりに美味い!らしい。

まとめ

全くゲーム攻略記事ではありませんが、USJのモンスターハンター・ザ・リアルについて内容から感想を書いてみました。

まとめると、
  • 原寸大オブジェクトは大迫力!
  • ゲームをやらない場合は少しつまんない!
  • こんがり肉は食べておこう!
といったところです。

 

ぜひあなたもUSJを訪れた場合には足を運んでみてはいかがでしょうか!

Sponsored Link