【連射機能あり/PS4】FPS特化コントローラー「ホリパッドFPSプラス」徹底評価

ホリパッドFPSプラス アイキャッチ ゲーム周辺機器
るつぼくん

PS4対応のおすすめコントローラーが知りたい!

今回紹介していくコントローラーはこちらの『ホリパッドFPSプラスfor PS4』になります。『ホリパッドFPS』は名前にも表記されている通り、FPSのために作られたコントローラーです!

今回はなぜ、このコントローラーが純正のものとは違いFPS専用と謳っているのか順を追って説明したいと思います。

FPSプレイヤーにとってコントローラー選びは重要になってきますので、ぜひ参考にして『ホリパッドFPSプラス for PS4』も選択肢の1つとして考えてみてください!

関連記事:PS4対応コントローラーのおすすめ5選を紹介するよ!

ホリパッドFPSプラス for PS4の基本情報

ホリパッドFPSプラス

ホリパッドFPSプラス for PS4は非純正のコントローラーで、「ゲームをもっと楽しくする」というコンセプトの元、株式会社ホリから発売された商品になります。純正に付いている基本の機能はそのままにいくつかの機能が追加されております。

※ただし、ステレオヘッドセット・マイク端子・振動機能・モーションセンサーの機能には対応していません。

価格は純正品と比べると、約2000円程度、安い値段でAmazonにて税込約4036円で販売しています。

※2021/04 現在

一見すると形状は純正品と似ていて、どこがFPSコントローラーたらしめるのかと思うかもしれません。

ホリパッドFPSプラス

上の画像青まるで囲まれた部分を見ていただければ一目瞭然ですが、従来のデュアルショック2とは左スティック、十字キーの付いている位置が逆に付けられているのです。

これにより、コントローラーを握った部分に親指が来るので、楽に操作をすることができます。又、スティックが対角線上にある事で変に力が伝わる事が無くスティックから指が滑ったり、離れる事がありません。

では次の章では純正のコントローラーと大きく違う点について解説していきたいと思います。

ホリパッドFPSプラス for PS4の追加機能

本製品についている追加機能は、

  1. 連射機能
  2. ターゲットボタン
  3. ボタンアサイン機能

上記3つの機能になってきます。

連射機能はその名の通りに、ボタンを自動で連打してくれる機能です。1つのボタンだけでなく複数ボタンとの併用が可能になってきます。

連射速度は、秒間 5 / 12 / 20回から選べます。押している間か、離してもずっと連射か切り替えることができます。

連射速度の切り替え方法は、「TURBO」ボタンを押しながら、右スティックを上方向に入力するごとに【5回/秒 ⇒ 12回/秒 ⇒ 20回/秒】と連射速度がどんどん上がっていきます。

右スティックを下方向に入力すると【20回/秒 ⇒ 12回/秒 ⇒ 5回/秒】と連射速度が段々と下がっていきます。初期状態は【12回/秒】なので、とくに連射速度を切り替える必要がない場合は、右スティックを操作する必要はありません。

 

ターゲットボタンについてですが、コントローラー背面に付いているボタンを長押しする事で、一時的にスティック感度が下がります。

50 / 70 / 85%からの感度ステージダウンが可能になっています。

例えばですが、目まぐるしく移動する近距離の敵に対しては高感度が求められますが、その設定のまま遠くの敵を狙うにはどうでしょうか⁇小さい的に高感度の設定のままではすぐに相手を通り越してしまうでしょう。

そこで活躍するのがこのターゲットボタンです。この機能ならば、状況に応じて臨機応変な対応が可能になり、より正確なプレイが可能になります。残念ながらこの機能はFPS以外のゲームでは全くと言っていいほど使えません笑

なので、純粋に非純正コントローラーを使用したい方には邪魔な機能になってしまいますね笑

 

最後にボタンアサイン機能になります。

ざっくりいうと、ボタンの配置を入れ替えるという機能です。例えばR2とL2の場所を入れ替える事ができます。この機能はPS4自体にボタン割り当て変更として存在しているので、ぶっちゃけいらないのかなと感じました。

ただ、本体背面にあるターゲットボタンにボタンが割り当てられるという点では、本体機能より優れている点だと感じました。

ホリパッドFPSプラス for PS4の活躍シーン

ではこれらの機能がどのように活躍するのか僕自身の体験談を記しておきます。

①連射機能

何と言ってもFPSの単発撃ちがフルオートみたいになる事です!!これが連射機能の花形とも言えるシーンです。

単発でしか打つ事ができない武器があら不思議、なんとフルオートの武器と同等かそれ以上の性能に昇格して敵を制圧してくれます。

また単発の武器はフルオートの武器よりも威力が高い傾向にあるので相手よりも高いアドバンテージが得られます。デメリットとして、任意のタイミングでは無くテンプレート(決められた秒間隔)なので、近距離などの戦闘に用いる場合、落ち着いて対処する事が必要になってきますので、ケースバイケースで使用する事が求められます。

②ターゲットボタン

僕は元々ハイセンシ(高感度)でアナログスティックを使用していました。

なので、遠くの敵を完璧に捕捉するためにはなんとも嬉しい機能でした。しかし、PSのFPSゲームではエイムアシストの強い事が多いいので、そこまで完璧に敵を捉える事は要求されません。

なので、ゲームが上手くなればなるほど腐ってしまう機能でもあるのかなと感じました。

③ボタンアサイン機能

確かにボタン配置を変える機能はPS本体にも付随していますが、本体付随の機能ではできない事が1つあり、コントローラー背面のターゲットボタンにボタンが配置できる事です。

このことにより、使えるボタンが1つ増えます。なので背面にはジャンプやスライディング・しゃがみなどの頻繁に使うボタンを配置する事が可能になります。

どうしても移動や視点を変えながら本体前面のボタンを押す事は難しいです。その為背面にボタンを配置していればこういった状況を避け上手く使う事ができるのです!

ホリパッドFPSプラス for PS4を使用するメリット

ここからはこのコントローラーを使用するメリットをお話していきます。

メリット①: なんといっても低価格帯

ゲームを頻繁に遊ぶ方にとってコントローラーは消耗品です。何度も購入することを考えるとなるべくコストは押さえておきたいですよね!

人によっては予備を揃える方もいると思います。本製品のように、基本パフォーマンスは変わらないのであれば、価格だけを見る事ができます。ならば価格帯が安いことは本製品において大きなメリットです。

メリット② : 優れた操作性に加えて、多彩な機能を持っている

上述した通り、本製品は使用者の思い描いているプレイをそのまま実現できる非常に高スペックなものとなっています。余分な機能の一切を無くし、使用者の意のままに動く様はまさに芸術の域です。

使える機能が多い(選択肢)が多い事はそれだけプレイの幅が広がるので、今のプレイに限界を感じている方や新鮮さを求めている方には理想的な選択肢の1つと言えるでしょう。

ホリパッドFPSプラスを使用するデメリット

次にデメリットについても触れておきます。

デメリット①:コントローラーにヘッドセット端子がない

これはPS4をプレイするプレイーヤーにとっては大変大きなデメリットになると言えます。

パーティチャットやオンラインチャットを利用する際にこの機能が無いと非常に困りますね。

PS4にはコントローラー以外にイヤホンジャックが無いのです。つまり、マイクとヘッドセットを別で接続しなければいけません。

対処法としては以下が挙げられます。

  1. テレビの端子を使用する
  2. USBポートで無理やり増設する
  3. USBで使用できるものを使う

デメリット②:ワイヤレスでは無い

ホリパッドはDUALSHOCKとは違い、有線接続です。

ケーブルは3mと長いですが、純正品と違いケーブルがある分、少し億劫を感じる事があるかもしれません。FPSにとって致命的となる遅延を最小限に抑えるためと考えて割り切って使いましょう。

デメリット③:高さ・奥行きがある

本製品は、純正品と比較するとやや大きめで手が小さい方には少し使いにくく感じるかもしれません。

僕は小学生レベルで手が小さいですが、慣れてしまえばこれほど使いやすいものはありませんでした!

また、純正品に付属している機器が搭載されていないことからも、製品自体は軽いので、長時間の使用でも問題なく使えます。

【まとめ】FPSプレイヤーには最適なコントローラー

今回は『ホリパッドFPSプラスfor PS4』を紹介してきました!最後に今回何を伝えたかったのか端的に記しておきます。

  • 基本的にはFPSやTPSゲーム向けのコントローラー
  • 本製品は沢山の機能がついているが、基本スペックは普通のコントローラー
  • 極める事ができれば最強のコントローラー

付随機能が多く純正より安い『ホリパッドFPSプラスfor PS4』もぜひ選択肢として考えてみてくださいね!

関連記事:PS4対応コントローラーのおすすめ5選を紹介するよ!

関連記事はこちら