Galaxy(ギャラクシー)S10はゲームに不向き!失敗しないスマホの選び方

GalaxyS10 アイキャッチ画像 ゲーム周辺機器

僕は頻繁にスマホでゲームをするのですが、最近になって買い替えた「GalaxyS10」が結構ストレスになるのでその点について書いていこうと思います。

GalaxyS10とはサムスンから発売されているギャラクシー最新機種(2019年現在)。

GalaxyS10

大きな特徴としてはベゼルレス(全面いっぱいに広がる画面)のデザインです。

一見すると画面が広くゲームもやりやすいと思ったのですが、このデザインが原因でゲームがやりにくくなりました。

ということで、この記事ではゲームをプレイする上でのGalaxyS10のデメリットをお話していきます。

関連記事:ゲーミングスマホのおすすめ機種一覧!価格・スペックから総合評価

ゲーミングスマホ アイキャッチ

【2019年版】ゲーミングスマホのおすすめ機種一覧!価格・スペックから総合評価

2019年5月27日

【結論】ベゼルレスにより誤操作を連発

真っ先に結論から言ってしまうと、GalaxyS10の特徴でもあるベゼルレスのデザインによってゲーム中の誤操作を連発してしまいます。

非常にやりにくい。

どういうことかと言うと、スマホ全面いっぱいに画面が広がっていることによって意図しないところで手の平が画面に触れてしまうんです。

GalaxyS10 誤操作

↑このように

こうなると本来タップしたはずの指にスマホが反応せず一気にミスに繋がってしまいます。

とくに画面を横にしてプレイするゲームは注意。

スマホのスペックとしては十分なので容量の重いゲームがプレイ出来る点は大きなメリットなのですが、一瞬の誤操作が命取りになるPUBGモバイルなどは細心の注意を払ってプレイする必要があります。

これは単純にストレスになりますので、GalaxyS10の大きなデメリットと言えますね。

ゲーム以外での使用は問題なく快適に使える

普通にスマホをスマホとして使う場合はとくに誤操作のストレスを感じずに問題なく使うことができます。

やはり両手を使った横持ちで誤操作を連発するので、片手持ちの通常使用であれば誤操作は発生しにくいです。

ただ、GalaxyS10でスマホそのものが結構大きいので手が小さい方は不向きかも。指を伸ばした際に手の平が画面に触れてしまう可能性はあるので、購入の際は実機を実際に触ってみることをおすすめします。

ゲーム目的ならベゼルのあるスマホを選ぼう

これらの理由から、ゲーム目的でスマホを買い換えるのであればベゼルレスはおすすめしません。スマートなデザインを失ったとしても、やはりベゼルのあるスマホを買いましょう。

ディスプレイ外に余白があることで誤操作はかなり軽減されますので、目的に合わせてスマホを選んでくださいね。

ゲームで遊ぶなら「ゲーミングスマホ」も非常におすすめ

ゲームが目的なのであれば「ゲーミングスマホ」に分類される機種を選ぶのも1つの作戦です。

ゲーミングスマホは基本的に高価なのですが、ゲームをプレイすることに特化して作られていますので使い心地は抜群です。

中でも以下の3機種が非常におすすめ。

ROG Phone ZS600KL┃Asus

スマホではあり得ない、、と感じてしまうほどの高スペックなゲーミングスマホ。

驚くべきスペックを見てみると、CPUはQualcomm Snapdragon 845 (オクタコアCPU / 2.96GHz)、RAMは8GB、ROMは512GB、電池容量は4,000mAh。

どの項目を見ても他のスマホの一歩先を行っているのが分かると思います。

高速なネットワーク通信が必要とされるオンラインゲームも難なくプレイ可能。

その分価格は10万円を超えてきますが、それを差し置いてもとにかく高性能なスマホでプレイしたい人にとてもおすすめ。

商品名価格CPURAMROM解像度電池量量画面サイズ
ROG Phone ZS600KL89,800円Snapdragon
845
8GB512GB2,160×1,0804,000mAh6.0インチ

Black Shark2┃Xiaomi

ROG Phoneと同様に、とんでもなく高スペックなスマートフォン。専用コントローラーありのゲームプレイに特化しています。

現状でRAMが12GBもあるスマホはこの機種以外ほとんどありません。

なんだかんだスマホでのゲームは操作性に難ありなので、コントローラーを接続できるのは非常に嬉しいポイントですね。

また、発熱によりアプリが落ちてしまわないように、自らを冷却するシステムも搭載。

想定外な事故も回避でき、とことんゲームに熱中できるスマホになっています。

商品名価格CPURAMROM解像度電池量量画面サイズ
Blak Shark2106,701円Snapdragon
855
12GB256GB2,340×1,0804,000mAh6.39インチ

Razer Phone2┃Razer

スピーカー配置にこだわり、さらに性能重視なら「Razer Phone2」が超おすすめ。価格も超スペックスマホの中では控えめです。

2017年に発売したモデルで、CPUはSnapdragon845、さらにオクタコア搭載でどんなに重いゲームであってもヌルヌル動きます。

カクつきが致命傷になるゲームをプレイしている方にはぜひ試してもらいたいモデル。

音質もとても良く、ダブルスピーカーなので立体感のあるBGMや効果音を楽しめます。

商品名価格CPURAMROM解像度電池量量画面サイズ
Razer Phone273,780円Snapdragon
845
8GB64GB2,560×1,4404,000mAh5.72インチ

【まとめ】Galaxy(ギャラクシー)S10は誤操作を起こしやすくゲームに不向き

実際にGalaxyS10を買って使ってみましたので、ゲームプレイにおけるデメリットをお話してきました。

ズバリ、GalaxyS10はゲームに不向き。

これは確実と言えます。

本気でゲームのためにスマホを買うのであれば、ゲーミングスマホの購入を強くおすすめします。

中でもこの3つは非常に高性能で快適にゲームをプレイすることができますので、ぜひお試しくださいね。

関連記事:ゲーミングスマホのおすすめ機種一覧!価格・スペックから総合評価

ゲーミングスマホ アイキャッチ

【2019年版】ゲーミングスマホのおすすめ機種一覧!価格・スペックから総合評価

2019年5月27日

関連記事はこちら