【マインクラフト】拠点となる3つの種類とその特徴を解説

マインクラフト




今回は拠点を作ることと、いろいろな道具の材料となる木を集めることについてお伝えします。

前回はただ草原にベッドを置いただけでしたが、これだとちょっと無防備すぎですよね。夜になってすぐに寝ればこれでもOKなのですが、遠出して夜に死んでしまった場合や、夜に戻ってきたときなど、寝ようと思ったところで敵に襲われてしまっては、怖い怖い死の連鎖が待っています。

ですので、屋内にベッドをセッティングしましょう。また、作業台やかまどなどの家具を置いたり、資源をたくさん採って貯めておくための倉庫としての役割も担います。


拠点となる3つの種類

ひとことに「拠点」といってもいくつかの種類があります。

ここでは私がパッと思い浮かべた3つの種類について説明していきますね!

 

自分で家を建てる


これが最も一般的な拠点となります。

木や石を使って「」を建てて拠点にします。マイクラ=建築 のようなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

それだけ一般的ですし、拠点として素晴らしいということです。

家を建てるメリット

  • センスがあればとてもカッコイイ家を建てることができる
  • 家の建築は楽しい!

家を建てるデメリット

  • センスが無い場合はダッサイ家になる。四角いだけの家は「豆腐」と比喩される
  • 木や石などの材料を大量に消費する
 

家を建てるコツを知りたい方はこちらも覗いてみてください。

マイクラ初心者必見!家をオシャレに建築する手順と神設計アプリの紹介

2016.05.28

洞窟を使う・掘る


こちらは即席に簡単に拠点を作りたい人に向いていますね。同様にメリットとデメリットを解説していきます。

洞窟を使う・掘るメリット

  • もともと存在する洞窟を使えば超カンタン
  • 掘る場合も特にセンスは要求されずカンタン
  • 掘れば土などの材料が手に入る

洞窟を使う・掘るデメリット

  • 岩や土がむき出しなので、全く見た目にこだわることはできない
 

村の建築物を乗っ取る


村に存在する既存の家を自分の拠点にしてしまうやり方。自分で何か作業をする必要はなく、この上なくお手軽です。

村の建築物を乗っ取るメリット

  • ザ・カンタン。家に押しかけてベッドを勝手に設置すれば終わり

村の建築物を乗っ取るデメリット

  • 村が見つからないとこの方法は使えない
  • 不法侵入への罪悪感を感じる
  • 村人も自由に家を出入りする。目覚めると知らない人と暮らしていることに気付く
 

とりあえずこんなところです。実際には家を建てて地下を掘るといった合わせ技なんかもできちゃいます。

 

拠点づくりの準備をしよう

では、拠点作りなどで使う道具を準備していきましょう。ここでは手間のかかる家の建築を前提として話しますね。

 

最低限必要になってくるのはドアです。木材6つでクラフトできます。


設置した向きで開く方向が変わりますので、気になる人は気にしましょう。マインクラフトの世界には木は6種類あります。それぞれ少しずつ色が違い、ドアの形状も違います。

おすすめは一番多く生えているオークですね。ドアも穴が開いていますので、外の様子がわかります。

ガラスブロックは、砂をかまどで精錬すると手に入ります。そのまま窓に使うこともできますし、ガラスブロック4つで板ガラスもクラフトできます。

ガラスは他のブロックと違って、壊すと無くなってしまうので注意しましょう。ちなみに丸石をかまどで精錬すると石になります。

 

木材や石、ガラスなどを使って、自分好みの拠点をたてておきましょう。大きな建物を建築するのもこのゲームの楽しみ方の一つです。

さっきもちらっと紹介しましたが家の建て方に困っている方はこちらの記事をご参照ください。

マイクラ初心者必見!家をオシャレに建築する手順と神設計アプリの紹介

2016.05.28


木の種類と林業に関して

先ほど木には種類があると話しましたが、ちょっとだけ深掘りしておきます。

マインクラフトには様々な種類のブロックがあり、それらを使って道具を作っていきます。素材となるブロックは貯めておく必要がありまり、丸石や砂はどこかで掘ってくればほぼ無限に貯めることができます。

原木もそうなのですが、自分で木を育てることができますので、紹介します。

木は全部で6種類。左から、オーク、白樺、アカシア、松、ダークオーク、ジャングルの木です。


木材の色も違うので置きました。

素材としての違いはドアの模様と色のみですが、育て方に違いがあります。

それぞれの木には幹と葉があって、幹の部分を壊すと原木が、葉の部分を壊すと稀に苗木が手に入ります。葉は、近くに幹がないと自然に壊れますので、原木のみオノで壊しましょう。

そのうち苗木が落ちてきます。この苗木を持って土の地面に向けて右クリックすると、植えることができます。植えた苗木は、しばらくすると育って普通の木になり、また原木をゲットすることができます。

 

ダークオークは、苗木を4本固めて植えないと育ちません。松とジャングルの木は4本固めて植えると大きな木が育ちます。

育てやすいのは白樺です。

伐採するとき、地面から2,3マスの高さの幹を壊して1段目に乗り上の幹を壊していくと、高くてとどかないということがありません。オークはたまに高すぎる木が育ってしまうので、苗の高さを1としたとき、高さ8のところにブロックをおいておくと育てやすいそうです。

 

アカシアは斜めに育ちますので厄介です。

苗木を1本で植えるときは、周囲3マスの間隔をとりましょう。松、ダークオーク・ジャングルの木は、周囲5マスの間隔をとり、苗木4本で植えましょう。伐採は、螺旋状に登りながら伐採して、最後に残ったところを伐ると効率的です。

おすすめは、1本植えなら白樺、4本植えなら松orジャングルの木でしょうか。

 

まとめ

今回は、拠点を建てることと林業についてお伝えしました。ゲームが始まった地点には他のところとは違う性質がありますので、とりあえずの第一拠点を建てておくことをおすすめします。

最低でもベッド1つは置いておきましょう。

原木は、多くの道具の材料になります。どの種類でもいいので少なくともは1スタック(64個です)常に持っているようにしましょう。丸石や砂も、ある程度常備しておくといいですよ。

次回は、農業と酪農についてまとめる予定です。

【マインクラフト】畑・牧場の作り方とこれらを作るメリット

2017.02.19
Sponsored Link


関連記事はこちら

いまオススメのゲームアプリも紹介してます

僕の大好きなアクション・RPGのアプリを一挙紹介しています。おもしろいアプリを探している方はぜひダウンロードして遊んでみてください!