【マインクラフト】TNTキャノンの作り方とその威力を検証!

マインクラフト

こんにちは!

最近マイクラで『TNTキャノン』という面白そうなものを耳にしたので、作り方を調べて実際にやってみました。

作り方を見た際にTNTを結構大量に使うことがわかったのでクリエイティブで実践。

 

順を追って書いていくので、面白そうだと思ったらぜひやってみてください!

TNTキャノンとは?

TNTキャノンは、マインクラフトの世界にある爆弾のように爆発するアイテム「TNT」を装置を用いて遠くまで吹っ飛ばす装置です。

もちろん吹っ飛んで爆発までするので本当にキャノンのようで面白いですよ。

冒頭でも書きましたが、TNTキャノンはTNTを大量に使うので火薬不足になると思われるので、クリエイティブで遊ぶことをおすすめします!

では作り方を見ていきましょう。

TNTキャノンの作り方

作り方は簡単です。

まずは横10ブロック、縦3ブロックのコの字型に丸石で土台を作ります。


 

次に画像で見て手前側に水源を作って水を流します。


 

そうすると出口の部分が1ブロック分水が届いていないと思うので、そのスペースにハーフブロックを下付きにして設置。


 

ここまで出来たら、最初に作った土台の片側と真ん中の1カ所を1段さらに積みます。


 

そしてレッドストーン回路を組んでいきます。

低い方の土台全てと、高い方の土台は7ブロック分の残してレッドストーンを引きましょう。画像を参考にしてください。


 

レッドストーンを置かなかった場所に、レッドストーンリピーターを設置。

水源側から置いていきましょう。


レッドストーンリピーターは2本の棒があるのですが、3回右クリックすることでいちばん距離が離れた状態にしてください。

こんな感じですね。


 

もうちょっとで完成です。

キャノンを発射させるスイッチを設置しましょう。

ちょっと見づらいですが、装置後方の真ん中にスイッチを置きます。


これでキャノン砲自体は完成!!

 

あとは弾を装填します。

まずTNT1個をハーフブロックの上に設置。


ハーフブロックから浮いているような感じになります。

 

次はTNTで水をせき止めるように、水源以外に置きます。


この時に絶対に水源にTNTを置かないでください。

水が無くなると発射の際にこのキャノン砲ごと全て吹き飛びます。笑

 

これで発射準備まで完了です!

スイッチを押してぶっ放してみましょう!

TNTキャノンを撃って威力を確認

それでは発射します!

3・2・1・ぽちっとな。



発射!!

画像ではキャノン砲ごと爆破したかに見えますが無事です。

 

着弾した場所を見に行ってみましょう。

きっと威力絶大です。








はい、想像よりも遥かにしょぼい。笑

 

まあ、あんなにTNTをセットしても飛んでいくのは1個だけなので爆発の威力はTNT1個分。

TNTキャノン

という超強そうな名前に騙されてはいけないことが分かりましたね。

 

 

なんか納得いかなかったので、着弾した場所にTNTを敷き詰めてみました。


よし、もう1発いくぜ。

 

発射!!

 


おお!!

 


おおお~~!!

 

これぞ求めていた威力!


もはやTNTキャノンとは全く関係ない威力検証になってしまいましたが、着弾地点にTNTを50個くらい仕掛けて満足できました。笑

 

この作り方は真っすぐ飛ばないことも多い

今回は真っすぐ飛んだものだけで見てきましたが、実は半分くらいの確率で全く違う方向に飛んで行ってしまうものもありました。

その場合は真っすぐ飛んだ時よりも遥かに飛距離が出るのですが、斜め上方向に発射されて行方を追うことができませんでした。

遠くまで調べても爆発した形跡は無かったのでおそらく空中で爆発して消えてのではないかと思います。

 

また、TNTはあくまでも時間で爆発するので的を近くに置いてもぶつかって落ちて数秒後に爆発となるのであんまり面白くありませんでした。笑

作り方自体は簡単なので、ぜひ遊んでみてくださいね!

 

>>自動装置一覧へ戻る

 







関連記事はこちら