【マインクラフト】初期スポーン地点の考え方&活用方法を知っておこう!

マインクラフト

こんにちは!

マインクラフトではワールド作成時に最初にプレイヤーが降り立つ位置を初期スポーン地点と呼びます。

コンパスが指し示す場所であり、絶対座標としてとても便利な存在です。ベッドで寝ればスポーン地点は変更されますが、初期スポーン地点は変わりません。

今回はそんな初期スポーン地点の考え方や活用方法についてご説明します!

初期スポーン地点の有効活用法!

ではさっそく初期スポーン地点の活用法をいくつか見ていきましょう。

あなたのワールドの地形に合わせた活用をしてみてください。

初期スポーン地点を元に地図を作る

初期スポーン地点を主な拠点にすることで、コンパスで必ず帰ってこられるようになります。地図を拡張して額縁で飾ればかなり広い範囲の地図を作ることが出来ます。


初期スポーン地点を特に活用しなかったり、気にされない方の多くは近くに何もないというイメージがあるからではないでしょうか。近くに村や廃坑など何らかの資源か便利なものがある場所を拠点とする方も多いでしょう。

しかし、初期スポーン地点の周辺を開拓することで資源に関する問題はすぐに解決します。

周りが海で小さい島であった場合は別ですが、ある程度陸地があれば地下資源も含めて初期スポーン地点で大体のものが揃います。

施設を作る

まずは初期スポーン地点に施設を作ってみましょう!


材料は土ですが建物になるように作り進めます。

 

 

そしてマグマが手に入っていればネザーゲートも作りましょう。2マス水を入れて溶岩を入れます。


 

この繰り返しでネザーゲートを作ります。


段差なども重ねることで作れます。慣れればそんなに難しくないので頑張って作ってみましょう。

 


家の中に設置することも可能です。作成したら火打石でゲートを開いておきます。これで初期スポーン地点でネザーに行けるようになりました。

【マインクラフト】ダイヤ無しでネザーゲートを作る方法

2017年12月8日

牧場や畑を作る


次に屋上に牧場を作ることにします。アイテムを拾う手間などを省けるように少し工夫します。

 

私がやってみたのは以下の通り。


中央のチェストに集まるようにホッパーを設置します。最初は鉄がないと思いますので、屋上に牧場と畑を作るだけで十分です。

 


その上にパワードレールを設置して、ホッパー付きトロッコを設置します。

 


その上に土を引いて牧場や畑にすれば、羊毛や皮、食料に困らなくなります。
サトウキビを水の最前列にして、その後ろに種を蒔いてあります。
小麦があれば牛さんと羊さんが増やせるので、なるべく早い段階で牧場や畑は作りたいですね。

牧場と畑については家の屋根でなくても大丈夫です。初期スポーン地点の近くにより大きなサイズで作る方が効率はアップします。

サトウキビについても水辺にどんどん植えて、伸びたら隣に植えるのを繰り返せば紙には困らなくなります。


ホッパーの上のホッパー付きトロッコはその上の土にドロップしたアイテムを下のチェストまで移動します。小麦で増やしたら倒すだけで自動的に集められる仕組みになります。

レッドストーン装置を使ってそれぞれ自動化すればほぼ無限に紙や食料が手に入れられるので、そのための基盤づくりにもなってます。

 

それと、湧き潰しもしっかりしましょう。


しっかりと沸き潰しをすれば敵も来ないので安心です。それでも心配な方は家の周りの沸き潰しをして、さらに柵を付けても良いでしょう。

ブランチマイニング場を作る


次に室内から行けるブランチマイニング場を作ります。5ブロック下がるごとに看板で目印を付けて、松明をふんだんに使って沸き潰しをしましょう。

 


このマップだと-55の位置で岩盤が見えて来ました。この高さをブランチマイニングの起点とします。初期スポーン地点から1本道ですぐにしたまでこれるマイニング場が出来ました。

【マインクラフト】鉄やダイヤが欲しい!ブランチマイニングの効果的な方法

2017年9月18日

 

それと、ブランチマイニング場を初期スポーン地点に作る最大の利点、それは溶岩の採取です。


溶岩があればかまどの燃料に困ることはありません。バケツを作れば、いつでも燃料補給が出来ます。溶岩バケツは精錬速度も速いですし、原木、木炭、石炭などの節約になるのでものすごくおすすめです。

【マインクラフト】燃料不足解消!バケツとかまどの有効活用方法を解説!

2017年9月27日

植林する


溶岩によって燃料には困りませんが、他の場所で原木を採取して、苗木を集めます。集めた苗木は初期スポーン地点の近くに植林しておきます。

 


木が増えたら全部一度に伐採せず、必要な分だけ材木にして苗木を再度植えるようにすれば原木に困ることはありません。

まとめ

初期スポーン地点はコンパスが指し示す座標です。どこかで迷子になっても絶対に戻れる場所なのでマインクラフトではとても重要になります。

慣れてくれば別の場所にベットを置いて拠点とするのもありですが、土台を築くまでは初期スポーン地点を拠点したほうが何かと安心です。

牧場で羊毛・皮や肉、畑で小麦とサトウキビ、ネザーゲートがあればネザーでしか手に入らないものが集められますし、ブランチマイニング場があれば鉱石類には困らず、同時に燃料としての溶岩も手に入ります。そして原木を周りに植林すれば、冒険を拡大するための要素はほぼ揃っていると言っても良いでしょう。

 

鉱石と木材があれば装備は一式作れます。食料や燃料に困らなければ木材もそこまでたくさん必要ではありません。

サバイバルモードで難易度をピース以外にしておけば敵からのドロップアイテムも手に入ります。この状態で出来ないことはエンチャントやポーションが作れないこと、あとは村人がいない分交易が出来ないくらいでしょうか。

初期スポーン地点は何もないイメージですが、少し工夫することでマインクラフトを長く遊ぶための土台が作りやすいです。

拠点やお家を作る場所に悩まれている方のお役に立てれば幸いです。

ではでは!

Sponsored Link


Sponsored Link


関連記事はこちら