【安い】PS4対応コントローラー「VOVAQI」の使い心地を徹底評価

VOVAQI アイキャッチ ゲーム周辺機器
るつぼくん
PS4対応の安いワイヤレスコントローラーが知りたい!

そんな人におすすめなのが、非純正“VOVAQI PS4コントローラー DUALSHOCK”です。

僕自身PS4を購入してから使用していた純正のコントローラーが壊れてしまい、新しいコントローラーを探していた中で今回ご紹介するVOVAQIの非純正コントローラーが非常に安く購入。

この記事では、VOVAQIの非純正コントローラーの基本的な性能から、評価やレビュー、純正のコントローラーやその他のメーカーのコントローラーとの比較などについて細かく解説しています!

純正のコントローラーの値段が高く感じていて、かつ安いコントローラーを探している方はぜひこの記事を参考に検討してみてください!

VOVAQIの非純正コントローラーの基本情報

VOVAQI
モデル接続形式重量メーカー価格
VOVAQI PS4コントローラー DUALSHOCK有線 & ワイヤレス約300gVOVAQI3,999円

こちらが、VOVAQIのPS4のコントローラーの基本情報になります。

PS4純正のコントローラーと同じくワイヤレス対応のコントローラーとなっており、かつ有線コードを使用し充電しながらのゲームプレイも可能です。

有線でもワイヤレスでもどちらでも使えるコントローラーは非常に使い勝手がよくおすすめ。

VOVAQI

他のメーカーの非純正コントローラーは有線のみのコントローラーも多いため、非純正コントローラーでワイヤレス接続を求めている人には良い選択肢になるでしょう。

純正のコントローラーよりも価格が安いのですが、実際に使用していて安価の割に大きな差を感じたことがないので、コスパを重視したい人にもおすすめです。

ただ、動きの激しいFPSのゲームでは一部プレイヤーからボタンやスティックなどの反応が遅いという意見もあります。

僕はFPSをやらないので一切問題なく使用できていますが、もしFPSのためにコントローラーを買い換えようと考えている方は他のモデルを検討したほうが良いかもしれません。

VOVAQIの非純正コントローラーの外観・ボタンの配置

次にこのコントローラーの外観を見ていきましょう。

VOVAQIVOVAQI

こちらがコントローラーの外観です。

VOVAQIは純正のコントローラーと比べると、色合いやボタンのデザインの違いなど細かい違いはありますが、ボタンの配置や操作性の部分では純正と殆ど配置が同じであることが分かります。

純正とボタンの配置が少しでも変わってしまうと慣れるまでに苦労してしまうことが考えられますが、VOVAQIのコントローラーはボタン配置が全く同じなので今まで通りの使用感で違和感なく使用できます。

また振動についてですが、振動は純正のコントローラーに比べると振幅が少し大きく感じます。

唯一の違いは十字キーが一体になっていること

ボタン配置は純正コントローラーと同じだというお話しをしましたが、細かく言えば一点だけ異なる部分があります。

それは十字キーの構造です。

VOVAQI

コントローラー左側の方向ボタン(十字キー)ですが、純正コントローラーは上・下・右・左のボタンがそれぞれ分かれているのに対して、VOVAQIの非純正コントローラーは全ての方向ボタンが一体のボタンとなっています。

大きな差が出るわけではありませんが、気になる人は気になる部分かと思いますので参考程度で覚えておいていただけたらと思います。

VOVAQIの非純正コントローラーの操作性

このコントローラーを実際に使用してきて感じた操作性について解説していきます。

結論としては、使用感や操作性について違和感を感じたことはないですし、やりにくさを感じたことはありません。グリップ力もしっかりしていて手からズレることもありません。

VOVAQI

ですが、アナログパッドの反応スピードなどが多少純正に劣るため、やはり「FPSのようなゲーム」には少し不向きなコントローラーと言えます。

僕のようにテイルズシリーズなどのRPGのゲームや、ホライゾンなどの1人でプレイするようなゲームを好まれる方には問題なく仕様が可能です。

ただ、耐久面において安価なこともあり気になることも。

VOVAQIの非純正コントローラーを購入して1年程で、R2ボタンにあたる部分が押す度に「キィキィ」と音が出るようになってしまいました。

今のところ音だけで操作性には問題なく、ボタンもしっかり反応していますが今後不具合が起こる可能性はアリです。購入から1年くらいで不調が現れるかも、くらいの認識を持っておくとよいですね。

VOVAQIコントローラーと純正コントローラーの性能比較

モデル接続形式重量バッテリー駆動時間バッテリー容量価格
VOVAQI PS4コントローラー DUALSHOCK有線 & ワイヤレス300g約8~10時間600mAh3,999円
DUALSHOCK4
(純正コントローラー)
有線 & ワイヤレス210g約10~12時間1,000mAh8,800円

VOVAQI の非純正コントローラーと純正コントローラ(DUALSHOCK4)ーを比較してみると、上記内容のスペックの違いがありました。

重量は純正より重く長時間プレイに向かない

重量はVOVAQIの方が純正コントローラーよりも90g重いので、やはり持った際には少し重量感を感じます。

ですので長い時間続けて使用する場合は純正コントローラーの方が負担が少なくて済みます。

バッテリー持続時間はDUALSHOCK4が長い

バッテリー容量に関しても純正コントローラーの方が400mAh程大きくなっており、持続時間にして2~4時間ほどの差が生まれます。

また純正のコントローラーは最大で17時間も充電が持ったという口コミもあり、バッテリー駆動時間に関しては圧倒的に純正のコントローラーの方が優れていると言い切れます。

とは言えどちらのコントローラーも充電しながらのプレイが可能のため、気にしすぎるほどの差ではないことも確かですね。

価格はDUALSHOCK4の半額以下でコスパ良し

価格面ではVOVAQIの非純正コントローラーは、純正品のDUALSHOCK4と比べるとほぼ半額以下。そのため、コスパに関してはVOVAQIの非純正コントローラーの方が非常におすすめ。

安いワイヤレスコントローラーを探している場合は十分選択肢の1つになるでしょう。

以下コントローラーなどとも比較してみてください。

関連記事:ワイヤードコントローラーライト for PS4を使い倒してみた!

操作性はFPSをやるか否かで評価が分かれる

操作性に関して、VOVAQIはアナログパッドの反応が純正コントローラーよりも少し遅く、速い反応が求められるFPSなどの対戦ゲームにには少し不向きです。

FPSをプレイする場合はこのコントローラーではないものを選びましょう。FPS向けのコントローラーは以下の記事で紹介しています。

関連記事:【FPSに最適】PS4対応コントローラーのおすすめ5選を紹介するよ!

耐久面はDUALSHOCK4に軍配が上がる

耐久性の面では、純正コントローラーであるDUALSHOCK4軍配上がるという結論になります。

あくまで僕の場合ですが、DUALSHOCK4は購入から5年ほど何も問題なく使えていましたが非純正のVOVAQIは約1年ほどで異音を発するようになりました。

とは言えしっかりボタンは反応しているのでまだまだ現役ですが、さすがにDUALSHOCK4の5年は超えないだろうなという印象です。

ただ、製品のレビューを見る限り同じような症状が出ている人はいないので、多少の個体差があるものと考えられます。購入する際は異音を発する可能性があることを覚えておいていただけたらと思います。

他のメーカーの非純正コントローラーとも比較してみた

モデル接続形式重量バッテリー駆動時間バッテリー容量価格
VOVAQI PS4コントローラー DUALSHOCK有線 & ワイヤレス300g約8~10時間600mAh3,999円
ホリパッドFPSプラス有線322g5,038円
ワイヤードコントローラーミニ有線210g2,728円

まず、VOVAQIのコントローラーとホリパッドFPSプラス(HORI)のコントローラーを比較してみましたが、接続形式が異なります。

VOVAQIのコントローラーはワイヤレス対応となっていますが、HORIのコントローラーは有線のみ。

そのため、ホリパッドFPSプラスはバッテリーという概念がないため、バッテリーの駆動時間を気にする必要がありません。

また、ホリパッドFPSプラスは有線のため遅延がなくFPSのプレイには最適です。今回紹介したVOVAQIはFPSに向かないため、FPSをメインでプレイする方はホリパッドFPSプラスをおすすめします。

レビュー記事を書いていますので参考にしてみてください。

関連記事:【連射機能あり/PS4】FPS特化コントローラー「ホリパッドFPSプラス」徹底評価

次に、VOVAQIのコントローラーとサイバーガジェットのコントローラーを比較します。

サイバーガジェットも有線のみのコントローラーとなっており、バッテリー容量などを気にする必要がありません。

他の非純正コントローラーに比べると、小型のコントローラーであり重量も210gとなっており、純正のコントローラーと同じ重さとなっています。

値段は一番安く、2,728円。

安いコントローラーのため当たり外れがあるようで、すぐに故障してしまう場合もあります。

3つのメーカーの非純正コントローラーを比較しましたが、FPSをガッツリやるのであればホリパッドFPSプラス。そうでなければVOVAQIのコントローラーがコスパよくおすすめです。

VOVAQI の非純正コントローラー評価・レビューのまとめ

VOVAQIの非純正コントローラーについて、レビューを書いてきました。以下で、内容について簡単にまとめさせて頂きます。

  1. 価格が非常に安価である
  2. バッテリー駆動時間は約8~10時間程度である
  3. 純正コントローラーに比べると、耐久性に少し問題がある
  4. 操作性には大きな違いはないが、アナログパッドの反応などが少し遅い傾向にある
  5. コントローラーの重量が少し重い

簡単にまとめると、上記のような感じになります。

購入して1年程でR2ボタンを押すと異音を発するようになってしまいましたが、操作性には問題なく基本的には満足しています。

やはり価格が安くコスパ良い点が高評価ポイント。

純正コントローラーのDUALSHOCK4は価格が9,000円近く高価ですが、VOVAQIは約半額。

PS4対応の安いコントローラーを探している場合はぜひこのVOVAQIコントローラーもお試しください!

関連記事:【2021年版】PS4に最適なコントローラーのおすすめ10選+α