【レビュー/評価】スマホ充電アダプタ『PowerPort Atom PD1』を全力おすすめする理由【ANKER】

PowerPort Atom PD1 ゲーム周辺機器

先日スマホを買い換えたついでに充電アダプタも新規のものに新調し、ANKER(アンカー)から販売されている「PowerPort Atom PD1」を使い始めました。

で、これが非常に使い勝手が良い!

ということで、スマホの充電器選びに迷っているあなたに「PowerPort Atom PD1」のおすすめポイントを一挙お話していきます!

ぜひ参考にしてみてください。

充電アダプタ「PowerPort Atom PD1」の概要

今回紹介する充電アダプタの概要(スペック)は以下の通りです。

商品名PowerPort Atom PD1
サイズ約35mm × 41mm × 55mm
重量約53g
入力100-240V ~ 1.2A 50~60Hz
出力5V=3A / 9V=3A / 15V=2A / 20V=1.5A (最大30W)

充電器としての性能もさることながら、非常にコンパクトでありかつ軽量なので荷物としてスペースをとることもありません。

また、価格も3,000円ほどとお手軽で、急速充電にも対応しています。

スマホの種類によっては充電器が付属していないこともあるので、そんな場合にはこのPowerPort Atom PD1はとてもおすすめです。

PowerPort Atom PD1の3つのメリット

PowerPort Atom PD1を使うメリットをお話していきます!

僕が思うメリットは以下3点。

  1. 急速充電に対応し、スマホを即充電可能
  2. MacBookも問題なく充電可能
  3. 非常にコンパクト&軽量

1つずつ詳しく解説しますね。

メリット①:急速充電に対応し、スマホを即充電可能

僕がこの充電アダプタを使っている理由にもなるのですが、PowerPort Atom PD1は急速充電に対応しているためスマホの充電が本当に速いのです!

現在スマホはGalaxyS10を使っているのですが、1時間30分ほどでフル充電可能。

GalaxyS10はバッテリー容量が3,300mAhなので、これよりも少ないiPhoneなどであれば更に急速に充電が完了することが予測できます。

もし夜にスマホの充電を忘れてしまっても、起きてから出かける準備をしている間にほぼ充電が完了するので非常に助かっています。

メリット②:MacBookも問題なく充電可能

PowerPort Atom PD1はスマホだけでなくMacBookも充電できます。MacBook専用の充電アダプタに比べると速度は落ちてしまいますが、それでもストレスのない程度の速度で充電可能。

MacBook専用の充電器は非常に大きくて重いので、僕はPowerPort Atom PD1だけを持ち歩いてスマホもmacもこれ1つで充電しています。

荷物がかなりコンパクトになり、かつ軽くなるので非常におすすめ。

メリット③:非常にコンパクトで軽い!

上でも触れたように、非常にコンパクトで軽いこともPowerPort Atom PD1の魅力です。MacBookの充電器と比較するとその差は歴然。

充電アダプタPowerPort Atom PD1MacBook専用
サイズ約35mm × 41mm × 55mm約75mm × 75mm × 29mm
重量約53g約96.5g

持ち運びがとても簡単で、荷物が重くなることもありません。

できるだけ荷物を少なくしたい人はPowerPort Atom PD1を1つ持っていればPCもスマホも充電可能なので、余分な労力を使わずに済みますよ。

PowerPort Atom PD1の2つのデメリット

続いて、PowerPort Atom PD1のデメリットです。こちらは2つ。

  1. ケーブルは別売り
  2. プラグが収納できない

デメリット①:ケーブルは別売り

充電アダプタとスマホを繋ぐケーブルは別売りとなっています。PowerPort Atom PD1側の端子はtype-CのUSBケーブルなので、購入時に間違わないように注意してください。

PowerPort Atom PD1

デメリット②:プラグが収納できない

PowerPort Atom PD1のプラグは折り畳んで収納することができません。なので間違えて踏みつけたりすると非常に危険。

PowerPort Atom PD1

使わない時は決して床に放置せず、自分で決めた場所にしっかりしまうようにしてください。

【検証】何分でスマホをフル充電できる?実験してみた

PowerPort Atom PD1を使って、急速充電がどれほどのものか検証してみました。

デバイスはGalaxyS10を使用。バッテリー容量は3,300mAhです。

バッテリー残量が10%の時点で充電開始。

PowerPort Atom PD1

充電完了まで「1時間32分」の表示。この時点の時間は5:39ですね。

 

で、次にほぼフル充電となった96%の状態の時間を見てみましょう。

PowerPort Atom PD1

充電完了まで「10分」の表示で、時間は7:13です。

ほぼ最初の表示通り、1時間30分くらいでここまで充電できた結果になりました。これだけ速ければ急ぎの時でもある程度までは充電可能なのでとても助かりますね。

このサイズでこれだけの性能なので、個人的に非常に気に入っている充電アダプタです。

【まとめ】PowerPort Atom PD1は速くてコンパクトの万能充電アダプタ

スマホやPCを充電可能なアダプタ「PowerPort Atom PD1」について紹介してきました。

内容をざっくりまとめると、

  • スマホを1時間30分で充電可能
  • MacBookも充電できる
  • コンパクトで軽いので持ち運びにも便利

となります!

本当に使い勝手が良いので、充電アダプタに迷ったらぜひ手にとってみてください!

関連記事はこちら