【2019年版】ゲーミングチェアのおすすめ13選を紹介【安い&快適】

ゲーミングチェア アイキャッチ ゲーム周辺機器

るつぼくん
長時間座っても疲れないゲーミングチェアを教えて!

そんな要望を解決します!

✓本記事の内容

ゲーミングチェアの選び方や、オススメのものを紹介・解説しています


先日、休みの日に15時間ぶっ通しでモンハンをやっていて思いました。

座り続けるってめちゃくちゃ疲れる・・!!

 

実は座ることは身体(とくに腰)にとても負荷が掛かっているんですよね。そりゃ疲れるわけです。

ということで、今回の記事では長時間座り続けても疲れにくく、なおかつ低価格なゲーミングチェアまでを幅広く紹介していきます!

最適なゲーミングチェアを使うことで座り続ける疲れはかなり解消されます。

るつぼくん
椅子選びはとっても大事だゾ!


 

そもそも:ゲーミングチェアとは?オフィスチェアとの違い

ゲーミングチェア イメージ
そもそもゲーミングチェアとはどういった椅子なのかという説明をしますが、前提としてもちろんゲーミングチェアだからゲームに勝てるようになるものではありません。

オフィスチェアでも、むしろ座らなくても、ゲームの腕前は変わりません。

 

ではゲーミングチェアのメリットは何かと言いますと、長時間座りっぱなしでも疲れにくく、なおかつ楽な姿勢を保てるのでキーボードやマウス、コントローラーの操作性向上にも繋がります

ゲーマーであればこの重要性が分かるはず。

 

オフィスチェアでもいいじゃん、と思った方はその通りで、ゲーミングチェアとの明確な定義の差はありません。

とにかく座りやすく疲れないのがゲーミングチェアなのです。

ゲーミングチェアはどう選ぶ?選ぶ基準を知ろう

お金
ゲーミングチェアと一括りに言っても、ネットで調べるだけで非常に多くのモデルがあり選び方に迷ってしまいがち。

なので、あなたが何を求めてゲーミングチェアを探しているのかを明確にして、選ぶ基準を定めていきましょう。

基本的にゲーミングチェアを選ぶ基準としては、
  • 座り心地で選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 素材で選ぶ
  • 価格で選ぶ
これらを基準としていきます。

もう少し詳しくお話しますね。

座り心地で選ぶ

ゲーミングチェアはスタイリッシュでカッコいい形状のものが多いので、形を基準に選ぶのも1つの選択です。

もちろん形状はカッコよさだけではなく、体へかかる負担の軽減にも大きな差が出てきますのでじっくり見ていきたいところ。

長時間座ることになるゲーミングチェアは座り心地で選ぶことが最大のポイントになるので、時間に余裕があれば実際にお店に行って座ってみることをおすすめします。

機能で選ぶ

座り心地に付随するところでもありますが、ゲーミングチェアの機能もしっかり見て選んでいきましょう。

具体的にどういうところを見るべきかと言うと、
  • リクライニングはどれくらい倒せるのか
  • アームレストの高さ調整はできるのか
  • アームレストを外すことはできるのか
主にこういった機能を確認しましょう。

ゲーミングチェアは背もたれを180度にまで倒せるものも多く、疲れた際にその場で横になりたい人や、寝た姿勢でゲームをやりたい人はリクライニングを要チェック。

 

また、アームレスト(肘置き)の有無は個人の好みによって分かれるので、高さの調整可能範囲に加えて取り外し可能かどうかも確認しておくことをおすすめします。

僕の場合、ゲームやPCをいじる時はアームレスト不要ですが休憩中は肘を置きたくなるので、調整や取り外しは必須。

あなたも自分の好みに合わせてアームレストにはこだわってみましょう。

素材で選ぶ

ゲーミングチェアにもいろいろな素材のものが存在します。

例えば合成革で作られたレザータイプ。

レザータイプは見た目の高級感がありテンション上がりますが、安いものだと通気性が悪く長時間座っていると背中が蒸れたりします。

通気性の良いレザータイプのゲーミングチェアもありますが、かなり高価です。

 

また、マイクロファイバーなどで作られた布地タイプのゲーミングチェアもあります。個人的にはレザーよりも布地のほうがおすすめ。

布地のものは通気性が良く、夏に長時間座っていてもお尻の下や背中が蒸れにくいメリットがあります。

さらにメッシュのものはより通気性に富んでいますので蒸れが嫌いな方はぜひ。

ただ、布地のゲーミングチェアは耐久性に劣りますので、長く使いたいなら大事に丁寧に使いましょうね。

 

正直素材の好みは人それぞれ異なるためズバリこれがいいと言うことはできませんので、実際に座ってみてしっくりくるものを購入することをおすすめします。

価格で選ぶ

一括りにゲーミングチェアと言っても価格帯はバラバラ。

なので、あなたの予算に合うものを見つけましょう。基本的にオフィスチェアよりは高く、2万円~5万円と考えておいてください。

もちろん高価な方が座り心地から通気性、耐久性まで優れてきます。

「座り心地・機能」で選ぶ人におすすめのゲーミングチェア

E-WIN ゲーミングチェア CL-BG1C【27,000円】

ゲーミングチェア CL-BG1C
背もたれ幅 54cm
奥行 56cm
背もたれ高さ 84cm
座面高さ 42cm ~ 50cm
本体重量 25.4kg
長時間座って作業していても疲れないと評判のゲーミングチェア。

最大155度まで8段階のリクライニングが可能で、背もたれを自分にピッタリの角度を細かく調整することができます。

また15度のロッキングもありますので、寄りかかった時のクッション性もとても気持ち良くリラックスできるのもポイント。

 

27,000円という定価の割に50,000円台のゲーミングチェアとそこまで変わらない座り心地を実現していますので、とくに初めてゲーミングチェアを買う人にはおすすめです。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓5万円のものと比べても遜色なし!

✓初めてのゲーミングチェアとしては十分すぎる

✓25kgという重さは持ち運びに堪える

参照:https://www.amazon.co.jp

GTRACING ゲーミングチェア GT007【17,800円】

ゲーミングチェア GT007
サイズ幅 67,31cm
奥行 57,15cm
高さ 120.65cm ~ 132.08cm
本体重量 24.18kg
座面は高反発のウレタン素材を使用し、長時間座っていても疲れを感じにくいのが大きな特徴のゲーミングチェアです。

リクライニングは最大170度まで背もたれを倒すことができ、ちょっとした仮眠にも最適な角度を実現。
また、金属のガスシリンダーを使っているのでバツグンの耐久性を誇り、長期間使い続けられることも魅力の1つとです。

 

注意点としては他のゲーミングチェアと比べると少し座面が小さめなので、体格の良い男性は実際に座ってみてから購入することをおすすめします。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓座面が自動車のシートより小さいので大きい人は注意!

✓使いやすいけど組み立てがちょっと大変だった

✓体重100kg越えたけど壊れることなく使えています!

参照:https://www.amazon.co.jp

GTRACING ゲーミングチェア GT002【17,800円】

ゲーミングチェア GT002
サイズ幅 67,31cm
奥行 57,15cm
高さ 120.65cm ~ 132.08cm
本体重量 24.18kg
一見硬そうな材質に見えますが実際に座ってみると身体を包み込むような豊漁力がたまらにゲーミングチェア。クッション性に優れたポリウレタン素材を使っているので、疲れにくくソフトな座り心地を体験できます。
背もたれのリクライニングは165度まで調整可能。

もちろんアームレストは上下の調節ができ、ヘッドレストやランバーサポートも搭載しています。

 

そして何より見た目がコックピットのようでゲームや仕事に対するモチベーション向上に繋がること間違いなし!

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓コスパがいい。想像以上のゲーミングチェア

✓部屋がワンランク上がった感じがする!

✓腰痛持ちにも最適!

参照:https://www.amazon.co.jp

AKRACING ゲーミングチェア NITRO-BLUE【42,800円】

ゲーミングチェア NITRO-BLUE
背もたれ幅 54cm
奥行 56cm
高さ 92cm
座面下高さ 33~40cm
重量 28kg
多くのゲーマーに幅広く愛されているゲーミングチェアです。

ゲーミングチェア製造の大手AKRACING(エーケーレーシング) が販売しているチェアで、人間工学に基づいた設計、形状が魅力。

180度のリクライニングをはじめ、ロッキング機能、上下調節可能なアームレストと座り心地は申し分ありません。

 

正直少し値段は高いですが買ってよかったと言う声も非常に多く、たくさんの人が疲れにくさを実感しています。

またキャスターには床を傷付けにくいポリウレタン製なので、安心してフローリングでも使用できます。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓今まで座っていた椅子に比べてとても快適

✓僕のお尻もこのゲーミングチェアを気に入っている

✓2年半で破損。ものによって質に差がありそう

参照:https://www.amazon.co.jp

AKRACING ゲーミングチェア PRO-X【52,800円】

ゲーミングチェア PRO-X
背もたれ幅 55cm
奥行 55cm
高さ 92cm
座面下高さ 33~40cm
重量 28kg
こちらはゲーマーの中でもさらに長時間座り続けるようなアスリートゲーマーにオススメしたいゲーミングチェアです。

アームレストの位置を自由にカスタムできる4Dアジャスタブルアームレストをはじめ、最大180度のリクライニングと12度のロッキング機能、また頭を支えるヘッドレストやランバーサポートなど座り心地を追求する機能が全て備わっています。

さらに床を傷つけないポリウレタンキャスター、蒸れにくく手入れの簡単なポリウレタンレザーの背もたれと買って損なしのゲーミングチェアです。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓安い椅子から思い切る価値はある

✓座り心地は良いが、ちょっと重いので組み立てに苦労した

✓身長の低い人には合っていないと感じた

参照:https://www.amazon.co.jp

「素材」で選ぶ人におすすめのゲーミングチェア

Audmiso ゲーミングチェア ハイバック【19,800円】

ゲーミングチェア ハイバック
背もたれ幅 調査中
奥行 調査中
高さ 調査中
座面下高さ 調査中
重量 15.9kg
柔らかく高弾性のPUレザーを使用したゲーミングチェアです。

高級車の内装にも使われることのあるレザーは肌触りが良く、水や汚れに強いため掃除もサッと拭くだけで簡単に済ませることが可能です。

もちろんゲーミングチェアとしての機能も十分で、リクライニングや収納式フットレスト、床を傷つけないキャスターなどを完備!

非常にバランスの良いゲーミングチェアとしておすすめできます。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓最高。椅子の素材がとても良い

✓ゲームを終えた後の全身の疲労感が全然違います

✓腰から背中、肩にかけてを背もたれがしっかり支えてくれます

参照:https://www.amazon.co.jp

VAILGE ゲーミングチェア レーシングチェア グレー【15,800円】

ゲーミングチェア レーシングチェア グレー
背もたれ幅 68cm
奥行 67cm
高さ 113~123cm
座面下高さ 33~43cm
重量 17kg
背もたれは高品質で防水性も高いPUレザーを採用し、高い耐久性を実現。

それに対し、座面は通気性抜群のメッシュ構造を採用することで長時間座っても蒸れず快適に 作業に没頭することができます。

また、座部、背部、頭部までをしっかりとホールドしてくれる形状のため座り心地もバツグン。

 

リクライニングやロッキング機能も備わっているため、ちょっとした休憩もとりやすいゲーミングチェアとなっております。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓値段の割にとても良い!

✓長時間の作業にかなり向いています

✓組み立て初心者でも15分で完了できました

参照:https://www.amazon.co.jp

Audmiso ゲーミングチェア レッド【18,800円】

ゲーミングチェア ハイバック
背もたれ幅 調査中
奥行 調査中
高さ 調査中
座面下高さ 調査中
重量 15.9kg
厳選されたPUレザーを使用し、肌触りの良さと耐久性を兼ね合わせているゲーミングチェアで、匂いも全く気にならない仕上がりになっています。

また、レーシングカーに設けるシートを採用しているので安定性と包容力の高い座り心地を実現。

伸縮できるフットレストの搭載も非常に嬉しいポイントです。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓快適すぎてこの椅子の上で朝を迎えてしまったこともあります

✓見た目と機能に満足です!

✓前の椅子より何倍も高価だったけど買って正解でした

参照:https://www.amazon.co.jp

「価格」で選ぶ人におすすめのゲーミングチェア

MDRACING 4Dアームレスト搭載 ゲーミングチェア【14,800円】

ゲーミングチェア MDRACING
背もたれ幅 53cm
奥行 67cm
高さ 130~140cm
座面下高さ 49~59cm
重量 19kg
ゲーミングチェアは2万円~5万円の商品が多いのですが、こちらはさらに安く15,000円以下で買えるゲーミングチェアです。

この価格でありながら多機能で、4Dアームレストも搭載。

これによって理想のポジションで腕を休めることができ、疲れにくい座り心地を実現しています。

 

また、180度リクライニング可能なのでフルフラットで仮眠をとることも可能。ヘッドレスト、ランバーサポート付きなのでゲームプレイ中も仮眠中も首を痛めにくい構造になっています。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓安いが良い商品。でも組み立ては大変だった

✓キャスターがとても引っかかる感じがする

✓とてもギシギシ音がする。問い合わせに対する業者の対応も悪い

参照:https://www.amazon.co.jp

CYBER-GROUND ゲーミングチェア オフィスチェア【12,800円】

ゲーミングチェア CYBER-GROUND
背もたれ幅 71cm
奥行 71cm
高さ 112~120cm
座面下高さ 42~50cm
重量 20kg
この価格のわりに満足度が高いと高評価のゲーミングチェア。組み立ても簡単で20分もあれば完了しすぐに使い始めることができます。

最大170度までの無断階リクライニングが可能で、場合に応じたお好みの角度に背もたれを調整することが可能。

フットレスト搭載も嬉しいポイントで、休憩時には足の先までリラックスできる構造になっています。

 

耐荷重も120kgまで対応し耐久性もバッチリです。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓コストパフォーマンスが良い!でもなぜかダンボールが臭い

✓ネジの本数が少ないなど、耐久性が少し心配

✓フットレスト付きでこの価格は最高

参照:https://www.amazon.co.jp

HINCES ゲーミングチェア オフィスチェア【13,624円】

ゲーミングチェア HINCES
背もたれ幅 54cm
奥行 49cm
高さ 123~132.5cm
座面下高さ 調査中
重量 19.3kg
人間工学を元に設計されたゲーミングチェアで、独自の3D構造によって身体全体を包み込むような座り心地を実現しています。

そしてこの安さ。

耐荷重も150kgと非常に耐久性に優れているので体全体の体重を預けても問題ありません。

 

さらに嬉しいのがオットマン(足置き)付きという点で、足までリラックスさせることが可能です。収納式なので邪魔にならず、使いたい時だけ引っ張り出せる便利な構造になっています。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓背もたれの出来が良い

✓リクライニングのレバーがわかりにくい

✓長時間座ると尻が痛くなるので座布団を敷いている

参照:https://www.amazon.co.jp

iDeer Life ゲーミングチェア オフィスチェア【13,980円】

ゲーミングチェア iDeer Life
背もたれ幅 64cm
奥行 53cm
高さ 125~135cm
座面下高さ 調査中
重量 15.8kg
スタイリッシュなデザインに機能性をかけ合わせつつも非常に安く手を出しやすいゲーミングチェアです。

リクライニングは180度のフルフラットに対応し、気持ちよく休憩や仮眠をとることができます。

また、レバーによってゆりかごモードのON/OFFを切り替えられるので、リラックスしたい時としっかり座り込みたい時で座り心地を変えることも可能です。

 

アームレストの高さもお好みに合わせて上下可能。

かつキャスターは床を傷付けにくい強化ナイロン樹脂製ベースとウレタン樹脂製で作られているので、傷つきがちなフローリングでも安心して使えます。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓座り心地抜群!長時間座っても疲れない

✓各パーツは大きいが、その分組み立てが簡単だった

✓ゲームだけでなくデスクワークにも最適

参照:https://www.amazon.co.jp

G-AIR ハイバック オフィスチェア【4,980円】

ゲーミングチェア G-AIR
背もたれ幅 64cm
奥行 64cm
高さ 107~114cm
座面下高さ 45~52cm
重量 15kg
とことん安さを求めるならこちらもおすすめ。

ゲーミングチェアというよりもオフィスチェアなので他のゲーミングチェアほどの機能はもちろん無いのですが、背もたれ部分は非常に通気性に富んでいて長時間座っていても蒸れにくい背もたれが魅力です。

また、最大20度のロッキング機能も搭載で寄りかかった時のクッション性も優れています。

レバーひとつでロッキングのON/OFFは変更可能なので、シャキッと座りたい時にも対応可能。

【参考】Amazonレビュー抜粋

✓耐久性に不安はあるけど、この値段なら満足

✓2ヶ月で使い物にならなくなりました

✓半年でシャフトの留め金が折れました

参照:https://www.amazon.co.jp

まとめ

長時間ゲームをするアスリートゲーマーに最適なオススメのゲーミングチェアを紹介してきました!

ゲーミングチェアを選ぶポイントをまとめると以下の通り。
  • 座り心地は最適か?(実際に座ってみて購入しよう)
  • リクライニングなどの機能は揃っているか?
  • 価格は用途に適しているか?
決して安い買い物ではありませんので、これらをしっかりと確認して満足できるゲーミングチェアを選びましょう!





関連記事はこちら