【2020年版】ワイヤレスイヤホンのおすすめ一覧!価格や性能から総合評価

ワイヤレスイヤホン アイキャッチ ゲーム周辺機器
るつぼくん
使いやすくて高性能なワイヤレスイヤホンはどれ?

そんな疑問を解決します。

✓本記事の内容

ワイヤレスイヤホンのおすすめ商品を一挙紹介しています

近年のスマートフォンはイヤホンジャックが廃止されたモデルも多くなり、ワイヤレスイヤホンが必須となる場面が増えてきました。

とは言え数多くのモデルがあり「どれを選べばいいかわからない」というのが本音ではないでしょうか?

今回はおすすめのワイヤレスイヤホンを厳選し、本当に使いやすいものだけを紹介していきます。

何を買おうか迷っている方はぜひ参考にしてください!

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際に見るべきポイント

ワイヤレスイヤホンを選ぶ際に、最低限は見ておいて欲しいポイントをお話していきます。見るべきポイントは大きく分けて4つ。

  1. タイプから選ぶ
  2. ノイズキャンセリング機能で選ぶ
  3. カナル型、インナーイヤー型から選ぶ
  4. 防水、防滴など機能性で選ぶ

1つずつ詳しく解説していきます。

①:タイプから選ぶ

一口にワイヤレスイヤホンと言っても、実はたくさんのタイプが存在します。どのような用途で使うのかによって最適なタイプは異なってきますので、まずはどんなタイプのイヤホンを買うのかイメージしましょう。

ワイヤレスイヤホンには大きく分けて以下のタイプがあります。

  1. 完全ワイヤレスタイプ
  2. 左右一体タイプ
  3. ネックバンドタイプ

1つずつ簡単に説明していきますね。

完全ワイヤレスタイプ

完全ワイヤレスのイヤホンです。両方のイヤホンが繋がっておらず、それぞれ独立したタイプになっております。

一切コードが無いので音楽を聞きながらでも手元の作業に集中でき、さらに手軽に持ち運びも非常に簡単。

ただ、気をつけないと非常に無くしやすく、片方でも無くすとイヤホンとして役立たなくなってしまうので保管には細心の注意が必要。

左右一体タイプ

両方のイヤホンが繋がっているタイプのワイヤレスイヤホン。こちらは常に肌身離さず首に掛けておけるため、無くしやすいというワイヤレスイヤホン最大のデメリットを解決してくれます。

ただ完全ワイヤレスではないため、少しかさばる点が玉に瑕。

ネックバンドタイプ

左右一体タイプと似ていますが、こちらのネックバンドタイプは首にかかる部分がバンド状になっており、ズレない構造になっています。

普通の一体タイプはリモコン側に重さでズレがちなのですが、こちらは左右どちらかにコードが引っ張られてもバランスが偏りません。

ズレを煩わしく感じてしまう人にはネックバンドタイプがおすすめです。

ノイズキャンセリング機能で選ぶ

ノイズキャンセリング機能の有無もしっかり確認しておきましょう。

ノイズキャンセリング機能とは外部の雑音をシャットアウトしてくれる機能のことで、音楽だけに没頭したい場合には必須と言えます。

このノイズキャンセリング機能で秀でた性能を持つのはAppleのAirPodsPro

まるで耳を覆い込まれているかのような没入感に浸ることができます。

created by Rinker
Apple(アップル)

カナル型、インナーイヤー型から選ぶ

イヤホン カナル型イヤホン インナーイヤー型

耳を密閉し周囲の音を遮るカナル型か、耳に余裕をもたせ周囲の音も取り込むインナーイヤー型かを確認しましょう。

うるさい場所で音楽を聞くのならカナル型がおすすめ。

防水、防滴など機能性で選ぶ

スポーツジムでの使用や、シャワールームでの使用を想定している場合は防水性に優れたイヤホンを選ぶ必要があります。

防水性能を表す表記として「IPX+数字」となっており、例えばIPX7であれば水深1mの水底に30分放置しても浸水しない規格です。

汗や水滴が気になる程度ならここまでの性能は不要ですが、心配であればIPX7の規格を選んでおけば間違いありません。

防水、防滴を重視するならこちらがおすすめ。

おすすめワイヤレスイヤホン【完全ワイヤレスタイプ】

まずは、最も人気の完全ワイヤレスタイプのイヤホンから紹介していきます。完全にコードを排除した使い方をしたい人におすすめのタイプです。

AirPods Pro【Apple】


最高のノイズキャンセリング機能をもちながら、センサーの長押しで外部音取り込みモードにスイッチすることも可能。場面に合わせて最適なモードで音楽を楽しめます。

5分の充電で約1時間の連続再生が可能な上、最大バッテリー駆動時間はケースの充電込みで約24時間。

1日中音楽を聴いていられるので、どこへでも持ちできます。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
AirPods Pro完全ワイヤレス
カナル型
¥30,580
created by Rinker
Apple(アップル)

Soundcore Liberty 2 Pro【Anker】

非常にクリアで迫力のある音質を実現している完全ワイヤレスイヤホン。グラミー賞を受賞した多くのプロデューサーーからも推奨を受けているため間違いなしのモデルです。

アプリ上で人それぞれ聞き取りやすい周波数を測定し、自分だけの設定を作成できます。

また、連続再生時間は8時間でケースでの充電も含めると最大32時間の再生が可能なので、いざという時に充電不足という不便さを解消しています。

防水性があるのも嬉しいポイント。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
Soundcore Liberty 2 Pro完全ワイヤレス
カナル型
○(IPX4)¥14,380

Elite 75t【Jabra】

快適性とフィット感、そしてコンパクト性を追求した完全ワイヤレス型のイヤホン。特筆すべきは邪魔なノイズを除去する強化された4マイク通話技術で、優れた通話体験を可能にしています。

独特のノイズキャンセル機能は外部雑音の量を自在に調節できる仕組みになっていて、外の音を聞きたい時にもさっと対応できます。

また、連続再生時間は7.5時間、ケースの充電込みで28時間の再生が可能。

少々値が高いですが、決して値に劣らない体験のできるイヤホンとなっています。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
Elite 75t完全ワイヤレス
カナル型
○(IP55)¥23,800

Soundcore Liberty Air 2【Anker】

ノイズキャンセリング機能により騒音のする場所でもはっきりと相手の声を聞き取り通話をすることが可能です。

1万円というワイヤレスイヤホンとしてはリーズナブルな価格ですが性能は申し分なし。音質も非常にクリアで没入感に浸ることができます。

また、最大バッテリー駆動時間は28時間(ケース込み)で持続性にも長け、IPX5の防水性能により運動時の汗などの水滴にも強いワイヤレスイヤホンとなっています。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
Soundcore Liberty Air 2完全ワイヤレス
カナル型
○(IPX5)¥9,999

WF-SP700N【SONY】

スポーツモデルとして、スポーツ時の着用に最適化された完全ワイヤレス型のイヤホンです。

ノイズキャンセリング機能を搭載しつつもスポーツ中に外部の状況を気にかけられるよう、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードも搭載。

汗や水しぶきにも強い防水性も兼ね備え、また独自のサポーターにより激しい運動や複雑な体勢でも外れにくい装着性を実現しています。

スポーツ時だけでなく日常のファッションに合わせやすいデザインもポイントです。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
WF-SP700N完全ワイヤレス
カナル型
○(IPX4)¥13,800

おすすめワイヤレスイヤホン【左右一体タイプ】

次は両方のイヤホンがコードで繋がっているタイプのイヤホンです。完全ワイヤレスタイプに比べ低価格で購入できる点もポイント。

Q30【SoundPEATS】

非常に低価格でありながらノイズキャンセリング機能や防水性を有した左右一体タイプのワイヤレスイヤホンです。

音質は低音重視のモデルとなっていて、迫力のある音を感じられます。

バッテリーの駆動時間も問題なく連続8時間の再生が可能。1日の外出であればバッテリー残量を気にせず使えます。IPX6という防水性能の高さも魅力。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
Q30左右一体
カナル型
○(IPX6)¥3,690

B-Reiz【AXES】


無くしにくくズレにくいインナーイヤー型のワイヤレスイヤホンで、首元に搭載されているリモコンで音楽の再生・停止だけでなく、音量の調節も可能。

また、インナーイヤー型という特徴により、耳が圧迫されて痛くなることもありません。連続再生時間も8時間と申し分なし。

防水性能もありますので、非常に使い勝手が幅広く便利なモデルです。

これだけの機能がついて約3,000円で購入できる破格のイヤホン。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
B-Reizネックバンド
インナーイヤー型
○(IPX5)¥2,745

Tarah Pro【Jaybird】

圧倒的な耐久性をもったワイヤレスイヤホンで、業界トップの電池寿命と丈夫な耐水構造を誇ります。バッテリー寿命は驚異的な14時間で、防水性はIPX7。

さらに、たった5分の充電で2時間の音楽再生が可能です。

IPX7の防水性は運動時の大量の汗や天候悪化による雨にも決して負けず、アスリートでも安心して使用できます。

また、Spotifyアカウントを同期させお気に入りのトラックをJaybirdコミュニティと交換することも可能。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
Tarah Pro左右一体
カナル型
○(IPX7)¥3,690

おすすめワイヤレスイヤホン【ネックバンドタイプ】

最後にネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンです。左右のズレを抑え安定した付け心地となります。無くしにくいという特徴も。

WI-C400【SONY】

バッテリーを気にせず音楽を楽しめるネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンで、連続再生可能時間は圧巻の20時間。1回の充電で2~3日楽しむことができます。

ケーブルの長さを調整することも可能で、邪魔になることもありません。もちろん操作も首元のリモコンで手軽に再生・停止や音量調整に対応しています。

約6,000円というコスパの高さにも注目です。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
WI-C400ネックバンド
カナル型
¥5,284

Elite 65e【Jabra】

優れたノイズキャンセリング機能が魅力で、クリアな通話や音楽が楽しめるネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。トリプルマイク通話技術で相手にもクリアな声を届けることができます

バッテリー容量も膨大で、ノイズキャンセリングをONにした状態での連続再生時間は8時間、OFFの状態での連続再生時間は13時間に及びます。そしてたった2時間でフル充電に。

音質は低音を調整し迫力のあるリスニングを体感できます。

※表は横にスクロールできます

商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
Elite 65eネックバンド
カナル型
○(IP-54)¥18,400

ワイヤレスイヤホンは非常に快適!だが紛失には要注意

ワイヤレスイヤホンのおすすめモデルを紹介してきましたが、ワイヤレスイヤホンは実際に使ってみると非常に快適です。

僕も初めて使った時はそのコンパクトさに感動し、コードが絡まるというストレスからも一気に開放されました。

音質も決して劣ることはないので、余程の理由がない限りワイヤレスをおすすめしたいところ。

ただ一点、非常に無くしやすいというデメリットも含んでいるため、しっかりと管理する必要があります。値段も高いものは高いので、無くした時にショックは大きいです。(経験済み)

使う時だけ出し、使い終わったらすぐしまう!

これだけ意識しておけばワイヤレスイヤホンは非常に便利ですので、ぜひこのタイミングに購入してみることをおすすめします。

おすすめのワイヤレスイヤホンまとめ

ワイヤレスイヤホンのおすすめを一挙に紹介してきました。

煩わしさを完全に排除するなら完全ワイヤレスタイプ、価格重視なら左右一体タイプを。安定付け心地を優先するならネックバンドタイプがおすすめです。

また、最後に今回紹介してきたワイヤレスイヤホンをまとめておきますので、気になるものを見つけたらぜひお試しください。

※表は横にスクロールできます

イメージ商品名ノイズキャンセリング機能タイプ・型防水性価格
AirPods Pro完全ワイヤレス¥30,580
Soundcore Liberty 2 Pro完全ワイヤレス○(IPX4)¥14,380
Elite 75t完全ワイヤレス○(IP55)¥23,800
Soundcore Liberty Air2完全ワイヤレス○(IPX5)¥9,999
WF-SP700N完全ワイヤレス○(IPX4)¥13,800
Q30左右一体○(IPX6)¥3,690
B-Reiz左右一体○(IPX5)¥2,745
Tarah Pro左右一体○(IPX7)¥3,690
WI-C400ネックバンド¥5,284
Elite 65eネックバンド○(IP-54)¥18,400

関連記事はこちら